Hey!Say!JUMPが作詞・作曲などを手掛けた曲&収録アルバムを紹介!

Hey!Say!JUMPの曲の中でもそれぞれ好みがあると思いますが作詞や作曲にメンバーの名前があるとさらに思い入れも深くなります。シングルのカップリングだったりアルバムにHey!Say!JUMPのメンバーが作詞作曲したものがいくつか収録されていますのでメンバーごと、収録アルバム・シングルなどとともに紹介します!

Hey!Say!JUMPが作詞・作曲などを手掛けた曲の聞き逃しはない?


(出典:無料写真素材AC より)

2017年も既に新曲発売が次々と決まっているHey!Say!JUMP。今までもたくさんの曲を歌ってきましたが、その中でもメンバーが作詞作曲を手掛けた曲などはファンとしても思いれがあったりしますね。
コンサートだけ歌われたりするものもありますが、Hey!Say!JUMPの発売されている楽曲の中でメンバーが作詞作曲を手掛けたものを紹介していきます。

Hey!Say!JUMPソロ曲やユニット曲についてはこちらをどうぞ!→Hey!Say!JUMPのソロ曲・ユニット曲の人気でオススメな曲は?収録アルバムなども紹介!

バラードが得意な山田涼介くん


(出典:無料写真素材AC より)

真紅

  • 作詞担当
  • JUMP NO.1(アルバム)に収録

せつないラブソングですが山田くんはお姉さんの漫画を借りて作詞したと言っていました。

花 えがお

  • 作詞担当
  • JUMP WORLD通常盤(アルバム)に収録

ライブの時に客席で輝くペンライトの光が花に見えたので、その時の気持ちを交えて作ったそうです。
Hey!Say!7で歌っています。

Candle

  • 作詞担当
  • smart(アルバム)に収録

結婚する元彼女の幸せを願う曲なのですが、テーマを考えるまでが大変だったと話していました。

▶️smart魂のグッズはこちら

3月14日~時計~

  • 作詞担当
  • JUMPing CAR初回限定盤2(アルバム)に収録

作詞は山田くんですが岡本くんもサポートしたり、ハモったり、ギターで参加しています。3月14日は最初と読みホワイトデーのころにファンのみんなへ何かお返しがしたいと思いついたフレーズだそうです。

いつの間にか大人の声になっていた知念侑李くん


(出典:無料写真素材AC より)

すまいるそんぐ

  • 作詞担当
  • JUMP NO.1(アルバム)に収録

学業の合間の時間を使って一週間くらいで完成させた曲だそうです。
まだまだ若い知念くんらしさが出ている元気になれる曲ですね。
この時の知念くんだからこそ完成した曲とも言えます。

ドラムが上手な中島裕翔くん


(出典:無料写真素材AC より)

Dash!!

  • 作詞担当
  • JUMP NO.1(アルバム)に収録

初めて作詞に挑戦し、当時中島くんの思ってることを形にしていますが、予想以上に難しかったと話していました。
苦労したかいがあっていいものに仕上がったと思うと言っていたようにとても元気になれる人気の曲です。

ギターと英語はお任せ!岡本圭人くん


(出典:無料写真素材AC より)

Hero

  • 作詞担当
  • JUMP WORLD(アルバム)に収録

岡本くん自身もHey!Say!JUMPとしても初めて英語での作詞に挑戦した曲です。
ソロ曲ではないのでメンバーも歌うのですがメンバーは英語詞に四苦八苦していた模様。
和訳するとキュートな歌詞になります。

なんでもこなせる有岡大貴くん


(出典:無料写真素材AC より)

桜、咲いたよ

  • ラップ詞担当
  • AinoArika/愛すればもっとハッピーライフ初回限定盤3に収録

ラップ詞というとハードなイメージがありますが有岡くんらしいラップ詞だと好評です。

Hurry up!

  • 編曲担当
  • JUMP WORLDに収録

和を取り入れている楽曲で「琴の音源を入れたりした」と有岡くんが話していました。

RELOAD

  • 作詞担当
  • smartに収録

「好きな子を振り向かせたいという気持ちが自分がステージに立っているときの気持ちに似てる」ということで「どうやって好きな子に振り向いてもらうか」ということと「ステージに立っている人がどうやってお客さんの目線を奪い夢中にさせるか」というのを掛けている歌詞になっているそうです。

セクシーボイスの髙木雄也くん


(出典:無料写真素材AC より)

Time

  • 作詞担当
  • JUMP NO.1に収録

英語がわからなくて一生懸命辞書を引きながら歌詞を書いていたそうです。歌詞にある単語は簡単なものではありますが一生懸命さが伝わってきますね。
編曲は有岡くんが担当しています。

甘い歌声伊野尾慧くん


(出典:無料写真素材AC より)

残念ながら伊野尾くん作詞作曲でCD化されているものはありませんでした。
伊野尾くんはピアノが上手なのでぜひ今後に期待したいですね。
合作のものは後ほど紹介しています!

CD化されていないもので作曲を担当した♪t♪(おと)という曲があります。


伊野尾くんの作詞にも期待!

ラップといえば八乙女光くん


(出典:無料写真素材AC より)

ス・リ・ル

  • RAP詞担当
  • SUPER DELICATE(シングル)初回限定盤1に収録

Hey!Say!BESTの曲で八乙女くん曰く「2番を普通にやるのが嫌で。変化球でラップ入れたら面白いんじゃないかと思って」とのことでした。

AinoArika

  • ラップ詞担当
  • AinoArika/愛すればもっとハッピーライフ(シングル)に収録
  • smart(アルバム)に収録

八乙女くんが主演を務めたドラマ「ダークシステム 恋の王座決定戦」の主題歌

INFINITY

  • 作詞担当
  • JUMP NO.1(アルバム)に収録

八乙女くんが作詞した言葉に元気をもらっている人がたくさんいる素敵な歌です。

アイ☆スクリーム

  • 作詞・作曲担当
  • JUMP NO.1(アルバム)に収録

楽しくなるライブでは盛り上がりソング!
テレビで披露したときの薮くんと八乙女くんの可愛い振り付けがまた見たいですね。

パーフェクト ライフ

  • 作詞担当
  • JUMP WORLD(アルバム)に収録

自分はポジティブな性格。パーフェクトライフは元気にやって行こうぜ!という曲だと八乙女くんはコメントしていました。

サム&ピンキー

  • 作詞担当
  • JUMP WORLD(アルバム)に収録

明るく元気になれる曲。
サムは親指ピンキーは小指で離れててもくっつくよという意味があるんだそうです。
ライブではファンの子とのコール&レスポンスがあります。

コンパスローズ

  • 作詞担当
  • smart(アルバム)に収録

ロック調のバンド曲で八乙女くんのベースと作詞の才能が光ります!
音楽が盛り上がる場面は歌詞も盛り上がる歌詞にしてなど考えて作ったそうです。

Come Back…?

  • 作詞・作曲担当
  • smart(アルバム)に収録

アルバム発売より4年も前からこのメロディーラインがあったそうで、完成にはその時のHey!Say!JUMPの雰囲気に合わせて「踊れる曲」にすることでした。
ちょっとダークな歌詞で苦戦したそうですが苦手な猫を持ち出してみたりして作ったそうです。

作詞の先生!薮宏太くん


(出典:無料写真素材AC より)

スクール革命

  • 作詞担当
  • 真夜中のシャドーボーイ(シングル)に収録

学生の頃を思い出すような可愛い歌詞がポイントです。

Screw

  • 作詞担当
  • OVER(シングル)通常盤に収録

薮くんが初めてラブソングに挑戦したというせつない歌詞の曲。
Hey!Say!BESTが歌っています。

スクランブル

  • 作詞担当
  • Come On A My House(シングル)初回限定盤2に収録

薮くんいわく「ちょちょちょいと書いた」と言っていましたが有岡くんに「頭抱えてたくせに」と暴露されています。
こちらもHey!Say!BESTが歌っています。

DREAMER

  • 作詞担当
  • JUMP NO.1(アルバム)に収録

「純粋でキラキラした歌詞は、あの頃だからかけた気がする」と薮くんが言っていたとおり、大人になればなるほど感じることも変わってくるのでこの時の薮くんだからこその歌詞になっています。

スナップ

  • 作詞担当
  • JUMP WORLD(アルバム)通常盤に収録

Hey!Say!BESTの曲でこの1曲で1年の季節の移り変わりが感じられます。
爽やかな歌ですね。

切なさ、ひきかえに

  • 作詞担当
  • smart(アルバム)に収録

とても切なく、名曲と言われるほどの1曲です。
東京ドームでしか披露されておらずDVDでじっくり見ることができます。
人気曲上位にあがる曲ですね。

Hey!Say!JUMPメンバー合作作品


(出典:無料写真素材AC より)

INFINITY

  • 作詞担当:八乙女光
  • ピアノ担当:伊野尾慧
  • JUMP NO.1(アルバム)に収録

ピアノは2:40くらいのところをチェックです!

アイ☆スクリーム

  • 作詞・作曲担当:八乙女光
  • ギター担当:岡本圭人
  • JUMP NO.1(アルバム)に収録

Time

  • 作詞担当:髙木雄也
  • 編曲担当:有岡大貴
  • JUMP NO.1(アルバム)に収録

たまたま有岡くんが趣味で作っておいた曲と「Time」の曲調がピッタリで、スタッフさんに相談したところコードとかもぴったりはまって「これ、いけるよ」ってことになったと話していました。

Thank You 〜僕たちから君へ〜

  • 作詞担当:Hey!Say!JUMP
  • JUMP NO.1(アルバム)に収録

ファンの人に向けたメッセージソング。日頃の感謝の気持ちがあふれています。
いつも自分たちのステージを見にきてくれてありがとう。また会おう。という内容なのですがバラード調ということもありちょっと悲しい感じに聞こえるので一部のファンの人の間ではグループが解散してしまうのでは?と心配の声もあがったりしていました。

UNION

  • 作詞担当:有岡大貴・八乙女光・薮宏太
  • JUMPing CAR(アルバム)初回限定盤2に収録

それぞれ担当の場所を決めて作詞をして、打ち合わせもせずにみんなで作成したところ言葉がかぶったりせずつながりのある歌詞ができたそうです。

▶️JUMPing CARnivalのグッズはこちら

3月14日~時計~

    • 作詞担当:山田涼介
    • ギター・ハモリ担当:岡本圭人
    • JUMPing CAR(アルバム)初回限定盤2に収録

Hey!Say!JUMPが作詞・作曲などを手掛けた曲はいかがでしたか?

Hey!Say!JUMPが作詞・作曲などを手掛けた曲をお届けしました。全部知ってるよ!という人もいるでしょうし、これは知らなかった!という人もいると思います。
聞き逃していた人はこれを機に、知っている人も久しぶりに思い出して聞いてみてほしいと思います。

Hey!Say!JUMPのおすすめ記事はこちら

みんなのコメント
  1. いのあり♡love♡ より:

    全部いい曲だけど、特に「切なさ、ひきかえに」
    が好き!!
    〜ひとつひとつ見せる形に恋焦がれるの〜が1番好きな所!みんなもぜひ聴いてみてね!めっちゃいい曲だから!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。