【キスマイ】ヲタクなだけじゃない!Kis-My-Ft2宮田俊哉のプロフィールから魅力を探ろう!

キスマイとしてデビュー5周年を迎えたキスマイことKis-My-Ft2。レギュラー番組だけではなく、ドラマや映画さらには舞台でも活躍中の7人ですが、その中で舞祭組のメンバーでもあり、アイドルなのにアニメヲタクでおなじみの宮田俊哉さん。そんな宮田さんのヲタクだけじゃない素顔をもっと知ってほしいというファンの声が多く聞かれます。アイドルとしてはヲタクという初めてのキャラクターを確立させた宮田さんのプロフィールを探りながら、性格やキャラクター、そして彼の魅力を見つけていきたいと思います。

Kis-My-Ft2の❝M❞宮田俊哉のプロフィールを徹底紹介

キスマイとしてデビュー5周年を迎えたキスマイことKis-My-Ft2。レギュラー番組だけではなく、ドラマや映画さらには舞台でも活躍中の7人ですが、その中で舞祭組のメンバーでもあり、アイドルなのにアニメヲタクでおなじみの宮田俊哉さん。

そんな宮田さんのヲタクだけじゃない素顔をもっと知ってほしいというファンの声が多く聞かれます。

アイドルとしてはヲタクという初めてのキャラクターを確立させた宮田さんのプロフィールを探りながら、性格やキャラクター、そして彼の魅力を見つけていきたいと思います。

基本的なプロフィール

  • 【名前】宮田 俊哉(みやた としや)
  • 【誕生日】1988年9月14日
  • 【出身】神奈川県
  • 【血液型】A型
  • 【身長】173cm
  • 【愛称】宮田、みやっち、みやや
  • 【兄弟】姉、弟

【キスマイ】宮田俊哉のプロフィール「舞台での成長」

theatre-430552_1280

今年9月の誕生日で28歳になった宮田さん、テレビの出演も多く見られますが宮田さんは何より舞台での活躍が目覚ましいのです。

デビューしてすぐに出演した「美男ですね」ではおちゃらけキャラのユウキ役を熱演し、その後2013年には鴻上尚史さん作・演出の舞台「キフシャム国の冒険」に初出演を果たしました。

初座長に緊張とプレッシャーを感じながらも「貴重な舞台経験でたくさん勉強ができてやりがいがある」と当時意気込みを語っていました。そして、鴻上尚史さんからはキスマイ宮田俊哉さんの顔との違いに驚くと共に宮田さんの素直で努力家な一面を明かしてくれています。

宮田さんの人懐っこい性格と誰からも愛されるキャラクターもあいまって共演者にもとても親しまれていたようでその支えもあり、務めあげることができたのでしょう。

この舞台での成長は宮田さんにとって大きな自信になったことは違いありません。また、ジャニーズ以外の外部舞台に出る機会をぜひ与えてほしいと願っています。

【キスマイ】宮田俊哉のプロフィール「今やアニヲタに大人気!」

otaku

アニメヲタクを公言している宮田さんですが、秋葉原やアニメヲタクの集まるイベントでの目撃情報も多く見かけます。

メンバーの玉森裕太さんを連れて秋葉原へ行ったという話も雑誌にて玉森さんが話していたそうですよ。

silhouette-1482958_1280
「キスマイ魔ジック」というレギュラー番組でキスマイが街に出て様々な情報や噂の実態を身体を張って調査する企画の際、宮田さんはヲタクの街、秋葉原で財布の中身をチェックしていました。すると、そこへやってきたのはジャニーズJrで後輩の佐久間大介さんでした。

ヲタク仲間としても交友の深い彼に会った時の「〇〇のDVD買った?」などというヲタクな会話をテレビで見る貴重な場面を見ることができ改めてヲタクなんだと思いましたね。

こうして、後輩が声を大にしてアニメが好きだと言えるのも宮田さんがここまでオープンにしているからではないでしょうか。

アニヲタが集まるイベントでは宮田さんを目撃しても騒ぐことはなくむしろアニヲタの神とも崇められているとかいないとか。
更には、アニヲタ繋がりということで宮田さんに興味を持ち、宮田さんファン、キスマイファンも急増したことは言うまでもありません。

コンサートに行くと、宮田さんがデビュー前から愛用しているピンクの「宮」と書かれたTシャツを着た男性ファンの方をあちらこちらで見かけるのです。アニメヲタクの宮田さんの影響は絶大で神だと崇められるのも納得できるところですね。

【キスマイ】宮田俊哉のプロフィール「自分の道を見つけた瞬間」

flower1714i

アニメヲタクが代名詞ともなっている宮田俊哉さんですが、ではそのキャラクターはいつから確立されたのでしょうか。デビュー前のエピソードなどから見てみたいと思います。

宮田さんがジャニーズ事務所に入所したのは2001年、宮田さんの年齢13歳の時です。きっかけはジャニーズファンだったお母さんの夢だったとのことです。
そんな宮田さん、幼少時代からジャニーズJrになってからも自分には特技もなく短所も長所もなく常にオール3だと自分のことを評価しています。

ダンスもアクロバットもローラースケートも思うように上手くできず同期のデビューが決まったり、他のメンバーが活躍するのを見て劣等感を感じながらのジュニア時代はとてつもなく辛いものだったのではないでしょうか。それでも、「悔しい!」という気持ちでがむしゃらに練習した宮田さん。

その宮田さんの悔しいという気持ちがバネになり努力が実ってデビューを掴み取ったのかもしれませんね。

グループ結成当時、キスマイに入れたのは運がよかっただけと思っていた宮田さんですが運も実力のうちという言葉が当てはまる結成秘話だと言えます。

デビュー前にも関わらず、キスマイのファーストコンサートが決まりメンバーそれぞれがソロコーナーがあると知った宮田さんは「自分のコーナーが目玉になるくらいのすごいことをしてやる!」
という意気込みで考えたそうです。

そこで思いついたのが今でこそファンの間では定番となってます「宮ゲー」なのです。

 

初めはゲームをしていたので宮ゲーという名がついたそうですが、ファーストコンサートのツアー後半には大喜利がファンに大好評だったためその後のコンサートでも宮ゲー=大喜利が定番になったようです。

これを提案した時には、アニヲタを推すことにスタッフやメンバーから反対の声も上がっていたようですが宮田さんの名言でもある「キモイ男子は美しいんですよ!!」という言葉で全員から笑いを取り賛成してくれたとの裏話を教えてくれています。

「アイドルなのにアニメヲタク」の原点はこの時出来上がったのではないかと思います。
自分を包み隠すことなく、ありのままの自分でいることを忘れなかった宮田さんはアニメヲタクを公言し人気を博しています。

そんな宮田さんのデビュー秘話を通して感じる事は宮田さんだからこそデビューへの道が開かれ、それは偶然ではなく必然だったのだということを証明しているのではないでしょうか。

もう一つの夢を叶える

デビュー前から宮田さんオリジナルの宮ゲーを続けてきた結果、今年のコンサートで念願の「ヲタ芸」を振り付けにしたソロ曲を披露することができました。

wotaku

宮田さんのソロコーナーになるとカバンの中から、サイリウムを取り出し一緒に踊るファンの姿に宮田さんも喜びが隠せない様子でした。宮田さんのソロコーナーはファンと共に楽しめる演出になっており会場にいるファン全員が幸せな時間を過ごせたように感じます。

キスマイの他のおススメ記事

ありのままのキスマイ宮田俊哉

c42db96bc5f9fa8cf5e7f68bfff159dc_s

「アニメヲタクの宮田俊哉」の原点はデビュー前にありました。それが、今の宮田さんに繋がっているということは宮田さん本人の努力なのだということが物語っているのです。

宮田さんが愛される理由は裏表のない、ありのままの宮田さんだからというところにあるのではないでしょうか。テレビの番組やコンサートおMCでも言っているように自他ともに認める穏やかな性格の宮田さんだからこそファンだけではなくメンバーにも愛されているのです。

そんな宮田さんをから溢れ出る笑顔と平和な雰囲気は誰もが元気をもうことができます。宮田俊哉さんの更なる魅力を探るためにも一度コンサートに行くことをお勧めします。

アニメヲタクだけではないキスマイ宮田俊哉に注目してみてください。

チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。