また必ず戻ってくる!充電期間に入ったKAT-TUNメンバーの想い

「KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR“10Ks!”」の公演を終え、KAT-TUNは充電期間へと入りました。デビューから10年の年月が経ったいま、3人はどのような想いでステージに立っていたのでしょうか。

「KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR“10Ks!”」の公演を終え、KAT-TUNは充電期間へと入りました。デビューから10年の年月が経ったいま、3人はどのような想いでステージに立っていたのでしょうか。

「10Ks(テンクス)」という言葉に込められた、KAT-TUNの想い

2006年3月22日に、シングル「Real Face」、アルバム『Best of KAT-TUN』、DVD『Real Face Film』のリリースとともに、メジャーデビューを飾ったKAT-TUN。そのデビューからちょうど10年の節目となった今年の3月22日には、ベストアルバム『KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY BEST “10Ks!』がリリースされました。ファンからの投票でリクエストが多かった15曲をはじめ、リリース当時のオリジナル音源をリマスター収録されたことも話題になりましたね。

このアルバムタイトル、そして充電期間前のコンサートタイトルにもある「10Ks(テンクス)」という言葉。10周年(Ten)の感謝(Thanks)という想いが込められたこの言葉のように、充電期間前のラストコンサートは、セットリストや演出、MCなど、どれをとっても彼らがファンのこと、グループのことを大切に想う気持ちを感じることができました。

KAT-TUNメンバーが語った正直な想い

「KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR“10Ks!”」では、デビュー曲はもちろんのこと、アルバムと同様にファン投票で選ばれた楽曲も多く披露されました。これまでの旅路をたどるように、2006年から現在までの楽曲をメドレー形式で披露するコーナーもあり、メンバーもファンもさまざまなもの・ことに思いをはせながら、それぞれが特別な時間をすごしたのではないでしょうか。コンサートの最後には、メンバーがファンへ向け、いまの正直な思いを発信しました。

KAT-TUN上田竜也

上田竜也くんは「デビューしてから10年…いろんなことがあった」とふり返ります。KAT-TUNという船が動きはじめ、その最中でメンバーが船をおりる事態に何度も直面しました。そんななか、ファンも船をおりてしまったのではないかと思っていたという上田くんですが、10周年という記念の日に、東京ドームにたくさんの人が応援しにきてくれたことがとてもうれしいと語っています。

「グループとしては充電期間に入るものの、それぞれ何ができるかをしっかりと探し、成長するために戦い続ける。だから皆さんも一緒に戦ってほしい」といったように、「戦う」という言葉を多く用いた挨拶には、彼の強い想いが込められていたように思います。

また、ファンが涙を流しながら「ついていく」と話してくれたことがうれしいと語ったうえで、「できればファンの方々には笑っていてほしい」という思いも口にしています。そのためにも、もっともっと人を魅了できるように自分たちがしっかりと成長し、「またここに戻ってくる」と力強く語っていました。

KAT-TUN中丸雄一

中丸雄一くんは10年という節目を振り返り、「こうやって突っ走ってこれたのも、大きな会場でライブができるのも、みなさんの支えがなければ成立しなかった」と語りました。充電期間について、「話し合いで決定したときも、どこか納得できない部分がやっぱり心の中ではあった」と正直な思いを語ったうえで、「時間が経ってくるにつれて、頭の中で整理することができ、この選択はベストとはいえないかもしれないけれど、これからの長い長いKAT-TUNとしての道のりを考えた時には、決して後ろ向きな選択ではない」という思いも口にしています。

これまでにメンバーとファンで作り上げてきたコミュニティが薄れることを心配していた中丸くんは、「グループ活動を再開させるまでに、個々の仕事であっても、それぞれが発信するもの一つひとつをできるだけ多く皆さんに受け取ってもらいたい」と語っています。

KAT-TUN亀梨和也

亀梨和也くんは、10周年を迎える前に、メンバーが3人に減ってしまったことにふれ、「KAT-TUNというグループの一員として、情けなく、悔しく、皆さんに本当に申し訳ない気持ちでいっぱい」という思いを口にしました。

これまで様々な壁にぶつかってきたメンバーたちですが、亀梨くんは「自分がふんばらなきゃいけないときに、KAT-TUNを好きな自分でいなきゃいけない。KAT-TUNを好きでいたい。自分はKAT-TUNの亀梨和也なんだ。KAT-TUNの亀梨和也でいたい。そう思えたのは、これまで数々のお仕事を一緒にさせていただいた方々と、本当にここにいる、今日ここに来れなかった方たちもふくめて、ともに歩んでくれたみんなだった」と感謝の想いを語りました。

KAT-TUNは、K:亀梨和也、A:赤西仁、T:田口淳之介、T:田中聖、U:上田竜也、N:中丸雄一の6人で結成されたグループであるということ、この6人が集まらなければKAT-TUNというグループはなかったかもしれないということ、亀梨くん自身もKAT-TUNのメンバーとして、皆さんと出会うことはなかったかもしれないということを語った上で、それぞれのメンバーに対して感謝の気持ちを口にしました。

KAT-TUNのファンとの約束

KAT-TUNは充電期間へと入り、ここからはメンバーそれぞれが経験したことのない未知の部分に進んでいくこととなります。ただ、彼らはしっかりと前を見据え、また必ずKAT-TUNとして戻ってくることを約束しています。それぞれがパワーアップして、この船に戻ってくる日には、きっとメンバーとファンの間にたくさんの笑顔の花を咲かせてくれるはずです。

(文・はると)

KAT-TUNメンバーの活躍に注目!

KAT-TUNというグループとしてはしばらくお休みになってしまいますが、その期間はメンバーそれぞれの活動を応援しましょう!KAT-TUNのチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

はるとさんのおすすめコラムはこちら

みんなのコメント
  1. 。゚)゚.゚ より:

    KAT-TUNの事について記事にしてくれてありがとうございました。KAT-TUNが愛されていることを再確認できてとても嬉しいです。
    3人が戻る日までhyphenは待ち続けます!
    絶対KAT-TUNの船から降りません!

  2. hyphen・゜・ より:

    10ks終了後も暇さえあればこれまでのライブDVDやらpvを見て過ごしています♪絶対帰ってくる‼この思いが支えになっています。こうして取り上げて頂けたこと、とても嬉しいです。

  3. (^з^)-☆(^з^)-☆(^з^)-☆ より:

    KAT-TUN 大好き💖 早く充電満タンにして戻ってきてください‥。待ってます✨

  4. 匿名 より:

    退会したい

  5. さゆちゃん より:

    退会したい

  6. 匿名 より:

    私はNEWS担だけどKAT-TUNも大好き!
    メンバーが減ってしまったことではNEWSも同じことがあったからhyphenの気持ち痛いほどわかります😢充電満タンで戻ってくるの皆で待ってようね🎵

  7. Love より:

    亀梨くん大好き充電期間でも応援しています3人ででてくるまで待ちますこれからも応援していますがんばって下さい上田君と中丸くんも大好きです早く戻ってきて下さい大好きです❤️❤️

  8. ラリツ より:

    亀梨大好きです💓♥❤
    充電期間にはいるのは寂しいけれど、ずっと応援してますよ❗

  9. ラリツ より:

    KAT-TUN大好きです💓♥❤

    充電期間にはいるのは寂しいけれど、ずっと応援してますよ❗

  10. 匿名 より:

    カトゥーン大大好きです・毎日DVD見ています・ダンスも歌もパホーマンス最高ですね~・早く会いたいです♡

  11. 匿名 より:

    カトゥーンの素晴らしいパワフルなダンス絶対見たいです♪

  12. 匿名 より:

    君のユメぼくのユメ素晴らしい曲ですね・三人の圧巻のパホーマンスに感動!!何回も見て何回も聞いて泣いたり勇気をもらっています・信じた道を突き進んで欲しいです・またカッコイイ・力強い・勇気が湧いて来る曲・パホーマンス期待して待っています・カトゥーンじゃなければ出来ないと思います♡!!

  13. 匿名 より:

    カトゥーン大好きです・ず~と待っています・最高のダンスパホーマンス見せて下さいね!!

  14. 匿名 より:

    カトゥーンの名前があればは必ず見てます・シュウイチの中丸君ドキドキしてたけれど安心感ありますね・体育会系の上田君も毎回みて応援しています・昨日もジャニーズの指導素晴らしかったですね・感動を呼ぶには普通の人の何倍も努力が必要だと言うことを再確認しましたし、二人ともそれぞれの実力があることを良く分かりました💛

  15. 匿名 より:

    実力派KAT-TUN大好きです・焦らずに待っています💛

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。