【嵐】歌もダンスもハイレベル!大野智のソロ曲まとめ!人気のオススメソングを徹底調査!

国民的アイドルとして大活躍の5人組グループ嵐。大野智と言えば歌の上手さはジャニーズで1,2を争い、軽やかなダンスもソロ曲とともにかなりのクオリティの高さで人気です。そこで今回は、大野智君の歌声の魅力を人気のソロ曲とあわせて一挙ご紹介!オススメソングを大公開します。

嵐のリーダー大野智の魅惑の歌声とキレッキレのダンスの魅力をソロ曲とともに紹介!!

今や国民的アイドルとなった嵐。大野智と言えば歌の上手さはジャニーズで1,2を争い、軽やかなダンスもソロ曲とともにかなりのクオリティの高さで人気でオススメです。大野智君の歌の魅力を人気のソロ曲で一挙ご紹介!オススメソングを大公開します。

嵐、大野智とは?魅惑のソロ曲まとめ一覧!!

最年長の大野智君(36歳)を筆頭に、櫻井翔君(34歳)、相葉雅紀君(34歳)、最年少コンビの二宮和也君(33歳)、松本潤君(33歳)からなる、国民的スターグループ“嵐”

アイドルの枠を超えコンサートのチケットが最も手に入りづらいアーティストとしても名を連ねています。コンサートを歌とダンスで引っ張る大野君と素敵なソロ曲を徹底調査します!

まずは大野君のプロフィールをご紹介。

大野智(おおの さとし)

  • 生年月日 1980年11月26日(36歳)
  • 出身地  東京都三鷹市
  • 身長   166cm
  • 血液型  A型
  • 担当カラー  青

ソロ曲を収録アルバムともに一挙ご紹介!!

  • 「Rain 」収録アルバム 「One」(2005年)
  • 「Song for me 」収録アルバム 「Time」(2007年)(初回限定盤のみ)
  • 「Take me faraway」 収録アルバム 「Dream “A” live」(2008年)に (初回限定盤のみ)
  • 「静かな夜に」収録アルバム 「僕の見ている風景」(2010年)
  • 「Hung up on」 収録アルバム 「Beautiful World」(2011年)
  • 「two 」収録アルバム (2012年)「Popcorn」
  • 「Hit the floor 」収録アルバム 「LOVE」(2013年)
  • 「Imaging Crazy」 収録アルバム 「THE DIGITALIAN」(2014年)
  • 「暁 」収録アルバム 「Japonism」(2015年)
  • 「Bad boy 」収録アルバム 「Are You Happy?」(2016年)

が嵐でのオリジナルアルバムに収録されたソロ曲です。

また、大野君出演のドラマより

  • 「曇りのち、快晴」シングルCD「Believe/曇りのち、快晴」に収録 (矢野健太)
  • 「ユカイツーカイ怪物くん」 怪物君主題歌「ユカイツーカイ怪物くん」に収録  (怪物太郎)

とそれぞれ役名で収録されています。

大野智の美声が響く!至極の人気曲をご紹介!!

数あるソロ曲の中でファンにはおなじみの人気曲をコンサートを振り返りながらピックアップしていきましょう。

Hung up on

Hung up on

  • 収録アルバム「Beautiful World」
  • 発売日 2011年7月6日
  • 詞:伊織・Rap詞:櫻井翔
  • 曲:大島こうすけ

2011年~2012年「ARASHI LIVE TOUR Beautiful World」で唄われました。

この年は3月11日に東日本大震災が発生し、影響で節電の中、東京ドームで「嵐のわくわく学校」が開催されるなど特別な年となりました。

「ふるさと」という素敵な曲で被災地にも寄り添いました。

さて「Hung up on」は櫻井翔君のラップ「you’re just like a…暁の明星hung up on your ah…暁の表情・・・」というフレーズから始まり曲が流れます。嵐の中でも人気の山コンビでの曲で素敵です。

この曲の出だしは翔君で・・という事は大野君、最初から決めていたようで一緒にやれたことをとても喜んでいます。

静かな夜に

静かな夜に

  • 収録アルバム「僕の見ている風景」
  • 発売日 。2010年8月4日
  • 詞:R.P.P.
  • 曲:Dr Hardcastle・youth case
  • 編曲:Dr Hardcastle

2010年~2011年の国立競技場・ドームツアー「ARASHI 10-11 TOUR “Scene”〜君と僕の見ている風景〜。」で唄われました。

一年前に10周年を迎え11年目の新たなスタートを切って作られたオリジナルアルバムでのツアーです。

流れるようなフレーズに乗せて夜の光の中に浮かび上がるセンターのステージで7万人のファンを静まりかえらせました。

流れるようなダンスが美しく“ものすごい色気が噴出していた”という感想も聞かれます。

スローな曲であるにも関わらずダンスは細部まで蜜に動き静と動を踊り分ける大野君の多彩さが伝わってきます。

Hit the floor

Hit the floor

  • 収録アルバム「LOVE」
  • 発売日 2013年10月23日
  • 詞: alleztune
  • 曲:川口進・BERT・ROLF
  • 編曲:石塚知生

2013年5大ドームツアー「ARASHI Live Tour 2013 “LOVE”」で唄われました。

この「Hit the floor」という曲、アルバムが発売された直後から、かなりの高評価を受けていたようです。

その内容は、

歌唱力がすごすぎる。

今までより大人の雰囲気が強い。

アルバムの曲だけにしておくのは惜しい曲。等などの声が聴かれます。

アップテンポの曲なのですが、メロディーが美しいと評判の曲です。

それまでの大野君のソロ曲とテイストが違い切なさと色気に磨きがかかった歌唱力で一瞬で曲の世界に引き込まれてしまう、ぜひシングルカットしてほしい一曲です

この曲は大野君第一印象から決めていたそうで、高音の美しい大野君にフィットした相思相愛の作品です。

Take me faraway

Take me faraway

  • 収録アルバム:「Dream “A” live」初回限定盤Disk2
  • 発売日 2008年4月23日
  • 詞・曲・編曲: R.P.P.

2008年コンサートツアー「ARASHI Marks2008 Dream-A-live」「arashi marks ARASHI AROUND ASIA 2008」で唄われた曲です。

初の全国5大ドームツアーと嵐の初めての国立競技場でのコンサートが行われ、名実ともに日本を代表するアイドル、アーティストの仲間入りをした年に行った記念すべきコンサートです。

こちらの曲「Take me faraway」はアルバム「Dream “A” live」の初回盤でしか手に入れる事が出来ない、他のソロ曲よりもレアな曲で、人気の高いお勧めの一曲です。

題名の“遠くに連れて行って”という願いを大野君が切なく歌い上げています。

「ARASHI Marks2008 Dream-A-live」「arashi marks ARASHI AROUND ASIA 2008」の他に2013年のアラフェス’13でも唄われた曲でファンにとっても思いのある曲となっています。

Rain

Rain

  • 収録アルバム「One」
  • 発売日2005年8月3日
  • 詞:IntoGroove
  • 曲:Peter Bjorklund・Joel Eriksson
  • 編曲:安部潤

2005年 「嵐 LIVE 2005 “One” SUMMER TOUR」で唄われた曲です。

これまでの4曲は2008年以降嵐がブレークしてから曲です。

大野君が20代後半~30代前半にかけて歌われており、大人の魅力と素敵な歌声と切ない楽曲で高い人気となっていましたが、この「Rain」という曲はまだ20代前半、アルバムに5人がそれぞれソロ曲を収録するようになって初めての曲です。

そして、たくさんの素敵な名曲を抑えてファンの中での人気もNo1の曲でもあるのです。

2012年に国立競技場で開催されたアラフェス’12は楽曲のほとんどが、嵐が出したすべての曲からファンの投票で決められました。

そこで大野君のソロNo1曲として唄われたのがこの「Rain」なのです。

もちろん高い歌唱力と切れのいいダンスで切ない詞を歌いきっています。

初めてのツアーソロ曲披露の時に、普段ふわっとした雰囲気からガラッと変わるそのギャップ、インパクトが強かったのでしょう。

大人の大野君とは違った、若さゆえの危うさを切なく表現しているのもたまらないですね。

このようにおすすめの人気曲をアルバム収録曲の中からピックアップしてきましたが、明るくポップな曲は少なく、大野君の美声で届いてくる切ない想いや、静寂な夜、冷たく降りしきる雨といったしっとりした曲が人気のようです。まさに担当カラーの美しいブルーのイメージそのものです

しかし、アルバム以外のところに注目していくと、“歌のお兄さん”“怪物君”等のキャラクターで主題歌を明るく楽しく歌い上げています。

これが女性だけでなく“老若男女”すべての層から好かれる秘密なのですね。

最新アルバム「Are you happy?」でのソロ曲「Bad boy」を大解剖!!

2016年嵐は9年ぶりに「ARASHI “Japonism Show” in ARENA」でアリーナツアーを再開し地方都市を回りました。

そして後半から2017年1月にかけてアルバム「Are you happy?」をリリースし、5大ドームツアー「ARASHI LIVE TOUR 2016-2017 Are You Happy?」で活動中です。

その中で大野君が唄うソロ曲は「Bad boy」という曲です。

詞・曲・編曲ともにHARAJUKU KIDZさんの作品です。

テクノっぽいロックなリズムからバラードっぽいフレーズの錆の部分まで、今まで、切ない曲が多い大野君とは違う、ガンガン“攻める、踊る”大野智がみられます。

嵐の関連記事はこちら!

今後の活動もますます目が離せない!!2017年のソロ曲は?

2016年も歌、ドラマ・バラエティ・コンサートとトップアイドルとして駆け抜けた嵐そして大野智君。

大野君、2017年には映画の公開も決定しており、すでに大活躍の予感。

そして、2017年に発売されるアルバムの中に収録されるソロ曲は、果たしてロックなのか、バラードなのか、今からその日が楽しみです。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。