ピースしてくれないからって怒るのは邪道!?関ジャニ∞のコンサートでのファンサ事情

メンバー7人全員が関西出身のジャニーズグループ、「エイト」こと「関ジャニ∞」。エイトの魅力が爆発するのは、やっぱりコンサート!歌も踊りも楽器もお笑いもできて、毎年エイター(エイトのファンのこと)を楽しませてくれています。

メンバー7人全員が関西出身のジャニーズグループ、「エイト」こと「関ジャニ∞」。エイトの魅力が爆発するのは、やっぱりコンサート! 歌も踊りも楽器もお笑いもできて、毎年エイター(エイトのファンのこと)を楽しませてくれています。

「ファンサ」はコンサートの醍醐味!

コンサートの一番の醍醐味は、メンバーからもらえる「ファンサ」!

ファンサとは「ファンサービス」の略。お手振り、ピース、投げキスなどが定番ですよね。それにジャニーズのコンサートは、ドームのようなキャパが大きい会場でも、パフォーマンスするのはメインステージだけでなく、センターステージ、バックステージ、四方に伸びる花道、トロッコ、ワイヤーでのフライングがあったりなどして、どんな席にいてもメンバーを近くで見られる工夫がたくさん。

だからジャニーズファンの子たちは、「ピースして」「こっち見て」などと一生懸命装飾したウチワを持ってコンサートに行くんですよね。

すばるくんはほとんどファンサしない!?

「ファンサ」と一口に言っても、そのやり方にもメンバーの性格が出て、おもしろいものです。特にエイトの中でも異色なのが、メインボーカルを務める渋谷すばるくん。彼の、歌にかける情熱はメンバーいち!CDで聴いても歌唱力は群を抜いていますが、一度コンサートで生歌を聴いてしまったら、そのすごさには……圧倒されるばかりです。ジャニーズアイドル特有のブリッ子ハニカミスマイルなんてすることなく、眉間にシワを寄せ、マイクのコードを首に巻き付け、たまにドタドタと地面を蹴りつつ、ロックミュージシャンのごとく険しい顔つきで歌い上げます。

そしてすばるくん、あまりに歌に夢中になるあまり「ファンサ」ほぼ、なし!「ピースなんてせぇへんよ。できないくらい歌に夢中だから」と本人が口にしたこともありました。

少ないながらも定番のファンサは、「無表情のお手ふり」そして、「Tシャツをめくって自慢のワキ毛を見せる」こと!(笑)ピースや投げキスがもらえないからって「冷たい」なんて怒ったりするのは、邪道ってもんなんです。

まるでノルマをこなしているかのよう!?マルちゃんの高速ファンサ

そんなすばるくんと対照的に、おそらくメンバーいちファンサをしまくっているのが、「マルちゃん」こと丸山隆平くん。「ピースして」などの定番ファンサはもちろん、彼の鉄板ギャグ「パーン!」も、何度も何度も全力で披露してくれます。

マルちゃんがあまりにファンサに応えまくるあまり、ファンの要求もどんどんレベルアップしているのがおもしろいところ。近年マルちゃんファンの間では、「鮭(しゃけ)」「蝉(せみ)」「鮫(サメ)」といった単語系ウチワが増えてきているようです。もちろんそれらにも、「鮭」には体をピチピチさせ、「蝉」では羽をバタバタさせ、「鮫」では頭に手を立ててジョーズ風にしたりと、しっかりアンサー。

そんなマルちゃんのファンサっぷりを見ていると、こなすスピードは、1秒に3個くらい!?とにかく速くて多いのです。その姿はまるで「今日のファンサ1万回!」とノルマをこなしているかのようですよ(笑)

みんなのコメント
  1. […] →次のページへ エイトのファンサはバラエティ豊か!? [PR] (adsbygoogle = window.adsbygoogle | […]

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。