【嵐主演映画!!】2017年は3本公開予定!みどころご紹介♡

多くのドラマや映画で、主演を務める嵐の面々。2017年は、松本さんは禁断の恋愛ストーリー『ナラタージュ』、大野さんは時代劇アクション『忍びの国』、二宮さんは料理エンターテイメント作品『ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶』と主演映画が公開予定となっているのです!あらすじや役どころなど、それぞれご紹介させていただきます!

3本公開予定!嵐の主演映画作品

【画像:ThinkStock

多くのドラマや映画で、主演を務める嵐の面々。

2016年には二宮さんが山田洋次監督の映画作品『母と暮らせば』にて、日本アカデミー主演男優賞を獲得しています!

その他、直近ではフジテレビの新春ドラマスペシャル『君に捧げるエンブレム』の主演を櫻井さんが務め、4月からスタートする月9枠には相葉さんが主演を務める連続ドラマ『貴族探偵』が決定するなど、メンバーそれぞれ演技の仕事も多くこなす嵐。

2017年は、現在松本さん、大野さん、二宮さんが主演を務める映画が公開予定となっているのです!

あらすじや役どころなど、それぞれご紹介させていただきます!

大野さん主演!『忍びの国』

【画像:ThinkStock

2017年7月1日公開予定で、3作品のうち一番早く公開されます。

キャッチコピーは、『我が名は無門。嫁さん以外怖いもんなし。』

『怪物くん』以来、大野さんはなんと6年ぶりとなる単独主演映画作品です。興行収入31.3億を記録した大ヒット作『怪物くん』では、特殊能力を持つコミカルな役を演じた大野さん。今回は今までの印象とガラリと変わった作品、役柄のようです。

気になるあらすじは…?

時は戦国時代です。織田信長が天下統一に向けてその猛勢を振るっていた時代ですが、たった一つ攻められなかった国がありました。それが伊賀の国であり、猛者である忍者たちが住む国です。

あの織田信長さえ攻略できなかった忍びの国、伊賀。軍勢の数や兵力では到底敵うはずがなかった伊賀が、どのようにして織田軍を退けたのか?その誰にも想像できない秘策は?という、時代劇アクションエンターテイメント作品となっています。

原作、脚本は『のぼうの城』などを手がけた和田竜、監督は『殿、利息でござる!』を手がけた中村義洋氏の作品です。

大野さんの役どころは?

【画像:ThinkStock

大野さんは、人でなしの荒くれ者が多い忍者集団の中でも、「ヤツの前ではどんな堅牢な門も意味をなさない」と評される凄腕である史上最強の忍び、無門を演じます。

ボサボサ頭でだらしがなく怠惰で、無類の怠け者。女房のお国の尻に敷かれる、普段は少し情けない男ですが、有事の際にはその高い能力を発揮するのです。

どこかご本人のイメージにも近い役どころですね!

無門の妻を石原さとみ、その他鈴木亮平や伊勢谷友介、知念侑李など、今をときめく俳優、女優陣が揃っています!

大野さんのコメント

テレビのインタビューにて、「たぶん面白いです」とゆるいコメントをされている大野さん。その言葉と裏腹に、予告では本格的なアクションが展開されていました。大野さんの持つその高い身体能力を発揮されており、見ごたえがある作品となっています!

「撮影は夏ですごく暑くて大変だった」とコンサートのMCでも繰り返し語っていた大野さん。今までの役どころとは一味違う、男っぽい戦う大野さんが見られそうです!

松本さん主演!『ナラタージュ』

【画像:ThinkStock

2017年10月公開予定の松本さん主演映画。松本さんが映画の主演を務めるのは、『陽だまりの彼女』以来の実に4年ぶり。

2016年はTBS系のドラマにて型破りな弁護士を演じ、高視聴率もマークした松本さんの新たな表情が見られる作品となっています。

2006年の『この恋愛小説がすごい!』の1位を獲得している原作小説の、実写化作品の本作。原作の著者は島本理生。監督は『世界の中心で、愛をさけぶ』(04)の行定勲監督が手掛けています。

気になるあらすじは…?

『一生に一度しか巡り会えない、永遠に心に刻まれる狂おしいほどの恋』というキャッチコピーの恋愛映画である本作は、禁断の恋を描いています。

高校の演劇部の顧問教師であった葉山と、彼への思いを誰にも言わず胸に秘めたまま卒業した、生徒である泉。二人が再会することで、押さえていた気持ちが溢れ出てきてしまいます。

決して許されない、しかし逃れられない究極の恋に二人は落ちていく-…と言うストーリーです。

松本さんの役どころは?

【画像:ThinkStock

恋愛作品に多く出演してきた松本さん。『花より男子』や、ドラマ『失恋ショコラティエ』などでは、男っぽい、雄っぽさを押し出した役を演じることが多かったですが、今回は少し毛色が違うようです!

行定監督がこの映画で描きたいテーマに共鳴した、恋愛というものは人それぞれ受け取り方が違う、しかし人の心が心を動かす瞬間は共通のもの、と語られている松本さん。

ビジュアルも、前髪を柔らかくおろし黒縁メガネをかけた、普段の印象とは異なる柔らかいイメージを受けます。高校の演劇部の顧問教師かつ、禁断の純愛に落ちて溺れていく葛藤をどのように演じるのでしょうか!?必見です。

松本さんと恋に落ちる元生徒の泉役は、紅白で相葉さんとともに司会を務めたことも記憶に新しい、有村架純が演じます。

二宮さん主演!『ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜』

【画像:ThinkStock

2017年11/3に公開予定の二宮さん主演映画。

原作は、「料理の鉄人」を手がけた田中経一の小説『麒麟の舌を持つ男』。表題と同タイトルに改定した文庫版が販売予定となっています。

監督は、映画『おくりびと』でアカデミー外国語映画賞を受賞した、滝田洋二郎監督です。

気になるあらすじは…?

太平洋戦争直前の激動の時代の最中、究極のレシピ作成のために命を捧げた料理人がいました。

天皇の料理番であるその料理人、山形直太郎が作成した究極のフルコースである、「大日本帝國食菜全席」の幻のレシピをめぐる、二つの時代に起きた出来事を描いています。

現代軸では、歴史の闇に消えかけていた山形のレシピ再現のために、当時の関係者の証言を追いながら解明していくストーリーになっています。

物語には、一度食べたものの味は忘れず、食べた味を完全再現できる絶対味覚である『麒麟の舌』を持つ二人の料理人が登場します。激動の時代を生きた山形直太郎は、西島秀俊さんが演じます。

二宮さんの役どころは、料理の情熱を失っていた現代軸の料理人、佐々木です。

二宮さんの役どころは…

【画像:ThinkStock

日本アカデミー主演男優賞を受賞した、2015年12月公開の『母と暮らせば』では、戦争で命を失い、自分を亡くし悲しみにくれる母の元に現れる亡霊の青年役という、難しい役どころを演じました。

他にもフリーターや詐欺師、父親を殺す高校生など、多くの役を演じてきた二宮さん。

今回は、依頼人の食べたい「最期の晩餐」を作る天才シェフ佐々木を演じるのです!

二宮さんは服部栄養学校の全面バックアップのもと、料理の修業を重ねたそうです。

料理のシーンは1カットで撮影する場合も多く、手際よく、見た目も美しく仕上げられるようにと、2ヶ月間修業をされたとのこと。オムライスをプロ並みの手際で作れるようになったとの記事も見られました。

他、綾野剛、宮崎あおい、竹野内豊など、多くの主演級実力派俳優が名を連ねている本作。

アカデミー賞受賞後初主演作となる本作で、天才料理人という新境地を演じている二宮さんの姿を、早くスクリーンで観てみたいですね!

公開が待ち遠しい!嵐主演映画作品

【画像:ThinkStock

夏以降、続けざまに主演映画作品が公開予定の嵐。

映画作品は宣伝にもお金をかけるため、普段出演しないあらゆる番組へのゲスト出演や、映画雑誌、情報誌などへの露出も想定されるため、ファンは大盛り上がりするのです!

宣伝ラッシュのスケジュールの把握や、舞台挨拶のチケット争奪戦、映画観劇、パンフレット代など、やることや買わなければいけないものが目白押しのファン。それも嵐のうち3人の作品が公開となると、ファンも嬉しい悲鳴です!

今のうちに嵐貯金をしておき、映画ラッシュに備えましょう!

嵐ファン要チェック!関連記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。