【V6】とにかく優しいお母さん!長野博人気ソロ曲ご紹介!

1995年11月1日にデビューし、2015年の11月1日で20周年を迎えたV6。そんなV6の中でも、「お母さん」的存在である長野博さん。とにかく優しいその人柄は、メンバー内でも大人気!そんな長野博さんの柔らかい歌声が魅力的なソロ曲やユニット曲がファンの間で人気です。そんな長野博さんのプロフィールと、その魅力が詰まった人気のソロ曲をご紹介します!

長年活躍し続ける人気グループ!V6

【画像:ThinkStock

1995年11月1日にデビューし、2015年の11月1日で20周年を迎えたV6。活動を開始してから20年という大台を超え、メンバー6人それぞれの個性に合わせた活躍の場を広げています!

CDのリリースを始め、音楽番組でのパフォーマンス、NHKの朝番組の司会や、ミュージカルや映画、舞台。多くの場面でV6のメンバーの活躍を見ることができますね!

そんなV6の中でも、「お母さん」的存在である長野博さん。とにかく優しいその人柄は、メンバー内でも大人気!

そんな長野さんのプロフィールと、その魅力が詰まった人気のソロ曲をご紹介します!

長野博さんてどんな人?

  • 名前 長野 博(ながの ひろし)
  • 生年月日 1972年10月9日 (44歳)
  • 出身地 神奈川県
  • 身長 172cm
  • 血液型 A型

年の離れた兄、姉を持つ三人兄弟の末っ子である長野さん。その愛されっぷりは家族構成からも伺えます。

  • 「とにかくいい人」
  • 「長野くんが今よりゆとりでちゃったら、海みたいになっちゃう」
  • 「オレが知る限り神様に一番近い男」

といった絶賛する言葉もメンバーから聞かれるほど、その愛されるキャラクターでメンバーとファンを包み込んでくれる人柄を持つ素敵な方のようです。

V6内では坂本さんと夫婦扱いされ、「お母さん」と呼ばれることもある長野さん。

年長であることもあり、V6の個性溢れる面々を笑顔で見守り、包んでくれる存在のようです。

Jr時代から長い付き合い井ノ原快彦さんですら、本気で怒ったところは1、2回しか見たことがないそうなのです!長野さんの、穏やかで包容力ある柔和な性格が感じられますね。

最近ではグルメの知識の深さでもバラエティ番組などに出演されることが多い長野さん。

長野さんご自身も調理師免許、野菜ソムリエの資格を持ち、その探究心の姿勢は『変態』と呼ばれてしまうほどとのことです。

男っぽい長野博!『MAGMA』(収録アルバム『seVen』)

【画像:ThinkStock

V6のアルバム『seVen』収録曲の長野さんの人気ソロ曲です。

日常の現状が音を立てて崩れていく 成功の連想を立てて制覇しろよ マジでぶっ飛んで

色あせた常識捨てて 自分のカタチ作れ 間違って傷ついた 一つ一つがオリジナルさ

目的に向かって迷わず邁進していくことの疾走感溢れる歌詞に乗せた、格好いいダンスナンバーとなっています!

コンサート演出では、ハットとスーツで大人っぽく、かつ男っぽい色気に溢れた長野博が拝めるオススメ楽曲となっています!

アップテンポでイケイケのこちらの曲に合わせたダンスも攻めています。ステージからバク転で飛び降りるというアクロバットにもチャレンジされているのです!

バックダンサーに坂本さんと岡田さんを付けたバージョンでは、ハットで顔を半分隠した二人がニヤリと口角を上げる、という演出も大変好評となっています。

コンサートで何回もセットリストに入っている『MAGMA』ですが、コンサートの度に演出や見せ方を変えてきているようです。コンサートの度に違った楽曲の演出を見せてくれる、V6ならではの楽しみ方もありますね!

優しいバラード曲!『桜色桜風』(収録アルバム『READY?』)

【画像:ThinkStock

『READY?』に収録されているアルバム曲です。

優しく柔らかいバラードであるこちらの楽曲は、長野さんの持つ雰囲気にぴったりで、聴いている人の心も癒してくれる、と人気となっています。

小さな花びら 陽を浴びて 桜色染まり 宙(そら)に舞う

渇いた心を包むように 桜色香る 春が舞う

少し傷つき、疲れている自分を桜と春の空気が包み込んで癒してくれている、また前を向いていけるように春の中を歩んでいく…という歌詞の世界観。

春の季節を感じさせてくれるとともに、少し寂しい気分の時にそっと寄り添い背中を後押ししてくれるような、押し付けがましくない応援歌となっています。

シンプルなアコースティックギターの音色が哀愁を漂わせ、長野さんの声を引き立てています。

長野さんの声はバラードに適しているという意見を持つファンの方もいるようです。その温かで独特な声色が持つ表現力が曲の雰囲気にぴったりとハマり、聞く人の心と耳にしっくりと馴染んでくれるのです。

ファンの間では、切なく甘いこの曲が大好き!名曲!といった声も聞かれました。

薄いピンク色のスーツでしっとりと歌い上げる長野さんの姿に、思わず聴き惚れてしまうオススメソロ曲です!

 

等身大の応援ソング!『My life』(収録アルバム『Voyager』)

【画像:ThinkStock

V6のアルバム『Voyager』初回特典版Bに収録された楽曲です。

すべては自分次第で どうにだって変わるよ

きっと他の誰かじゃ 代われない僕自身だ

そんな風に思えた時 何かが始まる

うつむいていた過去の自分にさよならを告げて、自らの力でこの先の人生を切り開いていけばいい、できるはずだ。すべては自分資材なんだ。そんな明るい気持ちにしてくれる、前向きな応援ソングとなっています。

等身大の「僕」目線で語られる飾り気のない言葉たちだからこそ、ストレートに心に届いてくる、元気をもらえる曲です。

長野さんらしい、長野さん自身を表現したような曲、長野さんに似合う!といったファン方達の感想も見られました。

コンサートでは、カッコよく踊る長野さんが見ることができる曲にもなっています。

坂本さんと二人で踊り、手をパチン!と叩き合う姿は、「夫婦」と称されることもある二人の普段の穏やかな空気とは一変し、とにかくかっこいい!とファンに絶賛されています。

長野さん以外のメンバーが順々に登場し、「メンバーがバックを務める」というジャニオタなら誰しもハートをわしづかみにされてしまう演出も大好評となっています。バックダンサーの面々は全員黒のスーツで渋くカッコよく決めているので、そちらにも注目です!

かっこよさ全開!『BIG FORCE』

【画像:ThinkStock

20th Centuryのアルバム、『!ーattentionー』に収録されています。

イントロの部分から異国的な楽器の音色で始まるこちらのソロ曲は、他の長野さんのソロ曲や、ジャニーズらしさからも少し離れた、挑戦的な人気楽曲となっています。

コンサートではジュニアを引き連れ現れ、ワインレッドのカラーのノースリーブの衣装に身を包んだ長野さんがキレキレに踊るという、とにかくカッコイイ踊る長野さんが見ることができるオススメな一曲なのです!

ダンス曲で見せる長野さんの空気は、バラード曲などで見せる温かで柔らかい雰囲気とは一変し、カッコイイ!という意見も多く聞かれました。

生かされてるみたいな毎日も It`s so nice  でもなんか違うって気持ちすり替えて

ほとばしる魂と走り出していこう 誰でもない僕にしか できないことだけを

地平線は遠くて 太陽灼きついて

力強く人生を突き進む人物の、熱く沸き立つ心の叫び声が、大地や空と結びついて一つになるような、壮大な世界観が描かれています。

いろんな顔を持つV6の面々!

【画像:ThinkStock

ソロ曲でも多くの表情を見せる長野さんとV6。

今回ご紹介した曲たちでも、バラードやダンスナンバーなどガラリと雰囲気を変えるものばかりでした。

そのキャラクターや個性も、バラエティ番組、楽曲、コンサート、ドラマや映画など、それぞれ見せる場所でも異なり、新たな魅力をファンや視聴者に見せてくれています。

CDで聞いた時と、コンサートや音楽番組での演出とともに観た時の印象が変わるのも、アイドルを応援する楽しさの一つ。試しにCDやDVDを見てみて、長年ファンの心をつかみ続けているその魅力を体感してみるのもいいのではないでしょうか。

 

V6ファン必見!関連記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。