【必見!】みんなで守ろうコンサートマナー!Hey!Say!JUMPの夏コン前におさらいしておこう

Hey!Say!JUMPの2017コンサートツアーの開催が発表され、今か今かと心待ちにしている方も多いことでしょう。ツアーが始まる前に、参加するみなさんに今一度確認してほしいのはコンサートマナーのこと!8月から10月まで開催されるHey!Say!JUMPのコンサートツアーに先駆けて、コンサートマナーについて詳しくご紹介していきたいと思います。残念ながら、理解しているようで、意外と守れていないのも事実…。みんなで守って素晴らしいコンサートにしましょうね!

Hey!Say!JUMPのツアーが決定!今回は8ヵ所29公演!

(画像引用:photoACより)

7月にはニューシングル「Precious Girl/Are You There(A.Y.T)」をリリースするHey!Say!JUMP。彼らがイメージキャラクターを務めているコーセー「FORTUNE」のCMソングにも起用されており、リリースされる日が待ち遠しいですね。

8月からはコンサートツアーの開催も発表されており、福井や静岡など、地方公演も充実していますし、ドームのような大きな会場ではなくアリーナのみというのも、彼らと近い距離で会えますから、ファンにとっては嬉しいポイントですよね!

ツアー開催に向け、参戦する私たちも参戦マナーについてしっかりおさらいしておくことが必要です。Hey!Say!JUMPのコンサートが素晴らしいものになるよう、今一度コンサートマナーについて考えてみましょう。

Hey!Say!JUMPに関するおすすめ記事はこちらから!

おさらい!Hey!Say!JUMPのコンサートマナー 服装編

(画像引用:photoACより)

コンサート参戦が決まると、誰でも悩むのがこの服装でしょう。Hey!Say!JUMPメンバーの自担カラーで身を固めるのもよし、一緒に参戦する友達とおそろいコーデで担当にアピールするのもいいですね。自分が一番魅力的に見える服装で参戦したい!というのは、誰もが持っている思いですよね。服装に関してはしっかりとした規定はありませんが、水着のように露出が多い服装などはNG!

意外と盲点なのが靴

さまざまなグループのコンサートに参戦していますが、比較的どの会場でも高いヒールの靴を履いている人が多いです。スタンド席であれば、座席に傾斜がついているので前後の座席とは違う高さから見ることになりますから、多少のヒールがあっても大丈夫ではあります。ですが、アリーナ席であるにも関わらず、ヒールのある靴を履いた場合にはどうなるでしょうか?

そうです、後ろの方は公演中にステージではなく後頭部を見るハメに…。実際、アリーナ席でワクワクしながら会場に入ったら、2つ前の座席の方がとんでもない高ヒールを履いていて、ステージがあまり見えなかったという苦い思い出があります。

身長が低い方は埋もれてしまってステージがほとんど見えないから…という理由でヒールのある靴を履かれる方もいますが、そういった場合は周りに迷惑をかけていませんから問題ないでしょう。

ある程度の身長がある方は、なるべくヒールのある靴を控えてローヒールの物を選ぶか、どうしてもヒールのある靴で行きたい場合は座席についてから履き替えるなどの配慮ができるといいですね。

よく話題になる髪型について

盛った方が華やかになるので、自担にキレイな自分を見てもらいたい!と盛り髪で会場にいる方も少なくないのが現状です。確かに華やかな髪型は気分も上がりますから、盛り髪にしたい気持ちも女性としてはわかります。ただ、大勢が集まる場所ということを考えると、適した髪型ではありません。

先ほどのヒールと同様、高さが出てしまうので後ろにいる方たちの邪魔になってしまうのです。自分にとっては問題がないことであっても、その他の人にとっては大問題!

もし自分が同じ目にあったら…心穏やかではないはずです。服装や髪型はマナーを守り、気を付けて選びたいですね。

おさらい!Hey!Say!JUMPのコンサートマナー 持ち物編

(画像引用:photoACより)

Hey!Say!JUMPのコンサートに参戦する場合、必須アイテムは次の二つ!

  • うちわ
  • ペンライト

この二つはジャニーズのコンサートでは欠かせない持ち物ですよね。コンサートに向け、今からファンサうちわを準備し始めている方も中にはいるかもしれませんが、ファンサうちわにも規定があることをご存知でしょうか?

今回初めてHey!Say!JUMPのコンサートに入られるならしっかりチェックしておきたい部分ですよね。

うちわについて

サイズに関しては、通常のうちわよりも大きな縦28.5cm×横29.5cmのジャンボサイズと呼ばれているもの(100円ショップなどで入手できます)を使用しましょう。

そして、うちわの周りにはキラキラしたモールなどの装飾はNGです。会場内は多くの照明が照らされていますが、うちわに照明が当たった時、自担がとても眩しい思いをし、目を痛めてしまう恐れがあるからなのです。

ここ最近、他グループでもうちわの大きさチェックが行われているケースがありますから、最悪没収されてしまうということもあるかもしれません。丹精込めて自担のために作ったのに、規定サイズでないばかりに使えなくなってしまっては元も子もありません。

大きさは規定のサイズで1枚、キラキラした加工はしないようにしましょうね。

コンサートには欠かせないペンライト

ジャニーズのコンサートでは、基本的にコンサートグッズ以外のペンライトの使用は禁止されています。ですが、ここ最近の傾向としては、公式ペンライトの他に自担カラーのサイリウムも持っている方が増えてきています。

実際に昨年のDEARコンでもサイリウムを持っている方が多く、私の近くにもサイリウムを持っている方がいました。公式ペンライトの中だと、サイリウムやルミカなどはかなりの光量がありますからかなり目立ちます。「目立つ=ファンサがもらえる」という考えからペンライト以外の物を持ち込むのかもしれませんが、ある公演では目の前の方がサイリウムを両手に何本も持って振り回す場面にも遭遇したことがあります。こうなるとステージの照明よりも眩しさの方が勝ってしまうので何も見えません…。

自担を応援したいという強い気持ちからサイリウムなどを使う方もいるかもしれませんが、規定にあるように公式ペンライト以外の光物は使わないようにしましょう。

おさらい!Hey!Say!JUMPのコンサートマナー 会場内でのふるまい編

(画像引用:photoACより)

Hey!Say!JUMPのコンサート会場では、自担に会える喜びで気持ちが高揚する方がほとんどでしょう。

今までテレビで応援するばかりだったのが、コンサートがあることによって同じ場所で同じ空気を吸うことができる喜びと言ったら計り知れません。ただ、興奮のあまり、我を忘れないように気を付けたいところ。

MC中や挨拶の最中に自担の名前を呼んだりするのはNG!カッコ良すぎる自担を見ると自然と声が出てしまうものですが、あまりに大声だと周りの迷惑にもなりますし、コンサートの進行にも支障をきたす場合がありますので、声はなるべく抑えましょうね。

そして悲しいことに、コンサート中の音声を録音したり、会場内の様子やコンサートの内容を撮影している人も少なくないのも現状です。なかにはtwitterで公開したり、お金と引き換えに見せてあげる…ということもあるのです。その日の素晴らしいコンサートをいつまでも残しておきたい気持ちは痛いほどよくわかります。それを見たり聞きたくなってしまう気持ちもよくわかります。ただ、大好きな自担たちが心をこめて一公演一公演全身全霊で取り組んでいるものを簡単に横流しするのはNGです。

一般的に、どのアーティストのコンサートでも、会場内の撮影や録音は禁止されており、係員に見つかった場合は注意を受け、それでも改善されない場合は退場となります。

バレなければいいのではなく、決まりによってやってはいけないことですから、撮影や録音は絶対にしてはいけません。また、周囲で行っている人がいれば、会場スタッフに伝えましょう。

そして、メンバーが会場に入ったり出たりするのを待っている行為、「入り待ち」「出待ち」などの追っかけ行為もNGです。会場の外でも自担を見たくなってしまう気持ちもわかりますが、会場の外にいるメンバーたちはプライベートの時間です。最高のパフォーマンスができるように、メンタルに負担を与えるような追っかけ行為はやめましょう。

そのほか、以前はゴミの問題も話題になることが多かったのですが、最近では、コンサート後に会場の中や外のゴミ拾いをしてから帰っていくファンも多いようです。ファンはアーティストの鑑と言われますから、こういったマナーのいいファンが多ければ自然とグループの株も上がっていくでしょう。

Hey!Say!JUMPのおすすめ記事をチェックしよう!

映画にドラマ、世界体操プレゼンターなど、個々の活躍も光るHey!Say!JUMP!

映画「こどもつかい」「ピーチガール」への出演や、「世界体操2017」のプレゼンターにも就任するなど、個々での活躍が増えてきたHey!Say!JUMPのメンバーたち。今回は、Hey!Say!JUMPのコンサートマナーについて、服装やペンライト、追っかけ問題やゴミ問題などについてご紹介してきましたが、一人一人が気を付けることで、誰も嫌な思いをすることがなく思う存分コンサートを楽しむことができたら本当に素敵ですよね。

新曲のリリースやアルバムリリースも期待される彼らですが、今年のツアーもたくさんの表情を見せてくれる素晴らしいものになるに違いありません。ぜひ会場でHey!Say!JUMPの勇姿を目に焼き付けましょう!

みんなのコメント
  1. ひかるととまと より:

    みんながマナーを守れば、Hey!Say!JUMPのみんなも堂々と「この人たちがとびっこだ!」って言えるよね⁇

    自分が行動する前に、よく考えて。それが自担やHey!Say!JUMPを傷つけたりしないか、本人の前で胸を張っていられる行動なのか。

    マナー違反で困るのは、ファンよりもHey!Say!JUMPの皆さんです。

    マナーを守ってLIVEに参戦しても、充分楽しいはず。

    これ以上、Hey!Say!JUMPを傷つけないで!!

    周りのとびっこを悪く言う前に、自分の行動を見直して。

    偉そうにごめんなさい。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。