ジャニーズカウコンへの心得!持ち物&参戦服を徹底解剖!

阪神大震災の災害復興チャリティーイベントとして1996年にスタートして以来、大晦日から元旦にかけての恒例行事となったジャニーズカウントダウンコンサート。今回はそんなジャニーズカウコンへの心得をご紹介いたします。

阪神大震災の災害復興チャリティーイベントとして1996年にスタートして以来、大晦日から元旦にかけての恒例行事となったジャニーズカウントダウンコンサート

ジャニーズファン達の間で「カウコン」として親しまれいますが、毎年テレビでの放送も行われているので、ジャニーズファンでない人々もこのカウントダウンコンサートの存在を認知している人は多いのではないでしょうか。ジャニーズファン達にとっては一年の「ヲタ活(ヲタク活動の略)」を締めくくる最後のイベントである上に、少年隊に始まりジャニーズjr.までのジャニーズ事務所に所属するほとんどのタレント達が集まる場でもあるので普段のコンサートやイベントよりも入場チケットの競争率や参加への熱意も高まります

テレビで放送される大型音楽番組でも見ることのできないような、異なるグループ同士のコラボレーションや、カウントダウンコンサートでしか聞く機会のないグループの歌声に、ジャニーズタレントのみならずジャニーズファン達も大きな刺激を受ける程です。

カウコンへの必需品リスト

(1)団扇(2)双眼鏡(3)参戦服

団扇

カウントダウンコンサートに限らず、どんな現場にでもジャニーズファン達の必需品となっていますが、特に若手グループを応援するファンの方達にとっては、カウントダウンコンサートにおける団扇の重要性は非常に高いと思われます。

多くの所属タレントが集まるこういったイベントでは、若手グループのジャニーズタレント達は多くのベテランタレント達やそのファン達の空気に飲まれがちになってしまいます。そんな時、あなたが持つ団扇でアウェー地になっている東京ドーム(ジャニーズカウントダウンコンサートの会場)をホーム地に変えてあげましょう。

キャリアも違えば人気度の違いも顕著になりがちな場で、「あなたのファンがここにいるよ!」「味方だよ!!」と団扇でアピールすれば、どれだけ安心してパフォーマンスをすることができるか。また、自分が応援するタレントの名前を他のファン達に知らしめることができるチャンスでもあります。その地道な広報活動によって、あなたの好きなタレントが躍進できるかもしれません。しかし、他の観客の迷惑にならないように団扇はなるべく1枚だけ持つようにし、胸より高い位置で団扇を持たないようにすることも忘れずに。マナーを守ってアピールしましょう。

双眼鏡

「どうしても肉眼で見たい」こう思うファン達は、普段のコンサートから自分の目で大好きなタレントを確認しようと双眼鏡を持っていかない人も多い。しかし、カウントダウンコンサートでは必ず持っていくべきです。

55000人もの人が収容される東京ドームでは、余程座席が良くない限り、タレントは豆粒にしか見えません。スッキリとした気持ちで「ヲタ活」の一年を締めくくり、新たな一年を幕開けするためにも「顔を確認できずに終わった」なんてことになったら嫌ですよね。

巨大な会場でもファン達を楽しませようと、ジャニーズタレント達はとにかく動き回るので、どんなに離れていても必ず見つけ出せるように双眼鏡は離さずに持っておけるためにも首や腕に掛けられる紐付きのものが良いでしょう。

みんなのコメント
  1. じゅう より:

    ジャニーズカウントライブ、今年も楽しみにしてます!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。