【速報!】NEWS加藤シゲアキ エッセイ「できることならスティードで」連載決定!!

アイドルでありながら作家としても活躍しているNEWS加藤シゲアキに、この度新連載が決定しました!タイトルは「できることならスティードで」。気になるそのタイトルの意味や、内容、本人からのコメント、ファンの皆さんの反応など、まとめました!

加藤シゲアキ、文芸誌「小説トリッパー」にて、エッセイ「できることならスティードで」連載決定!

アイドルでありながら作家としても活躍しているNEWS加藤シゲアキに、この度新連載が決定しました!
創刊21年目の文芸誌「小説トリッパー」16年冬季号(12月16日発売)よりスタートする連載、気になるそのタイトルは「できることならスティードで」。これまで加藤くんが出版してきた本のタイトルと同様、今回もオシャレなタイトルが付けられましたね!
これまでも、「小説トリッパー」16年春季号にて、キューバを旅した際の自身の体験を綴ったエッセイが寄稿されています。しかし今回、連載として自身の体験や想いを綴るエッセイを書くのは初の試み。
小説とは違った、彼自身を知ることができるエッセイ、今から楽しみですね!

「できることならスティードで」どんな内容?

まず、「スティード」とはどんな意味なのでしょうか・・??


このように、ファンの間では「スティード」の意味を予想する声が多数上がっています!
そんな中、加藤くん本人がJohnny’s web内「シゲアキのクラウド」にて、「できることならスティードで」について語ってくれました!

スティードとは。
自分が高校生から好きな。
なんなら今も大好きな。
でも生産中止になってる。
あれなんですけど。
超格好いいやつです。

(出典:Johnny’s webより)

某国内メーカーの「Steed」というバイクのことだったようですね!
そして「できることならスティードで」その内容も気になりますよね!?
毎回、広義の「旅」をテーマに、様々な土地、加藤くん自身が訪れた場所について書いていくのだそうです。
第1回目のテーマは「大阪」。
加藤くんが見たこと、聞いたこと、感じたこと、考えたことを自由に綴るエッセイ、彼の頭の中をのぞいてみることができそうですね♡

連載決定に沸くファンの反応は!?

連載初回は12月16日発売!今から待ち切れない~♡

「小説トリッパー」は季刊で3、6、9、12月の18日ごろ発売予定となっています。加藤シゲアキのエッセイ「できることならスティードで」の連載初回は12月16日発売です!お楽しみに☆
チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

NEWSに関連するおすすめの記事

みんなのコメント
  1. ますらぶ より:

    成亮先生、待ってましたっ♪♪

    バイクのことよくわかってないケド、楽しみにしてるよ(*´∀`)♪

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。