新橋演舞場十月花形歌舞伎「GOEMON 石川五右衛門」観劇レポ

いよいよ片岡愛之助さん主演、今井翼さん出演の十月花形歌舞伎「GOEMON石川五右衛門」が始まりました。本日は鑑賞してきた感想を簡単にまとめてご紹介します。これから行く人や行けない人に「楽しそう!行きたい!」と思ってもらえれば嬉しいです。

10月に入り、今年もカウントダウンコンサートが気になる頃になりましたね。そんな中、キコ姉は歌舞伎界のラブリンこと片岡愛之助さん主演、われらがジャニーズ今井翼くん(キコ姉は翼くんと呼んでも怒られない歳です(笑))出演の十月花形歌舞伎「GOEMON石川五右衛門」が始まりました。さっそく観てきましたのでリポートします。

難しそう?実はめっちゃ自由で面白い十月花形歌舞伎「GOEMON石川五右衛門」

新橋演舞場十月花形歌舞伎「GOEMON石川五右衛門」
(写真:筆者撮影)

皆さん歌舞伎って見たことありますか? 学校から観劇会などがない限り見たことある人は少ないんじゃないでしょうか? 実はキコ姉もテレビではたまに観たりしますが、歌舞伎をちゃんと劇場で観るのはたぶん初めてだったと思います。

なので今回は音声ガイドというのを借りてみました。

新橋演舞場十月花形歌舞伎「GOEMON石川五右衛門」3
(写真:筆者撮影)

これはイヤホンがついていて舞台をみる前に知っておいた方がいい時代考証や歌舞伎独特の演出方などを解説してくれます。

役者が登場するときに鳴る太鼓や笛が、その役の特徴や性格をあらわしていたりするのも初めて知りました。演者の名前や屋号を言ってくれるのもありがたいです(*^^*)これは歌舞伎初心者にはなかなかオススメのアイテムですよ。保証金1000円、使用料700円でした。

とは言え今回のGOEMONはまったく歌舞伎を知らなくてもめちゃくちゃ楽しめます。歌舞伎って伝統と格式とかがあって難しそうなイメージを持ってる人もいるかと思いますが……。ど派手な衣装や仕草を見てもわかるように、もともと昔は歌舞伎ってギャグで笑わせたり、仕掛けで驚かせたり、最先端にぶっとんでるものだったので実は自由度はすごく高いんです。

いまでも歌舞伎を作ってる人たちは伝統を大切にしながらも、つねに新しいスタイルにチャレンジしてるんですよ。その中でもこのGOEMONは、かなり新しいです。

新橋演舞場十月花形歌舞伎「GOEMON石川五右衛門」が新しい理由

新橋演舞場十月花形歌舞伎「GOEMON石川五右衛門」2
(写真:筆者撮影)

その1

セットがまるでコンサートステージ! スチールの柱とネオンと階段しかありません。歌舞伎っぽいのは上手と下手に鳴り物奏者さんや長唄さんのいる場所があることくらいです。

その2

歌舞伎なのに出演者に女性がたくさんいます。もちろん、歌舞伎役者さんの女形さんもいらっしゃいます。歌舞伎役者さんが歌舞伎口調で、翼くんが普通にセリフで自然に会話されてるのもなんか不思議です!

その3

本格的なフラメンコが見られます。 スペイン仕込みの翼くんのフラメンコも、愛之助さんのフラメンコもあるんですが、プロのダンサーである佐藤浩希さんのフラメンコオンステージというシーンがあります。

もちろん、生ギターと生歌でほんとに迫力があります。後半はひらひらスカートの女性フラメンコも見られます。

ここで大事なオススメ情報をひとつ『この公演、席は絶対2階席がお得‼』なぜなら、

その4

演者さんが客席を走り回ります。 後半にかなり長い間客席が舞台になります。しかも2階席にも出没するので1階後ろや3階席からはまったく見えなかったりします。

舞台に鏡が出ますがあんまりよく見えなかったです。フライングもかなり高いところをとぶので、この公演に関してはぜひ2階席をオススメします。

その5

歌舞伎なのにイスパニアの酒場のシーンがあります。もちろん、皆さん洋装で女性もいます。 翼くんがスペイン語で歌います。

だいたい石川五右衛門が、スペイン人の父と日本人の母をもつハーフという設定なので、茶髪なのも驚きなんですが、それ以上にびっくりしたシーンでした。

フラメンコギターと三味線とのセッションのシーンもびっくりしましたが、すごく迫力あってどちらもすばらしかったです。

そのほか、いろいろ

出雲の阿国役の中村壱太郎(かずたろう)さん、美しかったです。パンフレットの素顔がちょっと関ジュの小島健くんに似てました!

愛之助さんの子供時代をやってた片岡千太郎くんはすばらしい!可愛いだけかと思ったら翼くんとフラメンコでガッツリ共演するシーンがあって、堂々としてました。

ぜひ将来どこかでジャニーズと共演してほしいです。

チャンスがあればぜひ歌舞伎鑑賞を経験してみて。

音声ガイドだけでなくいろいろ知らないことがありましたよ。初めて観劇される方の参考にどうぞ。

休憩時間は長くて、みなさん客席や食堂でお弁当をたべます。いわゆる幕の内弁当ですね。キコ姉はヒレ肉のカツサンドを食べました!めっちゃ肉厚で美味しかったよ!

売店にはお土産がたくさん、愛之助さんのオフィシャルグッズとかも売ってました。 キコ姉のチケットはパンフレット付きでした。「筋本」だったかな?パンフレットとは言いません。休憩時間にお兄さんが客席に売りに歩いてたりします。

平日だったので全体にやはり高齢の女性やご夫婦が多いですが、一人で来られてる方もわりといらして、気さくに隣とお話しされてました。キコ姉もアメをいただきました。

服装に決まりはありませんがみなさんおしゃれでした。着物の方もちらほら。 一応きちんとした格好でいきましょう。(文・キコ姉)

タッキー&翼の他のオススメ記事はこちら

まとめ

df5ee1964b688cb890776d6f76a8e5c5_s

このリポートは「内容がなんにもわからない」と思う人もいるかと思います。あらすじは入れると膨大に長くなるので、入れてません。このリポートは舞台紹介ではなく、実際に行ってみて「こんなところが楽しかったよ」というものをネタバレギリギリのところで感じたままにお伝えしているものです。

これから行く人や行けない人に「楽しそう!行きたい!」と思ってもらえば成功だと思っています。舞台の内容はぜひ雑誌のインタビュー記事や写真付き舞台レポートで見てくださいね。

では、またどこかに行ったらリポートしますね。感想やご意見いただくと嬉しいです。 (文・キコ姉)十月花形歌舞伎「GOEMON石川五右衛門」のチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。