関西ジャニーズJr.浜中文一くん演じる桜小路再び! 舞台「ガラスの仮面」の公演詳細・見どころをチェック!

累計発行部数5,000万部以上を誇る大ベストセラー漫画「ガラスの仮面」(原作:美内すずえ)の舞台が上演されます。今回は、公演の詳細や見どころをご紹介していきながら、桜小路優役として出演が決まっている関西ジャニーズJr.の浜中文一くんにスポットを当てていきたいと思います。

累計発行部数5,000万部以上を誇る大ベストセラー漫画「ガラスの仮面」(原作:美内すずえ)の舞台が、9月1日より大阪・松竹座、9月16日より東京・新橋演舞場にて上演されます。これまで何度も舞台化されている作品ですが、今回は2014年版と同じ演出家・キャストにより再演される形となります。

そこで今回は、公演の詳細や見どころをご紹介していきながら、桜小路優役として出演が決まっている関西ジャニーズJr.の浜中文一くんにスポットを当てていきたいと思います。

浜中文一くんも出演!再演される舞台「ガラスの仮面」の公演詳細をチェック!

まずは、公演の日程・座席料金・主要キャストについて見ていきたいと思います。(7月5日時点の情報となりますので、変更となる場合があります)

【公演スケジュールと座席料金】

<大阪・松竹座>

  • 9月1日(木) 15:30
  • 9月2日(金) 11:00/15:30
  • 9月3日(土) 11:00/15:30
  • 9月4日(日) 11:00
  • 9月5日(月) 11:00/15:30
  • 9月6日(火) 15:30
  • 9月7日(水) 11:00/15:30
  • 9月8日(木) 11:00
  • 9月9日(金) 11:00/(午後の部は貸切)
  • 9月10日(土) 11:00/15:30
  • 9月11日(日) 11:00
[座席ごとの料金]※税込
1等席10,800円(1・2階)、2等席6,500円(3階)

<東京・新橋演舞場>

  • 9月16日(金) 11:30
  • 9月17日(土) 11:30/16:30
  • 9月18日(日) 11:30/16:30
  • 9月19日(月・祝) 11:30
  • 9月20日(火) 11:30/16:30
  • 9月21日(水) 休演日
  • 9月22日(木・祝) 11:30/16:30
  • 9月23日(金) 11:30
  • 9月24日(土) 11:30/16:30
  • 9月25日(日) 11:30/16:30
  • 9月26日(月) 11:30
[座席ごとの料金]※税込
桟敷席 11,800円、1等席 10,800円、2等席 8,000円、3階A席 6,000円、3階B席 3,000円

【キャスト】

  • 北島マヤ 役:貫地谷しほり
  • 姫川亜弓 役:マイコ
  • 桜小路優 役:浜中文一
  • 速水真澄 役:小西遼生
  • 水城冴子 役:東風万智子
  • 月影千草 役:一路真輝

2014年版の再演となる本舞台ですが、貫地谷しほりさん演じる北島マヤと、マイコさん演じる姫川亜弓が「ふたりの王女」を演じる人気のストーリーだけでなく、新たなエピソードも追加される予定となっています。前作に引き続き脚本・演出を手がけるG2さんは、シーンごとのカット割やセリフのもっていきかたなど「ガラスの仮面」が持つ素晴らしさをどのように演出すればよいか考えるのが大変だったと2014年の舞台について振り返っています。

原作の美内さんが「舞台機構をとことん使いこなしていた」と語るように、様々な手段を用いながら、漫画のビジュアルに勝つようにやりたいというこだわりを貫き通したG2さん。キャストに相当な苦労をかけたと語っていますが、誰一人不平を口にすることなく、どんどんやろうよと言ってくれた素晴らしいチームでの再演だからこそ、「今回もいろいろと無茶を言うことになるかと思う」と語っています。漫画にある効果的な演出が、舞台でどのように生かされるのか、2014年と比べどのようにパワーアップするかという点は、今回の見どころの一つと言えるのではないでしょうか。

桜小路優を演じる浜中文一くんの成長に注目!

関西ジャニーズJr.の浜中文一くんは、前作に引き続き桜小路優役を務めます。「再演があるかもしれない」ということを聞いた際、「もしかしたら、僕やっぱり呼ばれへんかもしれへんな…」と心のどこかで思っていたそうですが、再び桜小路優役を演じることが決まり、どこかほっとした様子もうかがえます。

2014年の舞台について、「自分の中ではやりきったと思っている」と振り返っていますが、そのなかで出てきた課題を本舞台ではしっかりクリアして、ただひたすらに一生懸命に桜小路君を頑張って演じたいと意気込んでいます。2014年の舞台を実際に観に行った方の感想を見ても、浜中くん演じる桜小路優がいかに多くの人々の印象に残るものだったかがうかがえます。

Twitterにもあるように、前作の舞台出演経験は、浜中くんにとって大きな自信となったことに違いありません。その後も「もとの黙阿弥」や「ドッグファイト」など、様々な舞台に出演し、舞台俳優・浜中文一としてメキメキと力をつけている印象があります。かつて「ザ・オダサク」に出演した浜中くんの姿を見て、こんな感想をお話している方もいました。

こうした言葉からも、浜中くんは役としっかり向き合い、あるべき姿やよりよい形を日々模索しているのかなと思う部分があります。「ザ・オダサク」と同様、2度目の出演となる「ガラスの仮面」も、きっと2年前からさらに進化した姿を見せてくれるはずです。浜中くんにしか演じることのできない桜小路という人間、浜中くんにしか醸し出すことのできない世界観を前作以上に強く感じられる舞台になること間違いなしです。

関西ジャニーズJr.に関するその他のオススメ記事

「ガラスの仮面」は浜中文一くんをはじめとするキャストの熱演、こだわりの演出に注目!

主演を務める貫地谷さんは、2014年の舞台について、「『ガラスの仮面』をやるということは、すごくハードルが高いことだった」と振り返っています。多くの人に愛される人気作品だからこそ、「批判が飛ぶんじゃないかと怖かった」と思っていたそうですが、実際に舞台が始まると、毎日が本当に楽しく充実していたと振り返っています。今回は約1ヶ月間にわたり2都市で上演されることから、より「ガラスの仮面」というすばらしい世界に深く潜っていけるのではと語っています。浜中文一くんをはじめ、同じメンバーで作り出されるからこそ、今回の舞台はよりディープな世界を堪能できる舞台となること間違いなしです。チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。