【関ジャニ∞】大倉忠義の幅広いソロ曲たち♡人気&オススメ曲をご紹介!

この冬に行われたドームツアーの最終日に、今年の夏もドームツアーを開催する事を発表した関ジャニ∞。その中でもドラマやバラエティーにと多方面で活躍を見せている大倉忠義さんですが、大倉さんは関ジャニ∞の中で唯一無二のドラマーなのです。そんな大倉さんが歌う人気&オススメのソロ曲を収録アルバムとともにご紹介いたします。

関ジャニ∞唯一無二のドラマー大倉忠義さん

【画像:フリー素材Pixabay

2016年から2017年にかけて行われたドームツアー「エイターテインメント」の最終日に、今年の夏もドームツアーを開催する事を発表した関ジャニ∞。年2回のドームツアーはファンにとっては嬉しい出来事ではないでしょうか。

その中でもドラマやバラエティーにと多方面で活躍を見せている大倉忠義(おおくら ただよし)さんですが、大倉さんは関ジャニ∞の中で唯一無二のドラマーなのです。

そんな大倉さんが歌う人気&オススメのソロ曲を収録アルバムとともにご紹介いたします。

まずは大倉忠義さんってどんな人?

【画像:ThinkStock

みなさんは大倉さんについてどんなイメージをもっておられるでしょうか。

「背が高い?」・「おっとり?」・「スタイルが良い?」・「よく食べる?」様々なイメージを持たれていると思いますが、まずは基本的なプロフィールからご紹介したいと思います。

  • 氏名:大倉忠義
  • 生年月日:1985年5月16日
  • 出身地:大阪府東大阪市
  • 身長:178cm
  • 血液型:O型
  • 担当カラー:緑色
  • 担当パート:ドラム
  • 愛称:たっちょん・たつ・大倉

関ジャニ∞の中でも一番身長が高く目立つ存在かと思いきや、マイペースさからか歌番組などの時には後ろの方のちょこんといることも多い大倉さん。しかし、その可愛らしいルックスからもファンを獲得しています。

そのルックスとすらっとしたスタイルからモデルをつとめることもあり、クールな印象を受けやすいかと思いきや、マイペースでおおらかなイメージをもたれやすい大倉さん。

実際食べることや寝ることが好きだったり、天然なエピソードはたくさん持ち合わせているんです。

例えば、ご飯を食べながら「お腹すいた」といってみたり、「白米になりたい」と言ってみたり面白い発言はテレビやラジオなどでもたくさんされています。

印象変わる?関ジャニ∞に加入出来たのも努力家だったからなんです

そんな大倉さんですが、実はとても努力家な一面も持ち合わせているんです。それが関ジャニ∞に入るきっかっけとなり、今でもドラマーとして活躍することとなったあるエピソードです。

関ジャニ∞のメンバーに決まっていた丸山さんと安田さんがジャニー喜多川社長に「大倉はリズム感がある」とメンバーにすることを直談判したそうですが、大倉さんはもともとドラムは出来なかったそうです。

そんな大倉さんに関ジャニ∞最後のメンバーの加入条件として与えられた課題が「課題曲:Do you agree?のドラムを1カ月でマスターすること」だったそうです。

未経験者としては無謀ともいえるその挑戦を無事クリアーして、今の位置にいることが出来るのです。

では大倉さんの色んな一面を分かったところで、さっそく彼のソロ曲をご紹介したいと思います。

初のソロ曲「Butterfly I Loved」

「Butterfly I Loved」は大倉さん初めてのソロ曲です。

また、未音源化楽曲の曲ながらとても支持の強い楽曲でもあります。

未映像・未音源化楽曲ながら大倉さんのソロ曲といえば「Butterfly I Loved」というファンも少なくありません。

コンサートで披露した時には大倉さんの低音ボイスと妖艶なダンスで「大倉さんがエロい」ととにかく大評判になりました。

大倉さんの代表曲といえばコレ「まもりたい」

大倉さんのソロ曲と聞いて思い浮かべることが一番多いのはこの曲ではないでしょうか。

この曲は音源化されているため、聞いたことあるファンの方も多いのではないでしょうか。

「まもりたい」は甘い歌詞と甘いメロディーのしっとりとした王道的なバラードソングになっています。

2007年に発売されたアルバム「KJ2 ズッコケ大脱走」通常盤の2枚目に収録されています。

この曲は大倉さんのソロ曲の中でも「一番好き」という声が多い曲でもあります。

アンサーソング「最後の涙」

大倉さん自身の「まもりたい」のアンサーソングとして発表されたのが「最後の涙」。

女性目線で書かれたこの歌詞に共感できるというファンが多い人気の曲です。

特にサビの部分

「抱きしめて腕の中 この涙を止められたのはあなたが言った言葉だけ
いつだって味方だった抱きしめてこの背中 泣き顔は見えないからいいでしょう?
二人の明日をまもりたい最後の涙 」

この歌詞にきゅんきゅんするというファンが続出した曲でもあります。

この曲は残念ながら未音源化楽曲となっています。

The☆アイドルソング「だってアイドルだもん」

しっとりした曲が多い大倉さんのソロ曲の中では珍しくあざとらしい可愛い曲となっています。

ソロコンサートのみで歌われた曲ですが、曲だけでなくパジャマを着てクマのぬいぐるみをもって歌う姿も可愛らしいと話題になりました。

もう一度やってほしいという声も多く人気の曲の一つです。

その理由に、この曲が未音源化楽曲でソロコンサートのみで行われたというソロコンサートに行った人のみが聞けたというレアな曲でもあることが挙げられます。

ヘッドホンで聞いてみて「no-no-no」

とにかくここぞとばかりに「エロい」と人気の曲のひとつになっています。

そのまま聞くよりもヘッドホンで聞くと、吐息などが近く感じられてさらに「エロい」「萌える」と話題になりました。

また、吐息よりも

  • 最後のサビ前の「Undersatnd?」
  • no no no よりもoh oh oh
  • 2番の最初のbroken

この3点が特に「セクシーでエロくてとにかくやばい」と細かく分析するファンもいるくらいエロさ全開の曲となっています。ぜひ注目して聴いて頂きたい曲です。

そしてエロさ全開のこの曲は、大倉さんだけでなく自分の好きなメンバー(通称:自担)にも歌ってほしいくらいだというファンの声も出てくるほどでした。

「no-no-no」は収録アルバムが2009年に発売された「PUZZLU」の通常盤の2枚目のCDとなっています。

しっとり歌い上げている「きっと幸せがキミを待っている」

作詞作曲は大倉さんではないものの、前向きな歌詞としっとりとしたメロディーに大倉さんの歌声ストレートに入ってきて曲とマッチしていて、とても心が温かくなる曲になっています。

その歌声はとても優しく「心落ち着く」「癒される」といった声が多く見受けられました。

「きっと幸せがキミを待っている」の収録アルバムは2010年に発売された「8UPPERS」の通常盤の2枚目となっています。また、

これからも注目の大倉さん

【画像:ThinkStock

1月25日に38枚目となる新しいシングル「なぐりがきBEAT」が発売されるなど、これからも大活躍の予感がする関ジャニ∞。

今回はその中でも大倉さんのソロ曲に焦点を当ててご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

大倉さんの低音ボイスを生かしたセクシーな曲から胸キュン必須の甘いバラードと思えば可愛いアイドルソングまで幅広く歌っていることがわかりましたね。

古くからのファンの方は全部聞いたことがある方もいらっしゃったのではないでしょうか。

最近ファンになった方はもちろん、古くからのファンの方も未音源化の曲は音源化を希望してしまいますよね。実際、CD化の声も多く見受けられました。

少しずつでもファンの声が届くと良いですね。

それまでは音源化されている曲をリピートして大倉さんの声に酔いしれたいですね。

また、日々ドラムのスキルも上がっているという大倉さん。初心者だったころから今になっては曲によって弾き方を変えることが出来るというほどまでになっているそうです。

そんなところまでじっくり聞いてみてはいかがでしょうか。

もっと知りたい♡関ジャニ∞

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。