演技にメロメロ!KinKi Kids(キンキキッズ)堂本剛の出演ドラマ一覧

歌手に俳優にと幅広い活躍を見せる堂本剛さん。彼の出演ドラマ一覧には数々の名作があります。本記事ではそんな堂本剛さんの出演ドラマ一覧や代表作の紹介をお届けします。

【KinKi Kids(キンキキッズ)堂本剛さんの出演ドラマ】

(出典:イラストACより)

KinKi Kids(キンキキッズ)として高い歌唱力を持つ堂本剛さん。歌唱力だけではなく、「金田一少年の事件簿」を始めとした数多くのドラマに出演し、その演技力の高さを見せています。

今回は、堂本剛さんの出演ドラマ一覧や代表的な出演ドラマをご紹介します。

【KinKi Kids(キンキキッズ)堂本剛さんの出演ドラマ一覧】

(出典:イラストACより)

KinKi Kids(キンキキッズ)堂本剛さんの出演ドラマ一覧は次のようになっています。

・連続テレビ小説かりん(1994年):田上和則 役
・人間・失格〜たとえばぼくが死んだら〜(1994年):大場誠 役
・愛と野望の独眼竜 伊達政宗(1995年):梵天丸 役
・セカンド・チャンス(1995年) :藤井渡 役
・帰ってきたセカンド・チャンス(1996年):野田渡 役
・家なき子2 最終回(1995年):金田一一 役
・金田一少年の事件簿シリーズ(1995~1996年):主演・金田一一 役
・誰かが誰かに恋してる(1996年):河村冬樹 役
・若葉のころ(1996年):主演・相沢武司 役
・ぼくらの勇気 未満都市(1997年):主演・タケル 役
・青の時代(1998年):主演・安積リュウ 役
・君といた未来のために ~I’ll be back〜(1999年):主演・堀上篤志 役
・to Heart 〜恋して死にたい〜(1999年):主演・時枝ユウジ 役
・P.S. 元気です、俊平(1999年S):時枝ユウジ 役(特別出演)
・Summer Snow(2000年):主演・篠田夏生 役
・向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難〜(2001年):主演・向井荒太 役
・ルーキー! (2001年):CDの万引き犯 役
・ガッコの先生(2001年):主演・桜木仙太郎 役
・夢のカリフォルニア(2002年):主演・山崎終 役
・元カレ(2003年):主演・柏葉東次 役
・ホームドラマ!(2004年):主演・井坂将吾 役
・ラスト・プレゼント(2005年):主演・神崎健児 役
・星に願いを ~七畳間で生まれた410万の星~(2005年):主演・大平貴之 役
・33分探偵シリーズ(2008~2009年) :主演・鞍馬六郎 役
・天魔さんがゆく(2013年):主演・法界天魔 役
・プラトニック(2014年):主演・青年 役
(引用・参考:ジャニーズネット)

堂本剛さんは20年以上前から多くのドラマに出演をしています。

【KinKi Kids(キンキキッズ)堂本剛さんの代表作】

(出典:イラストACより)

ここからは堂本剛さんの出演ドラマ一覧の中から、ストーリーとともに代表的な作品を見ていきましょう。

「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」(出演年度:1994年) 役柄:大場誠役

「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」は中学校を舞台にしたドラマです。通う中学生の大場誠は学校でクラスメイトや教師たちからいじめを受け、自殺してしまいます。その後、誠の父親の大場衛がいじめに関わったクラスメイトや教師らへ復讐していくというストーリーです。

主演は大場衛を演じた赤井英和さんですが、堂本剛さんは中学校でいじめを受けて自殺するその息子というストーリーの中心となる重要な役割を演じました。

いじめや体罰、復讐などの過激な描写が放送当時賛否両論でしたが、話題になったこともあってか最終回では視聴率28.9%を記録した人気ドラマとなりました。俳優としての「堂本剛」の名前を大きく上げた作品です。

「金田一少年の事件簿」(出演年度:1995~1997年) 役柄:金田一一役(主演)

「金田一少年の事件簿」は少年マガジンの人気コミックのドラマ化作品。名探偵・金田一耕助の孫である高校生探偵・金田一一(きんだいちはじめ)が様々な難事件を解決するストーリーのミステリードラマです。「じっちゃんの名にかけて!」が主人公の決め台詞の人気作品で、現在まで主演を変えながら初代の堂本剛さんから4代続いています。

歴代の主演を2代目に松本潤さん、3代目に亀梨和也さん、4代目に山田涼介さんと時代を彩る人気の顔が演じています。20年経った今も「堂本剛くんの金田一が一番良かった!」という声が根強く聞かれるほど人気がある代表作品でもあります。初代金田一一を演じた堂本剛さんの頃は視聴率も毎回20%を超えていた程の人気のドラマです。

「ぼくらの勇気 未満都市」(出演年度:1997年) 役柄:タケル役(主演)

ドラマ「ぼくらの勇気 未満都市」は大災害により大人たちがいなくなった町を舞台に繰り広げられる青春ドラマです。KinKi Kidsの2人が主演を務め、熱血漢なヤマトを堂本光一さんが、ムードメーカーでマイペースなところのあるタケルを堂本剛さんが演じました。

千葉の臨海幕原で大地震があったとのニュースを聞いたヤマトとタケルは、それぞれの理由で千葉に向かいます。現地で二人が見たものは、微生物「T膜原型」により大人たちが全滅し封鎖された町でした。2人はそんな大人がいなくなり子供だけになった街に秩序を作り出し、頼れる仲間たちを増やしていく・・・というストーリーのドラマです。

そんな二人が主演したこのドラマは平均視聴率16.8%、最高視聴率18.4%を記録するなど人気のドラマとなりました。KinKi Kids(キンキキッズ)が歌った主題歌の「愛されるより愛したい」も、「硝子の少年」に次ぐ163万枚の累計売上を記録し現在でも代表曲の一つとして愛されています。

青春三部作「若葉のころ」(出演年度:1996年) 役柄:相沢武司役(出演)


(出典:pixabay)

「若葉のころ」は貧乏の家とお金持ちの家という育ちが全く逆の2人の男子高校生が中心となる青春ドラマです。KinKi Kids(キンキキッズ)の2人が主演を務め、家が貧しいながらも妹や弟を必至に支える相沢武司役を堂本剛さんが、裕福な家であまり苦労をせず育った藤木甲斐役を堂本光一さんが演じました。

二人は恋愛や友情、家庭問題など、悩みながらも失敗や喧嘩を繰り返しながら成長していきます。2人とヒロインの蒔田泉(演:奥菜恵さん)との恋愛模様も人気となり、幼馴染の武司と憧れの甲斐の間で揺れ動く恋心は同年代から共感を呼びました。

「若葉のころ」は小松江里子さんが脚本・TBS系金曜9時枠・堂本剛さん主演という共通点のある「青の時代」「Summer Snow」と合わせて青春三部作と呼ばれています。堂本剛さんはこの3作品の時期にこの3作の他にも数多くのドラマの主演を経験しており、俳優として最も忙しい時期だったことでしょう。

青春三部作「青の時代」(出演年度:1998年) 役柄:安積リュウ役(主演)

「青の時代」は不良少年を主人公にした青春ドラマです。堂本剛さんは主演として仲間思いの心優しい不良の安積リュウ役を演じました。

ストーリーは少年犯罪に手を染め、強盗事件の犯人とされて鑑別所に入れられるリュウが熱血弁護士の榛名圭一らにより更正していく話です。単なる不良少年が更生する青春ストーリーというだけでなく、榛名のもう一つの人格など様々な謎がストーリーに絡んでくるミステリー要素もあるドラマ。当時の平均視聴率は15%を超え、今も高い人気があります。

青春三部作「Summer Snow」(出演年度:2000年) 役柄:篠田夏生役(主演)

「Summer Snow」は自転車屋を経営しながら妹、弟を支えながら働く主人公・夏生と心臓の病気を抱えながら信用金庫に勤めるユキのラブストーリーです。堂本剛さんは主演の篠田夏生を演じ、ヒロインのヒロインの片瀬ユキは広末涼子さんが演じました。ちなみに今井翼さん、小栗旬さんといった面々もこのドラマに出演しています。

夏生とユキのラブストーリーを主軸に、障害や病気、周囲の人間関係に悩みながらも前に進んでいく人物たちの強さや愛も描いているドラマです。堂本剛くんはこのドラマで純朴で優しい青年を演じ、平均視聴率18.1%と高い人気を得ました。主題歌の「夏の王様」もKinKi Kids(キンキキッズ)が歌い、今も夏ソングの定番の1曲になっています。

「向井荒太の動物日記~愛犬ロシナンテの災難~」(出演年度:2001年) 役柄:向井荒太役(主演)

「向井荒太の動物日記~愛犬ロシナンテの災難~」は大学の獣医学部を舞台にした青春ドラマです。ヒロインとして安倍なつみさんが出演しました。ドラマの主題歌「ボクの背中には羽根がある」もKinKi Kids(キンキキッズ)が歌い、人気曲の一つになっています。

ストーリーは獣医学部の学生・向井荒太が処分される寸前の成犬を引き取るところから始まります。動物の死をテーマにしており、重いテーマながらも動物や人間たちが巻き起こすコメディ的な部分もある作品です。当時、最終回の展開で涙したファンも続出しました。

「33分探偵」(出演年度:2008~2009年) 役柄:鞍馬六郎(主演)

「33分探偵」は、「金田一少年の事件簿」で探偵役をやった堂本剛さんが再び探偵役に挑戦した作品です。堂本剛さんは主役の探偵鞍馬六郎役を演じました。「この簡単な事件、俺が33分もたせてやる!」という台詞は覚えている人も多いかと思います。

本格的サスペンスの「金田一少年の事件簿」とは違いこちらのドラマはコメディ路線。犯人もわかりきった事件を六郎が迷推理で引っかき回して解決を33分引き伸ばす、というストーリーが展開されます。コミカルな役柄が話題となったこの作品、「金田一少年の事件簿」を見た後にこちらも是非見てほしいドラマです。

「プラトニック」(出演年度:2014年) 役柄:青年役(主演)

「プラトニック」は心臓疾患を抱える娘を持つシングルマザーの望月沙良と、娘に心臓を提供しようと現れた脳腫瘍を患う青年のラブストーリーです。青年を堂本剛さんが、ヒロインの望月沙良を中山美穂さんが演じました。

沙良と青年は一緒に暮らす内に愛し合うようになりますが、その影響か脳腫瘍が小さくなり助かる見込みがでてくることに青年は悩むようになっていきます。このドラマで堂本剛くんは、青年の悲しくも献身的な愛に涙したファンも多数出たほどの演技を見せました。シリアスな役柄も完ぺきにこなす俳優としての質の高さを見せた作品です。

KinKi Kids堂本剛さんの他のオススメ記事

【KinKi Kids(キンキキッズ)堂本剛さんの演技に今後も注目!】

(出典:photoACより)

今回は堂本剛さんの出演ドラマ一覧や代表的な出演作品についてお届けしました。歌唱力だけでなく演技力を身に付け歌手、俳優など幅広い活躍を見せる堂本剛さん。そんな堂本剛さんの演技力は今後も注目していきましょう!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。