【関ジャニ∞】タカツキングって一体何者?話題になった名曲も紹介!【村上信五】

関ジャニ∞の楽曲で度々登場するラッパー、タカツキング。 タカツキングはご察しのとおり、関ジャニ∞メンバーの一人、村上信五と同一人物です。 今まで関ジャニ∞のアルバムやコンサートにも登場し、独自のラップを披露してきました。 今回は、タカツキングの誕生から、今までリリースされた名曲までとことん掘り下げていきます!

タカツキング=村上信五

【画像:フリー素材 フォトマテリアル

関ジャニ∞の楽曲で度々登場するラッパー、タカツキング。

タカツキングはご察しのとおり、関ジャニ∞メンバーの一人、村上信五と同一人物です。

今まで関ジャニ∞のアルバムやコンサートにも登場し、独自のラップを披露してきました。

タカツキングのファンも多く、あのマツコ・デラックスも大変気に入っているようです。

今回は、タカツキングの誕生から、今までリリースされた名曲までとことん掘り下げていきます!

そもそも、村上信五って?

まずは、タカツキングを知る前に、関ジャニ∞の村上信五について簡単に紹介します。

  • 氏名:村上信五(むらかみ しんご)
  • 生年月日:1982年1月26日
  • 血液型:AB型
  • 出身地:大阪府高槻市
  • 担当パート:キーボード
  • 愛称:しんちゃん、ヒナ

2004年に関ジャニ∞としてデビューした後、その巧みな話術から司会業も任されるようになった村上。

最近ではソロでも活躍しているため、メンバーの中で一番テレビで見かけるようになりました。

性格面では、しっかりしていそうな風貌の裏で、天然でちょっとおバカなところが可愛いとファンからも愛されている様子。

また、八重歯にくっきり二重でたれ目なところがチャームポイント!

ジャニーズとしてかっこいいだけでないのが、村上の魅力でもあります。

あの村上がラップ?!

事の発端は、関ジャニ∞のコンサート「十祭」で披露したラップが大ウケだったことから始まります。

十祭」では、ジャニーズメドレーがあり、先輩から後輩の曲まで歌いました。

その中で注目されたのが、嵐のデビュー曲「A・RA・SHI」のラップ部分。

本来は櫻井翔が歌っているところを、なんと村上が歌い上げたのです!

まさかの出来事に会場も爆笑でした。

たどたどしいラップが村上らしく、ここからラッパーへの道が開けるのです。

仕掛け人、横山裕!

村上を起用したのは、同じく関ジャニ∞の横山裕

横山は、エイトレンジャーの構成なども担当し、コンサートではプロデューサー的存在です。

十祭」で村上にラップをやらせたのも、横山が見たいがためだったそうです。

メンバーも「キング」と呼び、タカツキングの原型が出来上がりました。

当時村上は乗り気ではなく、スタッフに全てを委ねたのだとか。

ここまで反響があると思っていなかったのでしょう。

横山の采配と、村上の個性が光った出来事になりました。

人気番組、『月曜から夜ふかし』

村上とマツコ・デラックスの二人がMCを務める人気番組といえば、「月曜から夜ふかし」です。

毎週月曜日の23時59分から放送しています。

月曜から夜ふかし」は、世間で話題となっている様々な件を取り上げ、二人がトークを繰り広げるバラエティ番組です。

2012年から放送されていますが、人気はうなぎのぼり。

関ジャニ∞ファン以外からも愛されている番組となりました。

また、関ジャニ∞メンバーも毎週楽しみにしているという番組だそうです。

以前は村上人気調査ということで、関ジャニ∞メンバーで誰が一番好きかを街頭調査したことも。

村上愛が番組からも伝わってきました。

タカツキング誕生?!

実は、「月曜から夜ふかし」はタカツキングの誕生に大いに関わっているのです!

関ジャニズム発売当時、お蔵入りとなっていたキングのPVを番組上で放送すると、マツコのツボに入ります。

その際、PVではラッパーになりきっている村上が、番組で人気となった埼玉県入間市のラッパーである「イルマニア」と似ているということから、「TAKATSUKING」と命名されたのです!

ちなみに、タカツキングは、村上の出身地である「高槻市」から取っており、「高槻のキング」という意味。

そのPVは番組上で何回も放送され、マツコが村上をいじる流れができあがりました。

マツコのおかげで、タカツキングの名前が世に知れ渡り、ファン以外からも注目を集めることとなったのです!

タカツキングがTVガイドの表紙に!

2016年10月5日に販売されたTVガイドの表紙があのタカツキングだったのをご存知でしょうか?

シングル「パノラマ」のカップリングにタカツキングの新曲「王様クリニック」が収録されていることから表紙になったそう。

しかも、インタビューだけでなくグラビアも満載!

ノリノリで写真を撮られているキングを数ページにわたって見ることができます。

キングファンにはたまらない一冊ということで、ネットでも話題となっていました。

関ジャニ∞村上信五としてではなく、タカツキング自ら新曲の魅力について語っているところは必見です!

タカツキング名曲①愛 Love You

アルバム「関ジャニズム」より。

まだ当時はタカツキングではなく、「村上信五 A.K.A KING」という名義でのソロ曲でした。

しかし、キングのデビュー曲はやはりぶっ飛んでいました!

この曲で耳に残るのは「エビバーディー!」とキングが叫ぶ部分。

カタカナ英語にキングらしさが出ています。

また、「A・RA・SHI」のラップ部分が意図的にパクられているところがありますので、そこも笑って聴いてほしい部分です。

タカツキング名曲②LOVE&KING

アルバム「関ジャニ∞の元気が出るCD」より。

冒頭からタカツキングワールド全開の曲。

ぱぱぱ ぴぴぴ ぷぷぷ ペペペ ぱぴぷぺ〜」と頭の中でエンドレスに流れること間違い無し!

月曜から夜ふかし」で放送された際にも、マツコからいじられ、さらにはTwitterでトレンド入りもした衝撃作です。

コンサートでも、関ジャニ∞メンバーを引き連れ歌って踊るキング。

会場は大歓声に包まれていました。

タカツキング名曲③王様クリニック

シングル「パノラマ」のカップリング曲です。

世間を驚かせたのは、作詞作曲プロデュースがあの有名大物歌手だということ…!

その方は、「LA・LA・LA LOVE SONG」など数々の名曲を残している「久保田利伸」!

2016年11月14日に放送された「月曜から夜ふかし」にもゲスト出演を果たし、その関係性が話題となりました。

確かに、前作の2曲と比べたら、ラップも正統派で落ち着いた印象。

久保田さんがプロデュースしたのも納得のいくものとなっています。

今までの系統とは違う、大人なタカツキングを聴くことができる一曲です。

ラッパー、タカツキング!

関ジャニ∞の村上信五=タカツキングは、ラップもこなす個性派です。

横山のプロデュースからラップ担当となり、今までの真面目な一面だけでなく、曲の振り幅が広がった村上。

タカツキングが歌う曲は「月曜から夜ふかし」でも大々的に取り上げられ、関ジャニ∞がさらに世間に認知されるきっかけとなっています。

タカツキングのさらなる活躍を期待して、これからも応援し続けましょう!

 

キングファンも必見!関ジャニ∞オススメ関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。