知ってる?キスマイ(Kis-My-Ft2)のジュニア時代!知れば、もっと好きになる。

今年結成11年目を迎えたKis-My-Ft2(キスマイフットツー。通称キスマイ)。キスマイはジュニア時代、結成からデビューまで7年もの歳月がかかりました。ジュニア時代に事務所の同期や後輩がどんどん先にデビューしていく中、コンサートや舞台経験を地道に積んで、ようやく勝ち取ったデビューだったのです。今回は意外に知られていないキスマイのジュニア時代のエピソードをご紹介します。

今や大人気のキスマイ(Kis-My-Ft2)のジュニア時代、実はこうでした。

今年結成11年目を迎えたKis-My-Ft2(キスマイフットツー。通称キスマイ)。華々しいデビューを飾り、リリースしたCD・アルバムは全てオリコン1位を獲得しました。さらに冠番組やレギュラー番組持ち、世間で一躍有名になりました。

しかし、そんなキスマイはジュニア時代、結成からデビューまで7年もの歳月がかかりました。

ジュニア時代に事務所の同期や後輩がどんどん先にデビューしていく中、コンサートや舞台経験を地道に積んで、ようやく勝ち取ったデビューだったのです。

今回は意外に知られていないキスマイのジュニア時代のエピソードをご紹介します。

順風満帆ではなかったジュニア時代。キスマイは忍耐と努力のグループだった!

2011年のデビューから輝き続けるキスマイ

2011年8月10日にデビューしたキスマイは、昨年結成10周年を迎え、今年11年目に突入しました。さらにデビュー5周年を迎えました。

東京・恵比寿ガーデンプレイスでデビュー記念イベントを開催し、デビューから最速での東京ドーム公演を果たすなど華々しいデビューを飾りました。現在シングル17枚、アルバム6枚を出しており、全てオリコン1位を獲得し、2012年には第26回 日本ゴールドディスク大賞 (ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー邦楽部門)を受賞しました。また、冠番組やレギュラー番組、ラジオ番組を持つなど大活躍しています。

7年に渡るキスマイのジュニア時代の下積み

しかし、そんなキスマイが実はジュニア時代7年にもわたる下積みを経験していたことを知っていますか?

ジュニア時代、事務所の同期や後輩がどんどん先にデビューしていく中、コンサートや舞台経験を地道に積んで、ようやく勝ち取ったデビューだったのです。

そんなキスマイのジュニア時代のエピソードを紐解き、デビューに至るまでの軌跡を辿っていきましょう。

結成日、メンバー、入所時期に同期…。キスマイジュニア時代を詳しく知りたい!

2

キスマイのジュニア時代を語る前に、まず紹介したいのがKis-My-Ft.(キスマイフット)というグループです。

2004年4月に結成され、グループ名は当時のメンバーのイニシャルから1文字ずつ取ってつけられました。

その後、メンバーの入れ替わりがあり、2005年7月26日にキスマイが結成されました。

キスマイ(Kis-My-Ft2)のグループ名の由来は?

キスマイ(Kis-My-Ft2)のグループ名はメンバーのイニシャルから1文字ずつ取り、さらに「タップダンサーのグレゴリー・ハインズが尊敬するサミー・デイビス・ジュニアの靴にキスをしたという逸話」も踏まえて付けられたそうです。

<キスマイメンバー>

Ki北山宏光

s 千賀健永

M 宮田俊哉

y 横尾渉

F 藤ヶ谷太輔

t 玉森裕太

2 二階堂高嗣

キスマイメンバーの入所時期と気になる同期は?

キスマイの中で最も入所時期が早かったのは、藤ヶ谷でした。

入所したのは1998年で、同期はA.B.C-Zの五関晃一・塚田僚一、KAT-TUNの上田竜也・中丸雄一・亀梨和也、NEWSの増田貴久です。

続いて2001年に入所したのは横尾、宮田、二階堂でした。

同期にはNEWSの小山慶一郎、Hey!Say!JUMPの薮宏太・伊野尾慧がいます。

2002年には北山と玉森が入所しました。

NEWSの手越祐也、Hey!Say!JUMPの八乙女光、ジャニーズWESTの濱田崇裕・桐山照史が同期です。

メンバーの中で一番最後に入所したのは千賀で、2003年でした。

同期は、Hey!Say!JUMPの有岡大貴・知念侑李、ジャニーズWESTの中間淳太です。

ジュニア時代を共にした同期や後輩が次々とデビューしていく中、メンバーもファンも悔しい思いをしたのではないでしょうか。

ジュニア時代のキスマイと、気になるあのグループとの関係は?

3

ジュニア時代、キスマイは先輩グループ・同期グループ・後輩グループなど、様々なグループのバックとして活躍していました。

その活躍の場は、コンサートだけではなく舞台にも及びました。

多くのバックとしての経験が、今のキスマイの活躍の原点となっているのではないでしょうか。

キスマイがジュニア時代にバックを務めていたグループとは?そしてデビューを引き寄せた舞台とは?

気になる情報を一気にご紹介します!

ジュニア時代にキスマイがバックをつとめたのは、あのグループ!

藤ヶ谷と北山はキスマイが結成される前、嵐のバックで踊っていました。

2005年にキスマイが結成されてからは、タッキー&翼やKAT-TUN、NEWSのコンサートのバックを務めていました。

2005年に発売され、ミリオンを記録した、亀梨和也と山下智久のデュエット・修二と彰による「青春アミーゴ」には北山・千賀・藤ヶ谷・二階堂が参加しました。

2008年にはHey!Say!JUMPのデビュー&ファーストコンサートのバックも務めました。

KAT-TUNのバックの印象も強いキスマイ(Kis-My-Ft2)

そして、KAT-TUNのバックと言えばキスマイ。

そう思っているジャニーズファンも多いと思います。

バックを務めていた期間もさることながら、2010年のKAT-TUN -NO MORE PAIN- WORLD TOUR では”with Kis-My-Ft2″と題されていたからです。

このツアー中、KAT-TUNメンバーの赤西仁の脱退発表があり、多くのファンは不安な気持ちを抱えながら会場に足を運んでいました。

そんな中、キスマイは単独で「祈り」を歌ったり、KAT-TUNと一緒に「Fire Beat」を歌ったりと、今まで以上にお客さんを楽しませようと全力でパフォーマンスをしていました。

バックダンサーとしてのKis-My-Ft2ではなく、KAT-TUNと共にステージを背負っているんだという責任感と覚悟を感じたツアーでした。

ジュニア時代にジャニー社長に「YOUたちはKAT-TUNの弟分だから」と言われた所以もここにあるのではないでしょうか。

キスマイデビューを引き寄せたジュニア時代の舞台経験。

キスマイとしての最初の活動は、品川ステラボールで行われた舞台「SUMMARY」でした。

その後もDREAM BOYS、PLAYZONE 2005等数々の舞台に出演します。

ローラースケートだけでなく、歌、ダンス、演技のスキル・経験は舞台で培っていったと言っても過言ではありません。

中でも滝沢秀明と共演した舞台「滝沢演舞城」「滝沢歌舞伎」では、故・森光子さんとも共演するなど着々と演技力を身に着けていきました。

そして2009年に少年隊が長年行っていた「PLAY ZONE」の主演に北山・藤ヶ谷・玉森が抜擢されます。

その後A.B.C-Zと共に出演した2010年9月の舞台「少年たち~格子無き牢獄~」を見たジャニー喜多川氏は、キスマイのデビューを決意したそうです。

ジュニア時代、地道に、着実に舞台の場数を踏んできた彼らだからこそ、その舞台を以てデビューを勝ち取れたのではないでしょうか。

ジュニア時代のキスマイコンサートと茶封筒事件!

4

出典:写真ACより

ジュニア時代のコンサートと、忘れることはない茶封筒事件を振り返りましょう。

「ザ少年倶楽部」とキスマイ(Kis-My-Ft2)の人気

ジュニア時代、キスマイとA.B.C-ZがNHKBSプレミアムのジャニーズJr出演番組「ザ少年倶楽部」(通称少クラ)のMCを務め、キスマイは当時のジュニア人気を牽引していました。

2008年10月には”A.B.C-Z Kis-My-Ft2 ファーストコンサート in 横浜アリーナ”が開催され、翌月には”A.B.C-Z Kis-My-Ft2 ファーストコンサート 再再追加公演!”が行われました。

2つのグループは”エビキス”と呼ばれ、コラボ曲も発表しました。

その後、キスマイは、2009年10月~12月に”Kis-My-Ftに逢える de Show”、2010年3月~5月に”Kis-My-Ftに010 逢えるde Show”、そして2010年12月~2011年2月に”Kis-My-Ftに逢えるde Show vol.3″を開催しました。

運命の2011年2月12日、幸せの茶封筒。

ファンにとって忘れられない2011年2月12日。

その日、東京の国立代々木競技場第一体育館でコンサートが行われていました。そのMCの最中、ジャニーズJr.の安井謙太郎が突然現れました。

安井の手には、茶色い封筒。それを北山に手渡しました。

リハーサルには無かった演出に、戸惑うメンバーと、ざわめくファン。

この時ファンの間では「もしかして」という期待と「でもやっぱり」という不安が入り混じっていました。

キスマイデビュー「もしかして」の期待の裏側

「もしかして」と思う理由は、前年の2010年からの”露出”にありました。

ドワンゴのCMに出演し、dwango.jpからオリジナル曲である「FIRE BEAT」と「祈り」が配信されたこと。そして着うたフル月間ランキングで、「祈り」が1位、「FIRE BEAT」が2位にランクインし、1位・2位を独占したこと。

ワニブックスから発売された初の写真集『Kis-My-Ft2-1st』は「オリコン2010年 年間“本”ランキング」の写真集部門で10位を記録したということ。

横尾がフジテレビ系ドラマ「フリーター、家を買う。」に出演したこと。

そして極め付けは2011年に入り、1月12日スタートの日本テレビ系ドラマ『美咲ナンバーワン!!』に北山と藤ヶ谷が出演し、オリジナル曲の「FIRE BEAT」をアレンジした「No.1〜FIRE BEAT」がオープニング曲に起用されたことです。

ファンは、今まで以上に世間でのキスマイの知名度が上がっている実感を持っていたと言えます。

これまでにも北山が期間限定ユニット・Kitty GYMのメンバーとして女子バレーボール・ワールドグランプリ2006のスペシャルサポーターを務めたり、玉森が日本テレビ系ドラマ「ごくせん」に出演したりしていましたが、これほどまでに立て続けに露出が増えることは初めてでした。

「でもやっぱり」というのは、これまで同期や後輩が先にデビューしていくのをファンも目の当たりにしてきたので、期待しすぎないようにしていたのかもしれません。

しかし、封筒を開け、中に入っていた紙には「デビュー決定」の文字が綴られていました。

メンバーとファンの歓声と泣き声が会場を覆い、待ち望んでやまなかった「デビュー」という夢が叶った瞬間でした。

ジュニア時代のキスマイを映像で見たい!

キスマイメンバーのジュニア時代の姿を見てみたい…!という方のために、出演DVDをご紹介します。

中には映りこんでいるだけ、というものもありますが、それも貴重な下積み時代のワンシーンとしてお楽しみください!

2002年のキスマイDVDなら

  • KAT-TUN「お客様は神サマーConcert 55万人愛のリクエストに応えて!!」(藤ヶ谷・横尾・二階堂・北山出演)
  • タッキー&翼「Hatachi」deデビューGiants Hits Concert with all ジャニーズJr.」(藤ヶ谷・北山出演)

2003年のキスマイDVDなら

  • 嵐「How’s it going? SUMMER CONCERT 2003」(藤ヶ谷・北山出演)

2004年のキスマイDVDなら

  • タッキー&翼「滝翼春魂」(Kis-My-Ft・二階堂・千賀出演)
  • 舞台「DREAM BOY」(Kis-My-Ft2出演)
  • 舞台「SUMMARY of Johnnys World 」(Kis-My-Ft・A.B.C Jr.出演)

2005年のキスマイDVDなら

  • KAT-TUN「KAT-TUN Live海賊帆」(Kis-My-Ft2出演)
  • 滝沢秀明「Hideaki Takizawa 2005 concert~ありがとう2005年さようなら~」(Kis-My-Ft2出演)

2006年のキスマイDVDなら

  • KAT-TUN「Live of KAT-TUN “Real Face”」(Kis-My-Ft2出演)
  • 舞台「KAT-TUN vs 関ジャニ∞ Musical Dream Boys」(Kis-My-Ft2出演)
  • 舞台「滝沢演舞城」(Kis-My-Ft2出演)
  • 舞台「One! -the history of Tackey- 」(Kis-My-Ft2出演)

2007年のキスマイDVDなら

  • NEWS「Never Ending Wonderful Story」(二階堂・玉森・宮田出演 )
  • タッキー&翼「Concert`07~みんないっしょに楽しまなくちゃダメ~」(藤ヶ谷・北山・横尾・二階堂・宮田・玉森出演)※「Tackey & Tsubasa Premium Live DVD -5th Anniversary Special Package-」内収録)
  • KAT-TUN「TOUR 2007 cartoon KAT-TUN II You」(Kis-My-Ft2出演)
  • 舞台「DREAM BOYS 」(Kis-My-Ft2出演)

2008年のキスマイDVDなら

  • タッキー&翼「タキツバ BEST TOUR 2007~2008」(Kis-My-Ft2出演)※「Tackey & Tsubasa Premium Live DVD -5th Anniversary Special Package-」内収録
  • NEWS「NEWS CONCERT TOUR pacific 2007 2008 -THE FIRST TOKYO DOME CONCERT-」(Kis-My-Ft2出演)
  • KAT-TUN「KAT-TUN LIVE TOUR 2008 QUEEN OF PIRATES」(Kis-My-Ft2出演)
  • Hey!Say!JUMP「Hey! Say! JUMP デビュー&ファーストコンサート いきなり!in 東京ドーム」(Kis-My-Ft2出演)
  • 舞台「滝沢演舞城 ’08 命(LOVE) 」(藤ヶ谷・北山出演)

2009年のキスマイDVDなら

  • KAT-TUN[KAT-TUN LIVE Break the Records](Kis-My-Ft2出演)
  • 舞台「新春滝沢革命」(Kis-My-Ft2出演)
  • 舞台「PLAYZONE2009 太陽からの手紙」(Kis-My-Ft2出演)

2010年のキスマイDVDなら

  • KAT-TUN「KAT-TUN -NO MORE PAIИ- WORLD TOUR 2010」(Kis-My-Ft2出演)
  • 舞台「少年たち~格子なき牢獄~ 」(藤ヶ谷・北山・玉森・宮田・千賀出演)

キスマイ(Kis-My-Ft2)のジュニア時代、そしてこれからも

キスマイのジュニア時代、いかがでしたか?

2004年4月に結成され、2011年8月10日にデビューしたキスマイ。結成からデビューまでの7年間、キスマイは、バックとして様々なグループのコンサートや舞台に出演してきました。

その経験を通し、キスマイはジュニア時代に着実に実力をつけてきました。その努力が実り始め、単独コンサートや主演舞台を行うようになりました。そして結成から7年、見事デビューを勝ち取りました。決して順風満帆ではなかったジュニア時代は、努力と忍耐の時代だったともいえます。

メンバーにとってもファンにとっても長い下積み時代でしたが、今のキスマイの活躍はこのジュニア時代に培った経験が大きく活きているのではないでしょうか。

彼らの成長の軌跡を振り返りながら、今後のますますの活躍を応援していきましょう!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。