第3話「カインとアベル」のあらすじ内容をチェック!無料動画視聴あり

「カインとアベル」第2話終了時は高田優が切なすぎる展開でしたが第3話のストーリー内容はどうなっているのか気になりますよね。そこで今回はこれまでの「カインとアベル」をおさらいしつつ、第3話(放送日10月31日)のあらすじ内容をご紹介します。最新のドラマ内容は無料動画視聴が可能です。

前回第2話の「カインとアベル」放送終了後は、Hey!Say!JUMP 山田涼介さん演じる高田優が切なすぎる!ということでファンの涙をさそったエンディングで終了しましたが、第3話のストーリー内容はどうなっているのでしょうか?

そこで今回はこれまでの「カインとアベル」をおさらいしつつ、第3話(放送日10月31日)のあらすじ内容をチェックしていきましょう。すでに第3話の無料動画視聴は終了していますが、最新のドラマ内容は無料動画視聴が可能です。

では、一気にドラマのネタバレをご紹介していきます。

これまでのドラマのあらすじ

会社のプロジェクトメンバーである高田優(山田涼介)と矢作梓(倉科カナ)は、仕事を通じてお互い支え合い良い関係を築いていっていました。しかし、矢作は兄である高田隆一の彼女。

ついに、高田家(父と優)に矢作が隆一の彼女であると紹介されることになり…。矢作をめぐって、兄(隆一)と弟(優)の恋の三角関係がこれから始まる!?

第3話の主要登場人物

第3話「超緊急事態!最大のピンチを乗り越えろ」

第3話は、アウトレットの建設計画事業をめぐって環境団体との対立がメインとなり、ストーリーが展開していきます。では、ドラマのあらすじ内容をチェックする前に、主要な登場人物をおさらいしていきましょう。

高田優(山田涼介)24歳

主人公。プロジェクトメンバーの一員として、毎回奮闘しつつ順調に仕事をこなしています。一緒に頑張ってきたプロジェクトメンバーの矢作梓が兄・隆一の彼女だということを知り…。

高田隆一(桐谷健太)32歳

主人公の兄で矢作梓の恋人。バンコクの事業開発を任されており、軌道修正をはかったところでようやく恋人を家族に紹介することができました。

高田貴行(高島政伸)55歳

主人公の父で高田総合地所株式会社の社長。兄に将来を考えた恋人がいたことを喜んでいる!?

矢作梓(倉科カナ)28歳

プロジェクトメンバーの一員で優の同僚。隆一の恋人であることを優には隠していました。しかし、隆一に対して不満を持っている節も…。

団衛(木下ほうか)50歳

プロジェクトチームの上司。

兵頭光一(イッセー尾形)

アウトレットモール建設地の地元有力者。

佐野佐野(田中幸太郎)

アウトレットモール建設地で反対デモ運動を起こす環境団体代表者

高田桃子(南果歩)56歳

社長である高田貴行の姉であり、会長の娘。4度目の結婚をするために、シンガポールから帰国しています。バンコク事業が上手くいっていない隆一を心配しています。

第3話のあらすじ・ストーリー内容をネタバレ!放送日:2016年10月31日

登場人物をおさらいした後は、ドラマのあらすじ・ストーリー内容をネタバレしていきます。前回第2話で矢作梓(倉科カナ)が隆一の恋人であることを優が知るという切なすぎるストーリーでした。

果たして3話はどのようなストーリー展開をしていくのでしょうか。すでに第3話の無料動画視聴は終了しているので、ここで思う存分ネタバレを楽しんでくださいね。

矢作梓が兄・隆一の彼女だということを知った優

家族だけの食事会かと思って出かけた高田優は(山田涼介)は、レストランで矢作梓(倉科カナ)と兄の高田隆一(桐谷健太)を目撃します。ちょうど、それは兄が父・高田貴行(高嶋政伸)に矢作を彼女として紹介するタイミングでした。

梓に対して好意を持ち始めていた優でしたが、明るく振る舞い、兄の彼女として矢作を受け入れます。食事会では、小さい頃兄と一緒になって父の大切な万年筆を探し出したというエピソードを語り、兄を褒めるのでした。

高田隆一が次期社長に!?

バンコクのトラブルも無事に解決し、次期社長と噂されている隆一。その夜、父からもこのままいけば、次の株主総会で社長に推薦することになると告げられ、喜びをかみしめます。

しかし、上手くいっていると思っていたバンコク開発事業は、債務が膨らみさらに100億もの融資が必要だと発覚します。

アウトレットモール建設において訪ねてきた2人の男

一方、優は団衛(木下ほうか)、矢作とともに地元の有力者兵頭光一(イッセー尾形)に、ゼネコンの入札に地元の建設会社を入れてほしいと頼まれ困惑していました。

すでに、大手が決まっており地元の建設会社では歯がたたないということで断りを入れると、意外にもあっさりと引き下がってくれたことにホッと胸をおろします。

しかし、今度は環境団体の代表者を名乗る佐野(田中幸太郎)という男が会社に訪ねてきました。既に建設のプロジェクトは進行しているにもかかわらず、環境を守るために建設自体を見直すように求めてきます。もちろん、無理な話だと断りますが、佐野もまたあっさりと帰っていきました。

アウトレット建設の反対デモ運動が発生

部署に戻ると、そこにはTVの前に集まるメンバーたち。なんとTVには建設現場でアウトレットの建設反対運動をする佐野の姿が映っていました。急いで現地に向かった優と矢作でしたが、説明しようとするものの全く聞く耳をもってくれません。

ニュースだけではなく、週刊誌でも話題になり始め、再度佐野に反対を辞めるように説得しにいく優と矢作。そこで、佐野は地元の白川建築に工事を頼めばなんとかなるという話をします。

入札の結果、最低点だった白川建設ですがアウトレットモール建設を無事に進めていくには、白川建設に頼むしかないという団は判断しました。しかし、それを1日だけ待ってほしいと申し出たのが優でした。

兄・隆一が積み上げてきたものが崩れていく瞬間

兄の隆一はというと、資金調達に苦労している真っ只中。再び、四葉銀行の頭取に頭を下げてお願しますが、ここまで債務が膨らんでいたことを黙って隠していたとして、信頼を失う結果になってしまいました。

反対デモ運動は仕組まれたものだった…

優と話している時に、ゼネコンしか知り得ない情報を佐野が口にしたことから、兵頭光一が絡んでいるのではないかと調べていた優。予想通り、反対運動を仕組んでいたのは兵頭だったのです。

そこに、本物の環境団体の人があらわれ、無事にアウトレット建設は入札点数の高かった建築会社に頼むことができるのでした。

隆一の不審な行動の意味は?

その夜、優は部屋にやってきた隆一に、食事会で話題にのぼった万年筆を手渡します。兄が話すには、自分ではなく優が本当は見つけたものだと言うのです。そのまま、部屋を出ていってしまった兄は、いつもと様子が違うようでした。

次の日、会社では副社長である隆一が出勤していないと…。優にも居場所を尋ねられるものの、どこにいるのか分かりません。そこで、矢作にこっそりと訪ねると思いもよらない答えが返ってきました。「もう戻ってこないかも…。」果たして、兄・隆一はどこに行ってしまったのでしょうか…。

第3話「カインとアベル」を見たファンの感想

arashi-20161115-album01

カインとアベル第3話のあらすじ内容ネタバレはいかがでしたでしょうか?ストーリーも動き出し、次回の放送内容も気になるところですよね。その前に、第3話を見たファンの感想もみていきましょう。


https://twitter.com/mikku39/status/794133474030424065

最新話を見逃したという人は、放送日から1週間以内であれば無料動画視聴することができます。もう一度山田涼介さんの演技をじっくりと見たいという人にも無料動画視聴はおすすめです。

Hey!Say!JUMPの関連記事はこちら

Hey! Say! JUMP山田涼介さんの代表作ドラマとなるか!?

e76eba2ad8eff90b2ea9246a32c24a1c_s

Hey! Say! JUMPの中では、俳優枠として活躍している山田涼介さん。カインとアベルも、これから次々とストーリーが展開していくことが予想されます。ここで、Hey! Say! JUMPのファンとして山田涼介さん主演ドラマをますます盛り上げるようにがんばっていきましょう!次の放送日も楽しみです。チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。