【速報】V6岡田准一サッポロビール”麦とホップ”新CM,メイキング解禁!エレベーター篇

V6岡田准一が出演しているサッポロビール「麦とホップ」の新CMが解禁になりました。通常のTVCMに加え、公式サイトでCM、メイキングの動画が公開されています。新しいCMは「エレベーター篇」で岡田准一が超真面目男に?!くわしい内容や情報は本文にて公開中です。

「麦とホップ」新CM情報解禁♡


(画像:フリー画像AC)
現在第40回日本アカデミー賞、最優秀主演男優賞にノミネート中の岡田准一。
V6岡田准一くんが出演しているサッポロビール「麦とホップ」が商品リニューアルされたのに伴い、1月31日新CM「エレベーター篇」「レストラン篇」が映像解禁になりました。岡田くんは「エレベーター篇」に出演していて、「レストラン篇」には女優の栗山千明さんが出演されています。また、「エレベーター篇」「レストラン篇」両方のCMに俳優のリリー・フランキーさんが出演されています。現在CMは通常のTVCMと公式サイトで見ることが可能です。公式サイトではメイキングも公開中です。

■第40回日本アカデミー賞についてはコチラ

  • 岡田准一 第40回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞 受賞!3/3授賞式プレゼンターは二宮和
  • 「麦とホップ」新CMにはキャラクター像がある!


    (画像:フリー画像AC)
    今回の新CMにはそれぞれキャラクターの性格やイメージ像が公開されています。

    • 麦とホップの男(岡田准一)
      真面目すぎる性格のサラリーマンで、曲がったことに出くわすと気になってどうしようもなくなってしまう。入社以来、無遅刻無欠勤である。シワひとつない純白のYシャツに、レジメンタルタイ(斜めにストライプが入ったネクタイのこと)、紺色のスーツ。
    • 麦とホップの女(栗山千明)
      都会で暮らす真っ直ぐな性格のOL。優しくて穏やかだけど、少しでも曲がったことに出くわすと体が反応してしまう。まっすぐに揃った前髪がお気に入り。書道は小学生の頃から現在まで続けている。
    • その男?(リリー・フランキー)
      何にも縛られないことをポリシーにしている謎の男。いろんな場所で顔が利く。最近の趣味は柄シャツの収集。

    岡田准一出演「エレベーター篇」新CMの内容

    ぎゅうぎゅうのエレベーターの中での一幕。
    岡田くんの前に中年のサリーマン2人が「まぁ、そういうもんだから。」「そういうもんなら仕方ないですよね。」と会話しているのを聞いていて、納得のいかない様子の麦とホップの男(岡田准一)。
    被り気味&イライラした感じで「“そういうもん”って、誰がきめたん(で)すかね~!」と発言。それをエレベーターの端っこで見ていたその男(リリー・フランキー)が「めんどくせぇ…」と一言。

    岡田くんのどアップになり“その男、麦とホップ”の文字が映し出されます。
    ビールのイメージカットの後に夕方の背景で麦とホップをグイッと飲んで「ああ~」というお決まりの美味しそうな声を発して終了です。

    岡田准一出演「エレベーター篇」メイキングの内容

    クランクイン入りの様子、エレベーターと見せかけたセットでの様子、監督さんとの会話風景、クランクアップの様子などが1分間の動画にまとめられています。

    面倒くさい先輩・岡田准一

    リニューアル新CMの記者会見で、CMのコンセプトになぞらえて他人からめんどくさいと思われていそうな行動について聞かれると、岡田くんは現場で若い後輩俳優さんをいじるのが好きなことをまたもや公言。集中してるときとか「あ、あぁ・・・」みたいな反応されるからめんどくさいと思われているんだろうなぁと思いつつも、その嫌がっている、困っている顔を見るのも楽しいとSな発言の岡田くんでした。

    また、栗山千明さんは自分の好きなアニメやゲームの話をつい熱弁してしまうので、めんどくさいと思われていそうだと話した際に、岡田くんが「僕、結構何回か(栗山さんと)共演させていただいてるけど、一度も話されたことない。」と残念そうに突っ込んでいました。(笑)

    すでに新CM「エレベーター篇」を見た人は?

    図書館戦争ファンは萌える

    岡田准一×栗山千明といえば、「図書館戦争」ですよね。岡田君ファン、栗山千明さんファンなら一回は頭によぎったのではないでしょうか。(笑)キャラクター設定があるCMなので、もしかしたら続編がでるかも?!と期待してしまいますね。
    今回CM内での共演はありませんでしたが、続編で麦とホップの男と麦とホップの女で出逢うことを筆者は密かに期待しておきます。

    ジャニーズに関する記事はコチラがおすすめ!

    コメントお待ちしております

    内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。