嵐とノンノ♡メンバーの素顔満載の連載内容に迫る!

今や国民的アイドルグループとなった嵐。そして今年創刊45周年を迎える女性ファッション誌ノンノ。掲載されているインタビューや連載を通して、嵐の素顔や、ノンノでしか聞けない裏話を紹介します。

嵐と雑誌「non-no」についてご紹介!

今や国民的アイドルグループとなった嵐。そして、今年創刊45周年を迎えた女性ファッション誌のノンノ。デビュー後から見守ってきたノンノによるインタビューや連載を通して、メンバーの素顔や、ここでしか聞けない裏話も!嵐のファンの皆さんにとって必見の内容になっています。

ノンノに掲載された嵐の連載などでメンバーの素顔が丸裸!

dscf4255-edit2-edit_tp_v

1999年に結成し、デビュー17周年目を迎える嵐。そのグループ名の由来は、「世界中に嵐を巻き起こす」「芸能界に嵐を起こす」という意味のほかに、頭文字が平仮名では「あ」、アルファベットでは「A」で、どちらも最初に来ることから、「必ず一番になる」という意味が込められています。メンバーは、相葉雅紀・松本潤・櫻井翔・大野智・二宮和也の5人で、ダンスや歌にとどまらず、バラエティーやドラマ、映画、CMなどに引っ張りだこです。

ノンノは、1971年より、毎月20日に集英社から発行されている女性ファッション誌です。ターゲットとなる年齢層は10代後半から20代の女性で、卒業したモデルには、女優のりょうさんや小雪さん、桐谷美玲さん、波留さん、日本テレビアナウンサーの岩本乃蒼さんがおり、現在も、本田翼さん、大政絢さん、新川優愛さんなど、人気ファッションモデルが多数在籍しています。

そんなノンノには連載などを通して、テレビやコンサートでは見れない彼らの素顔や、ここでしか聞けない裏話など、ファンの皆さんにとっては必見の情報がたくさん掲載されています!ここでは嵐とノンノについてご紹介します!

嵐初登場!

_m023612_tp_v

嵐がノンノに初登場したのはデビューして一年後の、2000年。撮影当時の様子は、終始ワイワイしていて、みんなでいじりあっていたり、楽しい雰囲気だったそうです。

その三年後、2003年に二度目の登場!「嵐の夏休み」と題し、ぶっちゃけトークなどを掲載。メンバー皆が20代になる年でもあり、三年前の初登場時より、ちょっぴり大人になった?嵐が垣間見れます。「一人ひとりは成長してるけど、嵐の楽しさは変わらない」と語っています。

また、この時期には、2002年に「タッキー&翼」がデビューし、翌年には「NEWS」がデビューするなど、ジャニーズ事務所の他のグループの勢いに押されていた部分もあったようで、メンバーの間で、「嵐とは何か」と話し合うこともあったそうです。

連載開始!

pak85_notepc20150319202127_tp_v-1

2008年9月20日に発売された、10月5日号から嵐の連載が開始しました。タイトルは「2/嵐 アラシブンノニ」です。この連載は、メンバー二人が与えられたお題について、トークをしていくものです。時には番外編として、メンバー全員でのグラビアやトーク、反対にメンバー一人でのトークもあったそうです。

記念すべき「2/嵐 アラシブンノニ」の初回メンバーは?

asobi_onigokko

初回は、二宮和也さんと相葉雅紀さんが登場し、タイトルは「アイノアラシ」。グラビアでは、ピンクの壁紙、絵が飾ってあって二人が、絵を見たり、かっこよくキメていたり、わちゃわちゃしていたりします。インタビューでは、メンバーへ対しての愛を語っています。相葉さんと二宮さんは、事務所にジュニアとして入ってすぐ仲良くなったようで、メンバーの間でも特に付き合いが長く、相葉さんは、「一緒に過ごした時間は家族より長いかも。」と語っています。また、メンバーに対してはというと・・・

松本さん→

「松潤(松本潤)は、一見ドSっぽいけど、優しい。風邪をひくと、1粒100円くらいする薬をサラっとくれる。」

櫻井さん→

「翔ちゃんは知性派なんだけどアホ。好きなことをするなら寝なくてもいい人」

「カラオケに行くと、苦情来るんじゃないかってくらい大騒ぎしている。」

大野さん→

「最近は夜釣りに直行しているらしいよ。」

などなど・・・ずっと一緒に活動しているメンバーだからこそ知っている一面が、対談を通して垣間見れました。また、二宮さんはグループに関して「嵐って”普通の人”の集まりだよね。元気いっぱいすぎて、後先考えずはしゃいだ結果、疲れちゃうような”精神的なムラ”もあって。」「そんなバカで不完全なところが好き!」とも語っており、グループのこと、メンバーのことをちゃんと見ているからこそ、こういうことも言えるんだろうなと思います。

マニアック?ファンなら知ってる?嵐のコンビ回

friends_boys

嵐ファン(通称:あらしっく)では、すっかりお馴染みとなっているコンビ名で、たくさんのコンビ名があります。

山コンビ

最初にご紹介するのは、山コンビ(大野智・櫻井翔)です。コンビ名の由来は「嵐の宿題くん」の番組内でチーム分けをする際、嵐という字を「山」と「風」に分け、メンバーの中で年上の2人だから山となったようです。

山コンビが初登場したのは4回目で、タイトルは「オウチノアラシ」。「俺たちは、一人暮らしはまったく向いてないと思うなあ(笑)」と話しているように、二人ともまだ実家暮らしの頃です。今となっては、二人とも一人暮らしですが・・・。櫻井さんが、「一人暮らししたら毎週末のようにパーティーしたいんだ」と語っていますが、できているんでしょうか?また、81回目の「サシノミノアラシ」では、二人とも大衆居酒屋のような場所で、お酒を呑んでいます。近況としては、大野さんは「獲れたての魚をポン酢に付けながら食べて、シャンパンを飲んでる」ようで、櫻井さんは「最近は後輩から誘われることも増えたなあ」としみじみ語っています。

大宮SKコンビ

続いて、大宮SKコンビ(大野智・二宮和也)です。コンビ名の由来は、2002~2003年の「ARASHI STORM CONCERT 2003 新嵐 ATARASHI ARASHI」にて、名前から一文字ずつとり、イニシャルを加えたものから大宮SKコンビとなったようです。

初めて登場したのは8回目で、タイトルは「ショクノアラシ」。二人がオムライスを作っていて、完成したオムライスには、相合傘の下したに「カズ」「サト」とケチャップで書いてあり、大野さんも「ケチャップで熱いメッセージまで書いちゃったよ(笑)」と話しています。二宮さんによると、昔大野さんはクリームシチューが大好きだったそうで、それはお母さんの得意料理でもあったそうです。また、二宮さんにとってのおふくろの味は、焼きおにぎりですが、女の子に作ってほしいメニューはまた別だそうで、「そのとき俺に食べさせてあげたいと思ったメニューで勝負してほしい!」と語っています。

49回目の「カラオケノアラシ」では、二人でカラオケボックスへ。「Happiness」や「Trouble maker」を選曲!ペンライトやうちわ(相葉雅紀・櫻井翔・松本潤の分)を持ちこみ、ライブのようです。大野さんの初カラオケは中学二年生の頃のようで、レッスンして、ごはん食べて、カラオケに行くのがいつものコースになっていたのだとか。二宮さんは、元々ギターをやっていたため、カラオケではなく弾き語りをしていたので、仕事の打ち上げが初カラオケだったそうです。二宮さんは、周囲から「これ歌って」とリクエストされることもあるが、嵐の曲しか歌わないそうですが、大野さん曰く、他のメンバーのパートもレコーディングで経験しているため、一応は歌えるようです・・・。

バンビズ

続いて、バンビズ(櫻井翔・松本潤)です。コンビ名の由来は、櫻井さんが「木更津キャッツアイ」というドラマで「バンビ」役、松本さんが「バンビーノ」に出演し、その際のあだ名が「バンビ」だったことからバンビズとなったようです。

初めて登場したのは3回目で、タイトルは「オシャレノアラシ」。お互いに衣装をコーディネートし合っています。トークでは、櫻井さんが夏のコーデに頻繁にポロシャツを取り入れていたのは、報道番組を担当していて、「オリンピックの頃、私服で選手に会う機会が多くて、失礼のないようにと襟付きトップスを買ったから」というのが理由なようです。また、松本さんが、好きな女の子のファッションについてロンTを挙げていましたが、櫻井さんはロンTを知らなかったようで、「なにそれ?伸びるんじゃなくて!?」と不思議そうに話しています。

80回目の「ニクノアラシ」では、二人とも、肉やサンドウィッチを美味しそうに頬張っています。焼肉屋さんで注文するのは、櫻井さんは、ハラミとミノ。松本さんは、赤身とタン。櫻井さんにとって美味しい肉は、紅白歌合戦の前に「ご飯を食べる時間がないから」と、スタッフさんが用意してくれるお弁当だそうで、ハンバーグやステーキがドンッ!と乗っていて、超豪華で美味しいんだとか。また、トレーニング中はササミを食べるんだそうです。相葉さんは、ラムを家でニンニクで味付けしてオーブンで焼いたりするのが、ハマっているみたいです。

連載などから伝わる嵐の良さとは

やはり、メンバーの「仲の良さ」が一番の魅力なのではないでしょうか。嵐は、ジャニーズグループとしては珍しく、デビュー時から一貫してメンバー間の格差がなく、テレビに出演する際も誰かがないがしろにされるということがないそうです。

メンバー同士が足りない部分を補いあい、フラットな関係を築いているからではないかと思います。

嵐とノンノのまとめ

嵐がノンノに初登場してから早16年。2008年に連載を開始してから8年経ちます。普段私たちがテレビやコンサートで見ているメンバーの姿とは違う一面が見れ、ここでしか聞けない裏話や、実はあの時こうだったんだよという話、近況などファンにとっては盛りだくさんの内容となっています。

これからも、進化し続ける嵐を皆さんで応援していきましょう!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。