【ジャニーズWEST】大人気!藤井流星のオススメソロ曲をご紹介☆

2014年4月23日にデビューシングル「ええじゃないか」で関西ジャニーズJrを卒業したアイドルグループ、ジャニーズWEST。デビューから丸3年が経った現在も、その人気は衰えるどころか増し続け、全国進出も順調に進んでいるのです、今回はそんなジャニーズWESTから、藤井流星のオススメのソロ曲をご紹介します!

話題沸騰中!ジャニーズWEST☆

【出典:Think Stock

2014年4月23日にデビューシングル「ええじゃないか」で関西ジャニーズJrを卒業したアイドルグループ、ジャニーズWEST

2016年はメンバー個人の仕事も大変充実し、グループとしては12月24日、25日の2日間、自身初となる京セラドームでのコンサートを大成功に収めました。

その勢いのまま、2017年1月3日からは全国アリーナツアー「なうぇすと」もスタートさせ、2017年も好調な滑り出しを見せています。

デビューから丸3年が経った現在も、その人気は衰えるどころか増し続け、関西に住むファンだけでなく、全国に着実に進出してきているのです!

  • 重岡大毅(担当カラー:赤)
  • 中間淳太(担当カラー:黄)
  • 桐山照史(担当カラー:オレンジ)
  • 神山智洋(担当カラー:緑)
  • 藤井流星(担当カラー:青)
  • 濵田崇裕(担当カラー:紫)
  • 小瀧望(担当カラー:ピンク)

この7人で構成されたジャニーズWESTの世界観は、どのジャニーズグループにも真似できない”グループ愛”と熱い”絆”があります。

今回はそんなジャニーズWESTの中から、モデルとしても活躍中の藤井流星のオススメのソロ曲を収録アルバムなどから詳しく紹介いたします!さらに、藤井流星の声をもっと堪能したいファン必聴のオススメユニット曲も紹介しちゃいます!

藤井流星くん唯一のソロ曲が収録?「なにわ侍 ハローTOKYO!!」

【出典:Think Stock

関西ジャニーズJr時代、重岡大毅、小瀧望、中間淳太、桐山照史の4人で「ジャニーズWEST4」としてデビューする準備が進められていました。

しかし、藤井流星、濵田崇裕、神山智洋を加えた7人でないと、夢を叶えることは出来ないと感じた4人。ジャニー社長に直談判し、7人でデビューすることを決意したのです。

2014年に起こったこの一連の出来事は、関西ジャニーズJrに吹いた新しい風であり、方向性を大きく変えた出来事であるため、涙なしで語ることは出来ません。

そんなジャニーズWESTのデビュー秘話を本人たちの話し合いを基に、フィクションを加えて劇調にまとめた舞台。

それが「ジャニーズWEST なにわ侍 ハローTOKYO!!」なのです。

7人でのデビューが決まったことを報告した時のジャス民(ジャニーズWESTのファンの愛称)の歓声は『一生忘れることはないだろう』とメンバーが口々に言うほど。ジャニーズWESTが出来るまでの誕生秘話を事細かに知ることが出来るので、大変オススメの作品となっています。

DVD化もされているので、是非チェックしてみてはいかがでしょうか?

なにわ侍はジャニーズWESTとしてのデビューが決定するまでの課程を、メンバーたちからの話を基に忠実に作成された舞台。各メンバーが本人役、インタビュアー役、マネージャー役、ライバルアイドル役など、様々な役を担いながら、舞台が作り上げられました。

劇中で開催されていた架空のフェスに登場するのが、ジャニーズWEST4のライバル役を担った、藤井流星です。そして彼の唯一のソロ曲がこのDVDに収録されている「NEXTACTION」です。

舞台で披露!藤井流星のソロ曲「NEXTACTION」

『俺は1人でもてっぺんを取ってやる』と意気込んで一匹狼を貫き通す意思のもと、ジャニーズWEST4に示すように歌いあげた曲です。

この「NEXTACTION」は、もともと山下智久×藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)の特別ユニットとして歌われました。

舞台で披露された、藤井流星のソロ曲としての「NEXTACTION」は、山下智久と藤ヶ谷太輔が歌う妖艶な世界観とはまた違う、艶やかな歌声でした。実際はカバー曲であるために、藤井流星がソロ曲として歌う収録アルバムは残念ながら存在していません。

しかし、山下智久と藤ヶ谷太輔が歌う「NEXTACTION」は、2014年9月3日発売の『TOMOHISA YAMASHITA TOUR 2013 -A NUDE-』に収録されています。

カバーソロ曲にも匹敵!注目のユニット曲☆

【出典:Think Stock

なにわ侍 ハローTOKYO!!」で披露したカバー曲「NEXTACTION」が藤井流星にとって唯一のソロ曲となっています。しかし、前述したように、カバー曲であるため、音源化がされていません。

メンバー全員で歌う曲はもちろん、どの曲もオススメなのですが、ソロ曲のように藤井流星の声を存分に堪能したい!というジャス民にオススメなのが…。

メンバー全員が歌っている曲よりも1人に対する歌割りが多い、ユニット曲です!

ここからは、ジャニーズWESTで歌う曲とは一味違う雰囲気を醸し出す、藤井流星×メンバーのユニット曲をご紹介いたします。

VIVID(藤井流星×小瀧望)

こちらも「ジャニーズWEST なにわ侍 ハローTOKYO!!」で披露されましたが、音源化されず、収録アルバムが存在しない幻の曲です。

ジャニーズWEST4が参加した、あるフェスで出会ったミュージシャン”藤井流星”のことが忘れられなかった小瀧望。

藤井流星の居所を探し出し、一緒にジャニーズWESTとして活動することを誘うという、舞台中のシーンで歌われています。

一度は『俺は、群れより1人で活動している方が楽やねん。』と一匹狼を貫くことを表明した藤井流星でしたが、小瀧望の熱意に押され、一緒に活動することを決意。

その後小瀧望は、当時のメンバーであった中間淳太と桐山照史に、藤井流星を認めてもらうために試行錯誤を繰り返しました。その結果生み出した唯一の方法が、「VIVID」の披露でした。

舞台であるために若干脚色している部分がありますが、実際は関西ジャニーズJr時代から、かなり仲の良かった藤井流星と小瀧望の2人。

関西ジャニーズJr時代から”ツインタワー“と称されるこの2人の間には、一言では表すことの出来ない「絆」や「愛」のようなものを感じます。

ジャス民からも絶大な人気を誇る、そんな”ツインタワー“だからこそ表現できる曲の雰囲気に、見に行ったジャス民も魅せられました。

ジャニーズWESTが誕生するきっかけとなった大切な話の1つなので、オススメのシーンの1つです。

Terrible(藤井流星×小瀧望)

2015年12月9日に発売されたジャニーズWESTの2ndアルバム「ラッキィィィィィィィ7」が収録アルバムとなっている楽曲「Terrible」。

「VIVID」に引き続き、ジャス民待望の”ツインタワー”が歌う楽曲が音源化されるという夢が実現しました。

同年、2ndアルバムを引っ提げて行われた全国アリーナツアー「ラッキィィィィィィィ7」では、レーザーや照明などの演出&ダンスを楽曲とともに披露。

サングラスを掛けて格子の中から登場したかと思えば、ズラした拍子に流し目でジャス民を魅了する姿も、会場の大きなスクリーンに映し出されました。

また、サビ後の間奏では2人とも見事な腰振りダンスを披露し、各会場のホール内には黄色い歓声が響き、セクシーさに腰が抜けるジャス民も続出です。

ツアーの中では「Terrible」の後、小瀧望の”I wanna make you, make you, make you, make you, mine”の台詞から始まる「迷宮SUMMER」へと続きます。

2016年の年始に行われた「ラッキィィィィィィィ7」のツアーですが、2016年11月30日には3作目のアルバム「なうぇすと」とともにDVD化が実現

“ツインタワー”の2人が作り出す妖艶な世界観を、いつでもどこでも観ることが出来るようになりました。

「なにわ侍 ハローTOKYO!!」もDVD化されているので、2つ合わせて観て、大人気の”ツインタワー”を堪能すると言うのも、とってもいい方法かもしれませんね!

I got the FLOW(藤井流星×神山智洋)

2016年11月30日に発売されたジャニーズWEST3作目となるアルバム「なうぇすと」が収録アルバムとなっている「I got the FLOW」。

I got the FLOW」は藤井流星と同い年、だけどジャニーズ歴は先輩。そんなジャニーズWESTのオカンこと神山智洋とタッグを組みました。

ジャニーズの中でも聞いたことのない、新境地を開くことになるであろう曲調の楽曲は全編ラップ、というジャニーズとしては珍しい作りになっています。

ラップの中にも英語の歌詞がふんだんに使用されているこちらの楽曲。

和訳をしてみると…。かなりエロティックで過激な歌詞になっていることが判明!

歌詞の意味を知ってから聞いてみると、また違った雰囲気を味わうことが出来るのです。

2017年1月3日、横浜アリーナを皮切りにスタートした全国アリーナツアー「なうぇすと」でも、「I got the FLOW」は披露されています。

全編ラップの曲調の中に、普段のジャニーズWESTの雰囲気は一切なく、藤井流星と神山智洋が織りなすその独特の世界観に惹きこまれること間違い無しです。

これからも応援を続けていくために

【出典:Think Stock

デビュー3周年を迎え、勢いが衰えることないまま4年目に突入しようとしているジャニーズWEST。現在も、グループとしてツアーを展開中、個人での仕事も大変充実しています。

上がってきている人気を、ジャス民に悪い評判が出てしまったことで落としてしまうというのはとても悲しいことですよね。そのためにもマナーやルールを守りながらコンサート鑑賞やテレビの前での応援を続けていきたいですね!

関連記事はこちらから

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。