【関ジャニ∞】おすすめ曲満載♡ドラマ主題歌を今すぐチェック

関西出身のメンバーで結成された関ジャニ∞。お笑い芸人にも匹敵するトーク力で、「ジャニーズのお笑い担当」と称されることも。しかし、彼らの魅力はそれだけじゃない!バンド力や歌唱力、さらにはドラマで見せる演技力にも定評が。今記事では、関ジャニ∞が現在までに出演し担当した、ドラマの主題歌を特集します。ドラマのあらすじや平均視聴率も、あわせて振り返りましょう。

笑いのセンスだけじゃない!実力派グループ関ジャニ∞

a1300_000023_m

大阪・兵庫・京都出身のメンバーで結成されたアイドルグループ、関ジャニ∞。関西弁で繰り広げる絶妙な「ボケとツッコミ」からはメンバー同士の仲の良さが感じられ、そこが好きだと言うエイター(=関ジャニ∞のファン)もたくさんいます。また、ジャニーズアイドルらしからぬ赤裸々トークで、男性からの人気も高いグループです。世間のイメージも、「関ジャニ∞=ジャニーズのお笑い担当」といったところでしょう。

そんな明るいキャラクターから、音楽番組だけではなくバラエティでの活躍も目立つ関ジャニ∞ですが、実は数多くのドラマにも出演しています。また、ドラマを彩る主題歌を担当することも。主題歌になった楽曲は人気が高く、放送から数年たった現在もコンサートなどで披露されています。

今回は、関ジャニ∞が出演したドラマの主題歌を、あらすじや名言、平均視聴率と共に紹介します。笑いのセンスだけではない関ジャニ∞の魅力が満載です!

2010年「GM〜踊れドクター」主題歌『LIFE〜目の前の向こうへ〜』

magnifier1_doctor

関ジャニ∞最年少メンバー、大倉忠義出演。主演は、ジャニーズの先輩である東山紀之です。

舞台は、総合診療科。医療を題材にした多くのドラマは病気の「治療」に重点が置かれていますが、本作品でのポイントは、病気の「特定」。東山紀之演じる主人公が、患者の言葉や行動などから病名を言い当て解明していく姿は名探偵のようでした。

また、大倉忠義演じる看護師をはじめ、登場するキャラクターはみんな個性的。コミカルな描写が多いところも特徴です。

  • 平均視聴率10.1%
  • ドラマ主題歌の聞きどころ

    15枚目のシングル『LIFE〜目の前の向こうへ〜』は、関ジャニ∞初のドラマ主題歌。しかも、初のバンド形態でCDリリースされたため、男エイターと呼ばれる男性ファンが増えるきっかけとなりました。エイターだけではなく関ジャニ∞メンバーからも、思い入れのある曲や好きな曲を語る際に必ずと言っていいほど名前があがる一曲です。

    また、演奏だけではなく歌詞も、人気の理由。「どれだけ悲しくても涙をこぼしても、まだ見えない希望に向かって進んでいく」という前向きな内容で、夢を追いかける人の背中を押してくれる楽曲です。

    2011年「犬を飼うということ〜スカイと我が家の180日〜」主題歌『マイホーム』

    pet_dog_boy

    主演は、爽やかな好青年からDV男まで幅広い役柄を演じる錦戸亮。本作品では二児の父、本郷勇次を演じました。

    8歳の長男でさえ「いつか家族が崩壊する」と言っているほど、危機的状況の本郷家。家族それぞれが悩みを抱えているにも関わらず、言いだせずにいました。そんなある日、長女が見つけた一匹の子犬を飼うことに。犬を飼うということをきっかけに家族と向き合う、ホームドラマでした。

  • 平均視聴率8.47%
  • ドラマ主題歌の聞きどころ

    タイトルからも伝わるよう、テーマは家族。「いつだって家族が、当たり前のように帰りを待っていてくれる」様子を描いた優しい歌詞は、一人暮らしのエイターなら思わず実家に帰りたくなるのではないでしょうか。かけがえのない家族の大切さに、改めて気付かされる一曲です。ドラマに主演した錦戸亮をはじめ関ジャニ∞のメンバーたちも、この曲が好きだと語っています。

    2011年「生まれる。」主題歌『365日家族』

    akachan_okurumi

    田中美佐子演じる林田愛子は51歳で妊娠。それをきっかけに、母親と四姉弟がそれぞれに葛藤を抱えながら「命」や「絆」について悩み、「生きる」ことを考えるヒューマンドラマです。

    林田家の長男を演じたのは、関ジャニ∞メンバーの大倉忠義。ちなみに次男を演じたのは、当時ジャニーズJrで現在Sexy Zoneの、中島健人でした。

  • 平均視聴率10.3%
  • ドラマ主題歌の聞きどころ

    「365日春夏秋冬、いつだって家族は見えない絆で繋がっている」ことを歌う、バラードナンバー。マイホームと同様、家族愛がテーマになっています。曲の冒頭を歌っているのは、ドラマにも出演した大倉忠義。のびやかで心地いい歌声に、これまでの関ジャニ∞の楽曲とはまた違う、落ち着きや優しさを感じられます。

    実はこの曲、サザンオールスターズの桑田佳祐が自身のラジオ番組内で名曲として紹介したことも!

    2011年「全開ガール」主題歌『ツブサニコイ』

    badge_bengoshi

    新垣結衣主演の、フジテレビ系月9ドラマ。主人公の鮎川若葉は、国際弁護士を目指す、完璧主義の才女です。子どもも育児も嫌いな若葉ですが、採用された事務所でベビーシッターを任されることとなり、イクメンの山田草太と関わることに。

    子育て事情を踏まえながら親子愛や家族愛についても描かれる、子育てラブコメディーです。

    お人よしのイクメンを、錦戸亮が演じました。

  • 平均視聴率12.3%
  • ドラマ主題歌の聞きどころ

    まずはイントロ。エレキギターの音色が印象的です。ライブでは安田章大が、バラエティ番組では見られない男らしい表情で鳴らしています。

    歌詞は男性から女性へ、「不器用ながら大切な君へ、好きという気持ちを精一杯伝える」というもの。関ジャニ∞楽曲の中でも指折りのストレートなラブソングで、女性なら思わずキュンとしてしまいそうです。

    2012年「パパドル!」主題歌『愛でした。』

    wedding_couple

    錦戸亮が本人役で主演。関ジャニ∞のメンバーも、本人役で出演しています。

    内容は、人気アイドルの錦戸亮が世間に極秘で、優香演じる一般人のシングルマザーと結婚していた・・・というもの。その裏で起こる数々の騒動をコミカルに描く、ホームコメディードラマです。作中では関ジャニ∞主演映画「エイトレンジャー」や、TBS他番組とのコラボレーションが行われるなど、さまざまな挑戦がなされました。

  • 平均視聴率8.2%
  • ドラマ主題歌の聞きどころ

    「LIFE〜目の前の向こうへ〜」以来、CD売上25万枚を突破。人気の高い楽曲で、2016年に行われた「関ジャニ∞リサイタル 真夏の俺らは罪なヤツ」では、ラストに披露されました。

    「孤独な日々に心が求めていたものこそ、君の愛でした」と、ストレートに歌っており、結婚式にもピッタリの一曲です。

    2012年「ボーイズ・オン・ザ・ラン」主題歌『あおっぱな』

    sports_boxing_glove

    人気コミックスのドラマ化で、主演は関ジャニ∞の元気印・丸山隆平。彼にとって初めての、連続ドラマ主演作品です。

    主人公の田西敏行は平凡な会社員で、彼女いない歴=年齢。自分にとって不利益なことが起きても男らしく主張できず、公私ともに散々な日々を送っていました。そんな冴えない男が、屈辱的な失恋や平愛梨演じる大厳花との出会い、待ち受ける不条理な現実に翻弄されながらも、人間的に成長していく様子を描いたドラマです。

    ジャニーズのアイドルとは思えないほど、体を張ってダメ男を演じ切った丸山隆平の演技に、コミックス作者も太鼓判を押しています。

  • 平均視聴率5.9%
  • ドラマ主題歌の聞きどころ

    「青くさくイキがって赤っ恥をかきながらも、がむしゃらに夢に向かう」という、青春ソング。アルバム「FIGHT」収録のモンじゃい・ビートに続き、「怒髪天」ボーカルの増子直純が作詞、ギターの上原子友康が作曲を担当しています。ポップでハイテンションな楽曲は、気分が乗らない朝にもピッタリ!

    PVで振付をチェックすれば、より盛り上がること間違いなしです。

    2013年「お天気お姉さん」主題歌『へそ曲がり』

    job_otenki_oneesan

    主役の気象予報士を演じるのは、武井咲。美人で天才だが無愛想なお天気キャスター安倍晴子が、天気の知識を元に様々な難事件を解決する、新感覚の推理ドラマです。

    安倍晴子とタッグを組むのが、どこか抜けたゆとり世代の新人刑事、青木豪太。大倉忠義が演じました。毎回、気象に関する知識を語る安倍晴子の、長台詞も話題となりました。

  • 平均視聴率9.8%
  • ドラマ主題歌の聞きどころ

    聞いているだけで体が動きだしそうな、関ジャニ∞らしいアッパーチューン。「立ちはだかる困難さえ、面白がって突っ込んでいけ!」と鼓舞する歌詞になっています。冒頭の力強い歌声は、メインボーカルの渋谷すばる。難しいリズムですが、さすがの歌いっぷりです。

    CDは、錦戸亮が主演した映画の主題歌「ここにしかない景色」との両A面シングルとしてリリースされました。

    2013年「よろず占い処 陰陽屋へようこそ」主題歌『ココロ空モヨウ』

    job_uranaishi

    人気小説シリーズのドラマ化です。主人公は、とある商店街でよろず占い処「陰陽屋」を営む陰陽師・安倍祥明。関ジャニ∞の錦戸亮が演じました。安倍祥明に霊能力はなく、言動も冷淡。しかし巧みな話術で、なぜかどんな悩みも解決します。

    よろず占い処「陰陽屋」のアルバイト店員・沢崎瞬太は、Hey! Say! JUMPの知念侑李が演じました。

    「会える運命の相手なら、探さなくても必ず会える」など、毎話出てくる主人公の名言も印象的です。

  • 平均視聴率8.7%
  • ドラマ主題歌の聞きどころ

    「心ひとつで誰でも、マイナスをプラスに変えられる」という前向きな歌詞が爽やかなメロディーに乗る、ポジティブな楽曲。目の前が開けていくかのような広がりと盛り上がりを期待させる、サビ前の渋谷すばるソロは、必聴です!

    2014年「Dr.DMAT」主題歌『ひびき』

    job_dmat

    漫画を原作としたドラマで、主人公の八雲響を大倉忠義が演じました。彼にとって初となる、連続ドラマ主演作品です。

    地震や火災などの災害現場で被災した人の命をつなぐ、東京DMAT隊員の奮闘を描くヒューマンドラマ。十分な医療環境が整えられていない災害医療の現場に関わる中、主人公は少しずつ成長していきます。

    命を扱ったドラマなので、作中には深い名言がたくさん出てきました。第一話に出てきた「10秒迷えばひとつの命が消えていく」というセリフは、あまり馴染みのない災害医療の仕事を端的に表した名言ではないでしょうか。

  • 平均視聴率6.9%
  • ドラマ主題歌の聞きどころ

    「ココロ空モヨウ」に続く、3ヶ月連続シングルリリースの第2弾。「愛しい人と手を繋ぎ、未来を信じて共に進みたい」という、壮大な愛を歌っています。ミディアムナンバーだからこそ、歌声はいつもよりしっとり。ポップなだけではない関ジャニ∞の一面を、堪能できます。

    2014年「ごめんね青春!」主題歌『言ったじゃないか』

    group_student

    脚本は、宮藤官九郎。静岡県三島市を舞台に、錦戸亮演じる主人公の罪と赦しを描く学園青春コメディードラマです。

    「ドラマの中だけでも平和で楽しい学園生活を」との思いから、いじめなど現実的な問題はあえて描かれていません。いたるところに散りばめられたギャグの数々が、まさにクドカンワールド!

    主人公の原平助が務める仏教系の男子校と、隣接するカトリック系の女子校は、14年前に起こった未解決事件以来、犬猿の仲。2校の合併を成功させるべく、原平助と生徒たちの奮闘がはじまります。

  • 平均視聴率7.7%
  • ドラマ主題歌の聞きどころ

    作詞を宮藤官九郎、作曲を銀杏BOYZの峯田和伸が担当。ドラマ第一話の最後に流れるのですが、映像と楽曲が最高にマッチしていました。歌詞は宮藤官九郎いわく、「言ったじゃないか大喜利」。ユーモア溢れる関ジャニ∞のキャラクターとも、マッチしています。

    サウンドは、正統派のロック。コンサートではもちろん、バンド形態で披露されています。丸山隆平が奏でるBメロのベースは最高にクール!アイデアが面白いPVも、チェックしてみてください。

    2014年「地獄先生ぬ〜べ〜」主題歌『がむしゃら行進曲』

    youkai_yukionna

    人気コミック初の実写化で、丸山隆平が主演を務めました。「鬼の手」を持つ教師・ぬ〜べ〜こと鵺野鳴介(ぬえのめいすけ)が、妖怪や悪霊から生徒を守る学園アクションドラマ。原作では小学校が舞台でしたが、ドラマ版では高校に変わっています。

    生徒の一人・栗田まことを演じたのはHey! Say! JUMPの知念侑李で、8話と9話にはゲストキャラクターとしてHey! Say! JUMPの山田涼介が出演しました。

  • 平均視聴率10.2%
  • ドラマ主題歌の聞きどころ

    アップテンポで元気あふれる楽曲。学校が舞台のドラマにふさわしく、曲中には学校のチャイムとして聞き覚えのあるメロディーが入っています。

    「ようかい体操第一」で有名なラッキィ池田によるキャッチーな振付を覚えれば、関ジャニ∞のコンサートがさらに楽しくなること間違いなし!

    2015年「ドS刑事」主題歌『強く 強く 強く』

    muchi

    人気推理小説シリーズのドラマ化。主人公のドSな女刑事を多部未華子が、相方のへたれ巡査を大倉忠義が演じました。犯人をいたぶりたいとの理由で刑事を志した黒井マヤ。代官山脩介は彼女にこき使われながらもバディを組み、さまざまな事件を解決していきます。

    作中では「バッカじゃないの?」「代官様、行くわよ!!」など、ドSな主人公らしい名言が多数登場しました。

    ドラマ主題歌の聞きどころ

    ドSなドラマとは違い主題歌は、美しいミディアムナンバー。関ジャニ∞楽曲の中でも特に、壮大な印象です。

    「悲しみや寂しさを感じた時でも空は繋がっていることを忘れないで。自分のままで強く生きて」との、優しいメッセージが込められています。

    2015年「サムライせんせい」主題歌『侍唄 (さむらいソング)』

    samurai

    漫画作品のドラマ化。幕末からタイムトラベルで現代にやって来た侍・武市半平太が主人公。演じたのは、関ジャニ∞の中で一番多くのドラマに出演する錦戸亮です。実在の人物である武市半平太が現代日本で塾講師となり、現代社会の疑問を切っていく、コメディードラマでした。

    武市半平太と同じ土佐藩出身の志士・坂本龍馬も、現代にタイムトラベル。神木隆之介が演じました。

    ドラマ主題歌の聞きどころ

    歴史をモチーフにした楽曲で知られるアーティスト、レキシこと池田貴史が作詞・作曲を担当。主演を務めた錦戸亮が以前からファンであったレキシに、主題歌をオファーしたのだとか。

    現代では忘れかけられている一途な心が、ストレートに表現されています。愛する人にまっすぐ心の内を伝えるさまは、まさに侍。いかなる時も「おかえり」と笑って迎えてあげられる女性に、なりたいものです。

    今後も見逃せない!関ジャニ∞出演ドラマ

    元気で陽気なイメージのアイドルグループ、関ジャニ∞。しかし彼らの楽曲を聞けば、真面目な曲をしっかり歌いあげていることにも、気付くでしょう、特にメンバー出演ドラマの主題歌は、バラードからラブソングまでさまざまなジャンルを網羅!関ジャニ∞メンバーもお気に入りの名曲が揃っているため、関ジャニ∞に興味が湧いてきた人への入門としてもピッタリです。

    また、ドラマで見せる演技にも注目を。役柄の幅に驚く錦戸亮、へたれや天然ボケが妙にはまる大倉忠義、体当たりの演技で魅せる丸山隆平など、個々の魅力を発見できること間違いなしです。

    他にも、繊細な感情をナチュラルに演じる安田章大や、クールなイケメン役を演じることが多い横山裕など、今回紹介のなかったメンバーの演技もチェックしてみてください。

    今後も数々のドラマに出演するであろう関ジャニ∞。主題歌や演技から、目が離せません。

    関ジャニ∞のおすすめ関連記事はこちらから

    コメントお待ちしております

    内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。