【3/2公開日決定&ビジュアル解禁】「先生!」生田斗真×広瀬すず出演で「胸ギュン」映画化決定!

河原和音「先生!」の映画化が決定しました!生田斗真×広瀬すずという豪華キャストで先生と生徒の禁断の純愛をみずみずしく描きます。そして生田斗真にとって「先生!」は「僕等がいた」からなんと5年ぶりの恋愛映画!意気込みやあらすじ、役どころまで生田斗真のファンの声と一緒にまとめてみました!

名作ラブストーリー「先生!」が14年の時を経てついに映画化決定!

「アオハライド」「青空エール!!」など胸キュンな少女漫画の映画化が止まらない中、ある女子生徒の先生へのみずみずしい初恋を描いたヒット作・河原和音「先生!」の映画化が決定しました!

そしてその主演として高校教師・伊藤貢作役に決まったのがジャニーズの中でも「演技派」で有名な生田斗真

そしてそんな彼に恋する女子生徒・島田響役は今をときめく女優・広瀬すずが演じます。

監督には「僕等がいた」「アオハライド」の三木孝浩、脚本は「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」など多くの有名作品を手がけた岡田麿里が手がけます。

豪華キャストで早速胸がキュンキュンしそうな映画「先生!」、詳しく見ていきましょう!

「先生!」どんな漫画?


原作は「高校デビュー」「青空エール」「俺物語!!」などで有名な河原和音の同名少女漫画です。

集英社「別冊マーガレット」で1996年から2003年まで連載され、コミックスは全20巻、累計発行部数は570万部を超える大ヒット作品です!

今まで人生で恋をしたことがない女子高生・島田響が高校教師・伊藤貢作に恋に落ちる、「少女のみずみずしい初恋」「先生と生徒の禁断の恋愛」を描いたストレートな恋愛作品です!

気になる登場人物!

伊藤貢作(生田斗真)

生田斗真が演じるのは高校教師・伊藤貢作

世界史を教える先生で、元カノと別れてから女性不信に悩まされている男性です。はじめは島田響(広瀬すず)に告白されても心を開きませんでしたが、徐々に響の想いに動かされるようになります。

今回は生田斗真が演じますが、原作での伊藤貢作のイメージとのギャップにとまどっているファンも多い様子!?

ですがあえてそのギャップをわかっていながら三木孝浩監督は生田斗真を選んだのでしょうから、生田斗真が映画のなかでどんな風に伊藤貢作先生を演じるのか、むしろ楽しみです!

そして生田斗真は「僕等がいた」からなんと5年ぶりの恋愛映画

生田、久々に恋愛映画やるってよ。
キュンキュンを超えて、ギュンギュンする映画を作ります。
皆様、是非、完成を楽しみにしていて下さい。(引用元:公式サイト

とのコメントで、コメント内では広瀬すずはもちろん、三木孝浩監督や脚本の岡田麿里と一緒にできることも楽しみにしているとのことで、久しぶりの恋愛映画に気合が入っているようです!

島田響(広瀬すず)

広瀬すずが演じるのは弓道部の高校生・島田響。嘘が下手ですぐにばれてしまうような純粋な普通の女子高生です。

私自身、ここまで王道なラブストーリーの作品は初めてなので
どんな世界でどんな感情に出会うのかな、と思うと、ただただ楽しみです。
少しでも、響の切ない心、嬉しい心をたくさん感じれるように頑張りたいと思います。
楽しみに待っていただけたら嬉しいです。(引用元:公式サイト

「ちはやふる」「四月は君の嘘」など今年だけですでに四本も映画に出演している広瀬すずですが、王道ラブストーリーは初めてとのことで、コメントから気合が伝わってきますね!

公開日決定&Web用特報映像・ビジュアルも解禁!←NEW!


公開日が10月28日(土)と決定し、Web用特報映像やビジュアル情報も解禁となりました。
Web用特報映像は響メインでの映像となりますが公式サイトでは劇場用の特報とポスタービジュアルが公開されています。
生田斗真は広瀬すずとの初共演について「広瀬さんがすごく純粋にまっすぐにどーんとぶつかってきてくれたので、とても伊藤先生でいやすかった」とコメントし、広瀬すずは「伊藤先生が生田さんじゃなかったら、この響はできなかった。もう拝みたくなるような神様みたいな人」とのことでした。

公開日が待ち遠しい!

生田斗真×広瀬すずということもあり話題になること間違いなしの映画「先生!」は2017年10月28日公開です!

原作ファンの中では配役に少し「大丈夫なのか!」という声も上がっていますが、実際に見てみたら「すごく良かった!」という話は実は結構あるように思えます!

ジャニーズきっての演技力で活躍する生田斗真、旬な実力派女優の広瀬すずがどんな風に演じるのか楽しみです!まずは胸キュンキュン、ではなく胸ギュンギュンする準備をして待ちましょう!

ジャニーズに関する記事はコチラがおすすめ!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。