【JUMPロス】札幌公演レポ記録!Hey!Say!JUMP I/O魂オーラス公演の制作開放席が神席だった話

Hey!Say!JUMP「 I/Oth Anniversary Tour 2017」アリーナツアーも10/15札幌真駒内セキスイハイムアイスアリーナで無事にオーラスを迎えました。こちらではHey!Say!JUMP I/O 10/15札幌真駒内セキスイハイムアイスアリーナオーラスに制作開放席にて参戦したレポをお届けします。制作開放席の申し込みから当選までの流れ、実際の座席についてもどんな流れだったのかなどまとめてあります!

Hey!Say!JUMP I/O オーラス札幌参戦レポ!


(画像:ジャニーズ通信ライター撮影)
Hey!Say!JUMP「 I/Oth Anniversary Tour 2017」アリーナツアーも10/15札幌真駒内セキスイハイムアイスアリーナで無事にオーラスを迎えました。
8月から始まった10周年アリーナツアーはかなりの激戦で参加したくてもできなかったファンの方がたくさんいると思います。
筆者もそのうちの一人でしたが最後の最後で制作開放席に当選し、参戦することができました。
こちらではHey!Say!JUMP I/O 10/15札幌真駒内セキスイハイムアイスアリーナオーラスに制作開放席にて参戦したレポをお届けします。
制作開放席についてもどんな流れだったのかなどまとめてあります!

Hey!Say!JUMP I/O 10/15オーラス札幌制作開放席について


(出典:無料写真素材AC より)

制作開放席の流れについては別記事でまとめたりもしていますがこちらでは筆者の体験談をレポします。

制作開放席メール

まず落選した公演の初日5日前に制作開放席のメールが一部の落選者に届きます。
札幌公演は14日(土)が初日ですので届いたのは9日(月)。
だいたいが12時すぎ頃です。
この時点で周りの話を含めて考えると落選12名義人のうち届いたのが4名義人分でした。

制作開放席申込み~当落

・制作開放席メールの届いた翌日より申し込み開始。
・4枚で申し込んでいても2枚まで。
・日にちは改めて選びなおすことができる。
・クレジットカード決済。
・当選者のみ初日公演前日夕方以降にメール
という流れです。
クレジットカードは本人名義ではなくても大丈夫です。
また、当選者のみにメールがきますがマイページにて申し込んだ人全て確認できます。
メールはちょっと遅くなりますので筆者は夕方からマイページをチェックし18時にチェックすると当選していました。

制作開放席チケットは?

Hey!Say!JUMPの場合は紙チケットにQRコード印字、当日座席券と交換でした。
制作開放席はというとマイページにデジタルチケット(QRコード)を表示させます。
パソコンで開いた場合はスマホへ転送するようになっていました。
管理番号が配布されているのでそれを入力するとデジチケとなり当日はスマホ画面にデジチケを表示させ座席券をもらいました。

制作開放席座席は?

制作開放席はもともとステージ設営の機材のスペースだったりいろいろな事情でお客さんを入れる予定のなかった席がほとんどです。
もちろんその公演によってステージ構成は違いますので制作開放席はこの辺!というめどが立ちません。
札幌公演の場合は恐らくメインステージ側のスタンドだったと思います。
筆者はその部分で全体的に200名分くらいでしょうか。
メインステージの真横なのでとても近いです。近いですが見にくいところが多々あります。
それでも一度落選していますので(正確には復活当選も待ち望んでいたので2回落選した気分でした)贅沢なくらいのお席でした。
ここで1つ疑問が。
座席はランダムにチケット当選時に決まっているはずなんですが制作開放席についてはどうなのでしょうか?
というのも筆者は友人1組と合流し並んで入場しました。管理番号や整理番号はまったく離れていたのですがなんと友人たち(2名)と私たち(2名)は連番だったのです。
単なる偶然かもしれませんがちょっと制作開放席の座席割り当て方には疑問が生じましたね。

Hey!Say!JUMP I/O 10/15オーラス札幌制作開放席参戦レポ~前半~


(出典:無料写真素材AC より)

詳しいセトリやいろいろなレポについてはこちら↓でご紹介しています!

  • 【感動のオーラス】「Hey!Say!JUMP I/Oth Anniversary Tour 2017」10/15 札幌レポ @10周年ツアー,真駒内セキスイハイムアイスアリーナ2日目,グッズ,QRコード,座席,MC,セトリ,トロッコ,アリーナ構成,デジチケなど
  • こちらでは制作開放席ならではの発見や見方を少しレポします!

    制作開放席から見た景色

    オープニングメインスクリーンにはFinalの文字が出ていました。
    メンバー登場とともにファンのみなさんの大歓声。
    制作開放席はスクリーンもちょっと見にくいので若干反応が遅れることも。
    オープニングはポップアップでメインステージから出てきますが照明が落ちるとすでにステージにはポップアップの穴が開いていてメンバーがスタンバイしているのが見えました。

    MCではMCに入ってすぐ私たちの席の前にあったドリンクのカゴをすぐ圭人くんが取りに来たのが印象的でしたね。

    メインステージにいるときは基本横ばかりを見る感じですが外周花道にも来てくれましたし、目の前の階段に突如現れたりしてくれたので気になりませんでした。

    10th Anniversary Medleyはきっとメインスクリーンと一体となって綺麗だったのではないでしょうか?
    これはスクリーンが見えないので想像でしかないのですがDVDを待つことにします!

    ■開放席についてはこちら!

  • 【開放席情報更新中】Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2017 10周年ツアー一般発売・復活当選・制作開放席はどうなる?
  • Hey!Say!JUMP I/O 10/15オーラス札幌制作開放席参戦レポ~挨拶~


    (出典:無料写真素材AC より)

    筆者は光くん側のスタンドでしたので「ひかぺ」で話題となっている挨拶のレポをさせて頂きます。
    ですので光くんメインとなっております。

    H.our Time~薮くん挨拶

    H.our Timeでは一人一人が思い返してそしてオーラスにいる人たちだけでなくJUMPを応援している全ての人に向けて届け!と言わんばかりの雰囲気が感じられました。
    大ちゃんも目をうるうるさせて、光くんはもう泣いていたのでしょうか。
    挨拶は薮くんから始まり、
    「会場にこれなかった人もいるので伝えてください。JUMPを好きでいてくれてありがとう、選んでくれてありがとう」
    と言っていました。

    光くん号泣

    薮くんの挨拶が終わったあと光くんなのですが私たちの前にいた光くんは自分の番になるともう号泣。
    それにびっくりして光くん側を一斉に見るメンバー。
    この時の光くんは涙をポロポロではなく文字にすると
    「うわあああああああんっっ!!!」
    という感じで客席からも「ひか~~~」と涙声が。
    涙が止まらなくて止まらなくて、挨拶も片言になり、「ドームあるんだもん。でもアリーナツアー最後って思ったら寂しくなって。ライブ楽しかったあ・・・・・」
    素直な今の気持ちを伝えてくれました。

    次々とうるうるなメンバー

    続いて髙木くんも話しているうちに「やべっ」と泣きそうになり、裕翔くんだったでしょうか、普段泣かない光くんが泣いて感傷深かったと言った瞬間また光くんが「うわあああん」って泣いてしまって「まだ泣いちゃってるの?ごめんね、振らなきゃよかったね…」という場面があったり。
    山田くんも有岡くんも伊野尾くんも涙をこらえている感じでした。特に山田くんはもう目から溢れる寸前。
    山田くんが「じゃ…最後はみんなで手をつなぎますか?」と言い、手をつなぐのは久しぶりだね!と話している中まだ涙の止まらない光くん。
    「まだ泣いてるんですけどお・・・」本当に今までのものが一気にあふれ出た感じでした。

    Hey!Say!JUMP I/O 10/15オーラス札幌制作開放席参戦レポ~アンコール~


    (出典:無料写真素材AC より)

    アンコール

    アンコールでもまだ涙が止まらない光くん。
    花道で薮くんがそんな光くんをぎゅーっと抱きしめます。
    この瞬間にまた涙が溢れた人も多いのではないでしょうか。
    みんなで声を出すときもまだまだ涙が止まりませんでした。
    Come On A My Houseではスタッフがメインステージにカレーを持ってニッコニコで登場。
    徐々にそれに気づき始めたメンバーも笑顔。
    山田くんはカレーをもらい、光くんも泣き止みそうなところでそれを見てまた涙。「本当のカレーだからくさい・・・」と言っていました。

    Wアンコール

    会場をすでに出てしまう人もいたようですが会場のアンコールはとても大きく揃っていたと思います。
    光くんはもう泣き止んでいたように見えました。
    「Romeo & Juliet」が終わったあともこのツアーを惜しむかのように、そしてたくさんの感謝の気持ちを込めてメンバーがマイクを通さず「愛してる」。
    スタッフさんが「Hey!Say!JUMPのスタッフで幸せ」といううちわを持っていてメンバーもとても感謝していました。

    Wアンコール後はスクリーンに「to be continued」の文字が。
    メンバーがいなくなり寂しさが残った会場には大きな拍手が響き渡りました。

    オーラス札幌制作開放席参戦レポ読んで頂きありがとうございました


    (出典:無料写真素材AC より)

    今回のツアーでより一層絆が深まったと言っていたHey!Say!JUMP。
    メンバーだけでなくファンの人も含めて絆が深まったツアーでしたね。
    参戦していろいろな事を感じましたが、メンバーが感謝の言葉を話したりするときはその会場のファンだけに言っているのではなく全てのファンに向かって言っているのがよくわかりました。
    一人一人に言いたいけどと薮くんは言っていましたが、今回参戦できず涙を流した人も多いと思います。
    そしてドームにも参戦できないという人もいると思います。JUMPはありがとうと言っていました。この言葉を受け止めて会える日を待っていてください。
    光くんは最後に「見えない絆で繋がっているから絶対会える」と言っていましたよ!
    オーラスの挨拶~最後までをDVD化してほしいですね。

    次は三大ドーム!ジャニーズ通信でもまたレポしていきますのでお楽しみに!
    アリーナツアーレポはこちらで!

  • Hey!Say!JUMP 2017全レポまとめ! I/Oth Anniversary Tour 日程・グッズ・倍率・セトリ・MC・コンレポまとめ
  • Hey!Say!JUMPおすすめ記事はこちら

    コメントお待ちしております

    内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。