eighterの私が本気で選ぶ!冬に聞きたい関ジャニ∞名曲セレクション

関西生まれのメンバーで結成された関ジャニ∞。そんな彼らの曲といえば、元気でポップなものを浮かべる人も多いでしょう。しかし実は、冬をテーマにした楽曲も多数!そこで今回は、冬におすすめの名曲をセレクトしました。別れた恋人への未練など、いつものにぎやかなイメージからは想像できない一面に、ドキドキすること間違いなし!

切ない?あたたかい?関ジャニ∞の冬曲

imgstyle-info_2378s

(出典:Imgstyleより)

関西生まれのメンバーで結成された、関ジャニ∞。バラエティでの活躍も多く、ジャニーズのお笑い担当と言われることも多いアイドルグループです。そんな彼らの曲といえば、明るく元気な楽曲を思い浮かべる人も多いでしょう。

しかし実は、冬がテーマの楽曲もたくさんあるのです。そこで今回は、寒い今の季節に聞きたくなる楽曲を、eighter(エイター=関ジャニ∞ファン)の私が本気で選んでみました。

関ジャニ∞の冬曲は切ない心情を歌ったものが多く、いつものイメージとは違う一面に思わずドキドキ。元気でにぎやかなだけではない、関ジャニ∞の魅力を知るきっかけになるかもしれません。

冬に聞きたい名曲①『マイナス100度の恋』

ajg_kusyakusyanokamitochoko_tp_v-1

(出典:PAKUTASOより)

バラエティ番組での活躍から、にぎやかで面白いイメージの強い関ジャニ∞。しかしそんなイメージとは裏腹に、失恋ソングをたくさん歌っています。なかでも「マイナス100度の恋」は特に未練の強い楽曲で、女々しさ全開。

久々に再会したかつての恋人は、目を見ることができないほど綺麗になっていました。外に降る雪に昔の思い出が蘇り、もう一度チャンスをくれるのなら小細工も強がりもせずそのままの自分でぶつかっていきたいと願います。

メインボーカル渋谷すばるは「君は俺に未練はないのかい?」と情熱的に問いかけ、丸山隆平は「女々しいと笑われそうだけれど あのままずっと愛しちゃったままさ」と、囁くように歌唱。後悔や愛情が滲み出ており、聞いているだけで胸が締め付けられそうになります。

ここまで愛しているのだからどうかヨリを戻してあげて!とお願いしたくなりますが、肝心の女性はそっと時計をのぞきこんでおり、心ここにあらず。心の距離は想像以上に遠く、かつての恋に未練もなさそうです。

この楽曲は、美しいハーモニーも印象的。ジャニーズアイドルの中でも音楽に力を入れる関ジャニ∞のポテンシャルを、しっかり堪能できる一曲です。

冬に聞きたい名曲②『あなたへ』

mok_hunikiwodasuakari-thumb-autox1600-13622

(出典:PAKUTASOより)

2013年にリリースされたアルバム「JUKE BOX」収録。

「あなたのこと 木枯らしが吹くと 心ふるえて思い出します」から始まり、今はもう遠くへ行ってしまったあなたへの気持ちを歌っています。

この楽曲のポイントは、女性目線。歌詞も「ついてゆくわ」「信じてるの」など、女性言葉で書かれています。そのため関ジャニ∞メンバーの歌声は、いつもより艶やかでしっとり。切ない女心を表現しています。

なかでも圧倒的に女性らしいのが、渋谷すばる。か細いけれど芯の強さを秘めた一人の女性が、見えてくるかのようです。バンド曲では男気溢れる歌声を披露していますが、楽曲の世界観にあわせて変幻自在に変化する歌唱に注目です。

また、この楽曲は想像力をかきたてる歌詞もポイント。あなたがくれた言葉を信じてついてゆくと歌っていますが、あなたは彼女のことを今でも想っているのか。思い出話になってしまうほど昔のことを、彼女は今でも想い続けているのか。想像すればするほど、切なくなります。

冬に聞きたい名曲③『BJ』

pak25_hikarimachinami_tp_v

(出典:PAKUTASOより)

2008年にリリースされたシングル「ワッハッハー」のカップリング曲。関ジャニ∞のメンバーもBJが好きだと度々発言しており、数ある楽曲の中でも名曲として知られる一曲です。

白い息が街頭に溶ける季節。今まで歩いてきた過去や将来への不安、だけどそれでも前へ進み続ける覚悟を、優しいメロディーにのせて歌っています。

冷え切った心に一筋の希望が灯るようで、「泣ける」と評価するeighterも少なくありません。

https://twitter.com/soouththth____/status/797122715236769793

また、「手にした物は少なくない のにいつも何かが足りない」との歌詞には、取り巻く環境が変化してゆく戸惑いなど、関ジャニ∞の複雑な感情が投影されているかのよう。しかし、どこへ向かっているのかわからないけれど自分の手でドアを開けると力強く歌っており、ファンとしてはそんな彼らをずっと応援したい気持ちになります。

この「BJ」、コンサートではバンドで披露。メンバーの優しい笑顔や真剣な眼差しは、心に迫るものがあります。

冬に聞きたい名曲④『ロイヤルミルクストーリー』

a0800_000494

(出典:足成より)

2013年にリリースされたシングル「涙の答え」のカップリング曲。報われない恋愛ソングを多く歌う関ジャニ∞ですが、「ロイヤルミルクストーリー」は珍しく幸せな恋愛模様を歌っています。

お高くとまる彼女と、飾らない僕との恋愛。正反対の性格から喧嘩も多い2人ですが、優しさで少しずつお互いを尊重。アッサムとミルクをあわせたロイヤルミルクティーのように、それぞれの育ちや個性が混ざり合っていきます。

サビの「ティースプーンを回すふたりが 似てくるのはどうして?」は、幸せいっぱいな様子が伝わってくる素敵なフレーズ。eighterからの人気も高い、恋がしたくなる楽曲です。

直接冬を連想させるフレーズは入っていませんが、部屋で温かいロイヤルミルクティーを飲みながら、のんびりと聞きたい一曲です。

関ジャニ∞全員の声が美しく混ざり合っているところも、この曲のポイント。7人それぞれ声に個性や特徴がありますが、ケンカすることなく一つにまとまっています。

歌詞に出てくるカップル同様、いつまでも混ざり合った歌声を聞かせてほしいものです。

冬に聞きたい名曲⑤『Snow White』

oht99_yukihurucrtree_tp_v

(出典:PAKUTASOより)

関ジャニ∞メンバーの錦戸亮と安田章大が共同で制作。どこか寂しいイントロや美しいサビに、アイドルがこんな曲を作るのかと、度肝を抜かれた一曲です。

空から雪が舞う季節に、君を想う僕。永遠の愛を今でも誓い祈っていますが、肝心の女性はいつも隣にいる訳ではないようです。特に名言はされていませんが、「君」は雪とも女性ともとれるため、雪が降る季節に亡くなってしまった女性を今でも想い続けているのかもしれません。

メンバーの才能を感じられる切ない楽曲で、数ある冬曲のなかでも特に人気の高い一曲です。

ちなみに、歌詞に出てくる「銀杏並木」は、錦戸亮いわく大阪の御堂筋をイメージしているそうです。大阪屈指のイルミネーションスポットとしても人気の御堂筋で、「Snow White」の世界に浸るのもいいかもしれません。

ファンからの人気が高いにも関わらず、最近のコンサートではあまり披露されていません。大人になり、表現力にも深みが増した現在の関ジャニ∞の「Snow White」、是非とも聞きたいところです。

冬を彩る関ジャニ∞の名曲たち

2004年のCDデビュー以降、関ジャニ∞はたくさんの楽曲をリリースしています。明るく楽しいイメージ通りの楽曲も人気ですが、切なさあふれる冬曲もたくさん。今回は、普段の姿とはまた違う一面を発見できる楽曲を紹介しました。

時に寂しく時にあたたかい、関ジャニ∞の冬曲。寒い季節にぴったりな楽曲とともに、しっとり過ごしてみてはいかがでしょうか。

関ジャニ∞関連記事はこちら

チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

みんなのコメント
  1. エイトのわかめ より:

    NOROSHIのカップリング曲のWinter Love Songもめっちゃいい曲です♡♡

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。