NEWSグッズをハンドメイド♡あなたオリジナルの手作りグッズを作っちゃお!

NEWSと言えば、グッズがオシャレなことで有名です!コンサートグッズなどは、メンバーがアイデアを出し、こだわって作られたものばかり。しかし、それはファンならみんな持っているもの・・・。自分だけのオリジナルグッズ、欲しいと思いませんか?実は、NEWSにちなんだ手作りグッズをハンドメイドしている方、たくさんいるんです!難しそう、と思ったあなた!実は、とても簡単な作り方で、ハンドメイド初心者でも挑戦できる「ある方法」があるんです。NEWSの手作りグッズに興味のある皆さんに、その「ある方法」を教えちゃいます♡あなただけのオリジナルNEWSグッズ、作ってみましょう!

自分だけのオリジナル!世界に一つのNEWSグッズをハンドメイドしよう♡

%e3%83%93%e3%83%bc%e3%82%ba2

NEWSと言えば、グッズがオシャレなことで有名です!コンサートで売られるグッズなどは、メンバー本人たちがアイデアを出し合い、とことんこだわって作られたもの。他グループのファンも絶賛するほどのステキなグッズばかりなのです。

しかし、それはファンならみんな持っているもの・・・。自分だけのオリジナルグッズ、欲しいと思いませんか?

実は、NEWSにちなんだ手作りグッズをハンドメイドしているファンの方、たくさんいるんです!ピアスやストラップ、ネックレスなどなど種類は様々。また、コンサートツアーのロゴをモチーフにしたものや、メンバーカラーで作られたものなど、バリエーションも豊富です。

中には、作り方が難しく、ハンドメイド上級者向けのものもあります。しかし!実は、とっても簡単な作り方で、ハンドメイド初心者の方でも挑戦できる「ある方法」があるんです。

NEWSの手作りグッズに興味のある皆さんに、その「ある方法」を教えちゃいます♡あなただけのオリジナルNEWSグッズ、作ってみましょう!

NEWSファンの皆さんの手作りグッズを見てみよう!!

では、NEWSファンの皆さんは、実際にどんなグッズをハンドメイドしているのでしょうか!?

ネックレス

小山慶一郎→紫、手越祐也→ピンク、増田貴久→黄色、加藤シゲアキ→緑というメンバーカラーで手作りグッズを作られる方、多いですね。前面にNEWSを押し出さず、自分だけが分かるというさりげないNEWSグッズが作れます。やはり、皆さん自分の好きなメンバーのイメージカラーでハンドメイドしたいですよね!

また、コンサートツアーのロゴをデザインに使う方も多いですね。「W」の文字は、2015年のコンサートツアー「White」のロゴとして使われました。「White」のロゴはそれ自体がとてもかわいいので、チャームにするととてもオシャレなアクセサリーになります。

ピアス

「N」「E」「W」「S」の文字を使った自作グッズのピアスも可愛いですね。さりげないNEWS感がオシャレです。

こちらは2016年のコンサートツアー「QUARTETTO」のロゴとなっていた「ト音記号」を使った手作りピアスです。NEWSファンにだけ「あ!」と気づいてもらえるようなさりげなさが、ファンの心をくすぐります。

ストラップ

NEWSの文字をそれぞれのメンバーカラーにするというデザインのストラップも素敵です。ストラップなら、これくらいNEWSをアピールしているものもアリですね。コンサートツアー「White」のロゴもストラップにピッタリ合っています。

こちらは2013年に行われたNEWS10周年記念コンサートのロゴ「〇△□♡」を使っての手作りグッズです。NEWSにちなんだロゴではありますが、このアクセサリー単体としても、とてもオシャレで素敵なデザインとなっています。

作り方は簡単!憧れのオリジナルグッズが作れる「あの方法」・・それは「UVレジン」!

%e3%83%8d%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b9

皆さん、素敵なデザインのオシャレなグッズを作られていますね!一見、難しそうでとても真似できない・・・と思うのではないでしょうか。しかし、こうした手作りグッズの多くには、実は同じ方法が使われています。冒頭でもお話しした「ある方法」・・・それは「UVレジン」です!

初めて聞いたという方もいらっしゃると思います。「UVレジン」とは、「紫外線硬化樹脂」という「樹脂」のことです。つまり、「UV=紫外線」に当たると「固まる樹脂」なんです。

オリジナルグッズをハンドメイドする際に、この特性を利用します。

「UVレジン」をお好きな型に流し込み、その中にビーズやアクセサリーパーツをデザインしたら、紫外線(太陽光)に当てるだけ!これだけなんです!

と言ってもイメージが沸きにくいですよね。「UVレジン」を始めるに当たって、準備するものと作り方について、もっと詳しくご説明します。

「UVレジン」に必要なもの☆

%e3%83%93%e3%83%bc%e3%82%ba3

まず、UVレジンを使ったハンドメイドを始めるために、必要な材料をご紹介します。

◎UVレジン液

ハンドメイドショップやネット通販で購入できます。本来は無色透明ですが、すでにラメの入っているものや、着色されているものもあります。

◎ピンセット

レジン液の中に細かいパーツを入れる際に必要です。硬化していないレジン液に触れると、かゆみや湿疹が出る方もいらっしゃいます。必ずピンセットを使いましょう。

◎つまようじ

UVレジン液を流し込んだ際にできる気泡をつぶしたり、レジン液に着色する時などに使います。よりきれいな仕上がりにするため、必要不可欠です。

◎UVライト

UVレジンを硬化させるための紫外線を照射してくれる道具です。もちろん太陽光でも硬化させることはできますが、30分~1時間程度かかります。UVライトであれば5分前後で固まりますので、時間短縮になります。

◎お好みの型

チャームタイプの型を使うと、ネックレス、ピアス、ストラップと色々組み替えて使うことができます。100円均一ショップなどでも手軽に購入できます。初心者の方には、底がある型をおすすめします。

◎シリコン製のマット もしくは テープ

底がないタイプの型を使う場合、シリコン製のマットの上で作る必要があります。レジン液が固まった後にきれいにはがすことができます。マットの代わりに、型の底の部分にテープを張り、硬化後に剥がす、という方法もあります。

◎デザインに使いたいビーズやアクセサリーパーツ

アルファベットや、メンバーカラーのビーズ、ツアーロゴをプリントした紙を切り抜いたもの、などなど、お好みのパーツが使えます。

◎マニキュアや絵の具

ちょっと上級編ですが、マニキュアや絵の具をレジン液に混ぜることで、無色透明のレジン液を着色することもできます。

材料が揃ったら始めよう!「UVレジン」の作り方☆

では、実際にどうやって作るのか、作り方をご紹介します。

初めてUVレジンに挑戦する、という初心者の方向けの、ごく基本的な作り方です。

1. お好きな型の半分くらいまでレジン液を入れる

2. 気泡が入ってしまった場合は、つまようじで気泡をつぶす

3. UVライトを3~5分ほどあてる

4. レジン液が固まったら、その上にピンセットでお好きなパーツをデザインする

5. その上に、レジン液を型からはみ出ないよう流し込む(表面張力のようにぷっくりさせるとなおよし!)

6. UVライトを3~5分ほどあてる

これだけです!簡単ですね!

しかし、文章で読んだだけでは分からない・・・という方も多いと思いますので、コチラをご覧ください。

ブログやTwitterなどで、「UVレジン」を使ったハンドメイド作品の作り方を紹介してくださっている方がいらっしゃいます。

動画で見ると、よりイメージが沸きやすいのではないでしょうか。

また、ブログでNEWSのオリジナルグッズや、その作り方を紹介している方もいます。

あやパンダはまっすーLOVE♥ 手作りグッズ★WHITEペンラ風アクセサリー★

あやパンダはまっすーLOVE♥ 手作りQUARTETTOストラップ★

こちらのブログを書かれている、ニックネーム増ラブ★あやパンダさんは、まさにハンドメイドのプロ!ブログ内でも、たくさんの作品を紹介しています。また、UVレジンを使った分かりやすいアクセサリーの作り方なども投稿されていますので、ぜひ参考にしてください。

それでも自作グッズは難しい・・・という不器用さんにはコチラ!!

このように、「UVレジン」はハンドメイド初心者の方にとてもおススメな方法です!が・・・、それでもやっぱり自作グッズは苦手・・・でも、NEWSのオリジナルグッズが欲しい!という方に朗報です。

ハンドメイドが得意なファンの方が、素敵なオリジナルNEWSグッズを販売しています。また、抽選でプレゼント!という企画をされている方もいらっしゃいますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

関連するおすすめの記事

簡単にトライできる「UVレジン」で、あなたもオリジナル手作りグッズを作ってみよう☆

簡単にオリジナルNEWSグッズをハンドメイドできちゃう「UVレジン」という方法をご紹介しました。意外に簡単な作り方なので、やってみようかな、と思った方も多いのではないでしょうか。ピアスやネックレス、ストラップなど、いつもNEWSを身近に感じられるアクセサリーこそ、自分の好きなデザインで作りたいですよね!世界に一つだけのオリジナルNEWSグッズなんて、とても魅力的です。さりげなく、それでいて気分をあげてくれる、そんな手作りグッズ♡ぜひ挑戦してみませんか!?

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。