嵐 チケット
嵐が主演してるピカンチハーフの気になるあらすじって?

デビュー15周年を飾る嵐の主演映画「ピカンチ・ハーフ(ピカ☆★☆ンチLIFE IS HARD たぶんHAPPY)」が8月1日から水道橋の東京ドーム CITY HALLで公開になります。今回は、「ピカンチ・ハーフ」のあらすじをご紹介します。

デビュー15周年を飾るの主演映画「ピカンチ・ハーフ(ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶんHAPPY)」が8月1日から東京・水道橋の東京ドーム CITY HALLで公開になります。

1ヶ月間分の公演25万枚のチケットは発売2日間で完売。ものすごい人気です!10月からは、札幌、名古屋、大阪、福岡での公開も決定され、地方公演分のチケット販売が待たれるところですね。

今回は、「ピカンチ・ハーフ」のあらすじをご紹介します。公開前に見どころを押さえておきましょう。

嵐メンバー5人の役どころ

映画「ピカンチ」シリーズは、第1作目が「ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY(2002年公開)」、第2作目が「ピカ☆☆ンチ(ピカンチ・ダブル) LIFE IS HARDだからHAPPY(2004年公開)」でした。今回の「ピカンチ・ハーフ」は、シリーズ第3作目にして、10年ぶりの作品です。

嵐5人は東京品川区のマンモス団地・八塩団地で青春時代に友人だった5人組。大野くんは、ちょっぴり気弱で、周りの流れに逆らえないハル。翔くんは、高校時代はヤンキー暴走族だったチュウ。

松潤は、団地内では「リッチ棟」出身、板前志望のボン。ニノは、スケボーを究めにアメリカに渡ったりバンドを組んだりの自由人タクマ、相葉くんは大学受験に失敗して手芸のブランドを立ち上げるシュン。というのが、前作までの5人の役どころでした。

「ピカンチ・ハーフ」は、前作から8年後の5人の物語

今回の映画は、前作から8年後、5人がふとしたきっかけで再開するところから始まります。30代に入り、それぞれの道を歩んでいた5人は、皆いろいろな悩みを抱えて生きているんですね。

ハル(大野くん)は、結婚して子どもにも恵まれ、真面目に働いていましたが、妻の浮気に悩む日々。チュウ(翔くん)は、元レディースの妻とケンカ別れして別居中。

ボン(松潤)は、原宿にクレープチェーン店を持ち、成功したように見えますが、実は隠された秘密が…。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。