【KAT-TUN】ツアー人気アイテムのバッグ!おしゃれ&実用性の高いアレンジまとめ!

デビュー11周年を迎えるKAT-TUN。KAT-TUNのコンサートグッズは「ジャニーズの中でもグッズのセンスが良い」と評判です。中でもバッグは実用性も高いと人気です。今回は「KAT-TUNライブツアー 2012 CHAIN」と「KAT-TUNライブツアー2014come Here」のバッグのアレンジをご紹介します。

波乱万丈のKAT-TUN

【画像:Pixabay

デビュー11周年を迎えるKAT-TUN。2006年にデビューしたKAT-TUNですが、「Real Face(シングル)」「Best of KAT-TUN(アルバム)」「Real Face Film(DVD)」という3作同時発売という異例のかたちで華々しくデビューしました。

デビュー当初は6人体制だったKAT-TUN。しかし、2010年7月に赤西仁さんが、2013年9月に田中聖さんが、そして最後記憶に新しい2016年3月に田口淳之介さんが脱退して現在の3人体制になってしまいました。

現在のメンバーは亀梨和也さん上田竜也さん中丸雄一さんです。そのため、現在は充電期間中として個々の活動に力を入れています。

KAT-TUNはデビュー当時からほかのグループと比較してみても、これほどまでに個々のキャラクターが強いグループはいないと異彩を放っていました。

現在、個々でドラマやバラエティー番組での活躍を見せているKAT-TUNですが、ファンとしては1日も早いグループでの活動を望んでいるのではないでしょうか。

そして、充電期間に入るまでコンスタントにコンサートを行ってきたKAT-TUN。

KAT-TUNのコンサートはグッズのどれもが「ジャニーズの中でもグッズのセンスが良い」と評判ですが、中でもバッグはおしゃれで実用性も高いと人気になっています。

今回は最初で最後の5人体制でおこなわれた「KAT-TUN LIVE TOUR 2012 CHAIN」と4人体制になって初めて行われた「KAT-TUN LIVE TOUR 2014 come Here」で販売されたバッグのアレンジなどをご紹介したいと思います。

KAT-TUN手芸部

【画像:Pixabay

Twitter上ではKAT-TUNのグッズをリメイクしたり、オリジナルでKAT-TUNグッズを作ったりするファンが集まってハッシュタグを使って#かつん手芸部として様々なアレンジを公開しています。

デコレーションの方法としては、

  • メンバーカラーに染める (亀梨さん:ピンク・上田さん:青・中丸さん:紫・田口さん:オレンジ・田中さん:黄色・赤西さん:赤)
  • ラインストーンを貼り付ける
  • スパンコールを縫い付ける
  • シュシュや缶バッヂ、チャームをつける

などの方法があります。

リメイクの方法としては、

  • ファスナーを取り付ける
  • 持ち手を取り換える
  • ボストンバッグにする
  • 裏地をつける
  • ミニバッグを作る

などの方法があります。

それではファンの皆さんが具体的にはどんなアレンジを行って、どんな仕上がりになっているのかご紹介していきたいと思います。

KAT-TUN LIVE TOUR 2012 CHAIN

正式に5人体制になってから行われた、KAT-TUN2年ぶりとなるコンサート「ライブツアー2012 CHAIN」

2月11日の新潟県・朱鷺メッセコンベンションセンターを皮切りに4月28日の茨城県・仙台セキスイハイムスーパーアリーナまで全国12都市25公演行われました。

「CHAIN」で販売されたグッズは15個全35種類ありました。

ショッピングバックは、白と黒の2種類ありました。価格は各1,300円でした。

布地のバッグにビニールの持ち手で「布地がしっかりしていて使いやすい」と実用性の高さも人気の一つとなっています。

こちらのバックアレンジして使っている人がたくさんいるようです。

黒地のバッグでは「CHAIN」の「C」やロゴの部分をメンバーカラーにデコレーションしている人もいます。

 

リメイクしてボストンバッグにするのが人気なようです。

KAT-TUN LIVE TOUR 2014 come Here

このライブは「ライブツアー2012 CHAIN」から2年経って待ちに待って開催されたコンサートでした。

そして、メンバーであった田中聖さんが抜けて初めて4人で行ったコンサートでもありました。

7月8日の東京都・国際フォーラムを皮切りに、12月31日の大阪府・京セラドームまで全国8都市10会場23公演行われました。

「come Here」で販売されたグッズは全部で14個全29種類ありました。

ショッピングバッグは青い布地で「come Here」のロゴと手のマークがプリントされていました。持ち手は太いロープ状のものになっており、「丈夫で使いやすい」と評判になっています。

価格は1,800円でした。

リメイクしてファスナーをつけることで一段と普段使いもしやすくなりますね。

また、持ち手を変えるだけでも雰囲気が全く違って見えます。

チャックではなくマグネットボタンなどにすると、初心者でもリメイクしやすいかもしれませんね。

ラインストーンなどでロゴをデコレーションするのはもはや定番のようです。

バッグチャームなどをつけるだけでも簡単にオリジナルのアレンジ感が出て人気のようです。

フリルなどをつけるとよりオリジナル感が出るので、手先に自信のある方はいきなり始めてみてもよいかもしれません。

ミニバッグを作り、残りの布で巾着も作ったりする人もいます。

ロゴはアイロンプリントシートなどを使うとプリントできるそうです。

バッグチャームも手作りで

アレンジするバックチャームも手作りのものにするとさらにオリジナルのものが出来上がります。

そのため、バッグチャームから手作りする方も多いようです。

やっぱりほしいKAT-TUNのツアーバッグ

【画像:Pixabay

 

基本的にはライブ会場でしか買う事の出来ないツアーオリジナルのバッグたちですが、今は通販で買う事が出来るようになりました。

一部をご紹介したいと思います。

  • メルカリ
  • Amazon
  • Yahoo!オークション
  • オタキャンプ

などで買う事が出来ます。

しかし、もともとファンの人が持っていたもののため、保存状態などよく確認してから取引を行うように心がけてくださいね。また、常時あるとも限らないので注意しましょう。

でも、買えるとなるとうれしくなってしまうのがファンの心理ではないでしょうか。

もっと知りたい♡KAT-TUN

復活が待ち遠しいKAT-TUN

【画像:ThinkStock

「KAT-TUN LIVE TOUR 2012 CHAIN」と「KAT-TUN LIVE TOUR 2014 come Here」の2つのコンサートのショッピングバッグをご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか。

持っているファンの方は自分もアレンジしてみたくなった方もいるのではないでしょうか。

まだ持ってないファンの方はショッピングバッグがほしくなった方、そしてアレンジしてみたくなった方もいるのではないでしょうか。そんな方は是非通販を利用してみてください。

そして、2016-2017のジャニーズカウントダウンライブでの復活もささやかれていましたが、出演することはありませんでした。そこで少しショックを受けたファンも少なからずいるようです。

そのためファンの間ではいつ復活するのかと期待が高まっています。

KAT-TUNを結成しデビューする前からいつも完璧をめざし、中途半端なことは行わないKAT-TUNだからこそあるとファンが信じている今の充電期間。

きっと、個々の活動を経てさらに大きなパワーを見せつけて帰ってきてくれると信じて待つファンがたくさんいます。

こうしてグッズを見ていくと、復活コンサートが今から待ち遠しいですね。

どんなセットリストになるのか、そしてどんなグッズを販売してくれるのか心待ちにしておきましょう。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。