嵐の主演映画ピカンチハーフのメンバーの役を振り返る!

今年の夏、話題をさらっている嵐の主演映画「ピカンチ・ハーフ(ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶんHAPPY)」。今日は、嵐ファンなら見逃せない「ピカンチ・ハーフ」のメンバー5人の役どころを紹介します。

今年の夏、話題をさらっているの主演映画「ピカンチ・ハーフ(ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶんHAPPY)」。

嵐デビュー15周年記念作品ということで、あらしっくの思い入れもひとしおですね。東京公演分25万枚のチケットは発売2日間にして完売、というところに嵐の国民的アイドルのスゴさがうかがえます。

今日は、嵐ファンなら見逃せない「ピカンチ・ハーフ」のメンバー5人の役どころを紹介します。映画を見に行く前にチェックしておきましょう!

大野くん・貴田春彦(ハル)

大野くんの役どころは貴田春彦(ハル)。

東京・品川の八塩団地で青春時代を過ごし、高校卒業後は、地元スーパーに就職するという、平凡すぎる人生を送る男です。気弱な性格で周りに流されて生きている彼は、初恋の女の子の母親と関係を持ってしまい、そのままずるずると彼女と結婚させられてしまうんですね。

八塩で一番運が悪く、立ち回りが不器用な男・ハル。そんな男の悲哀を大野くんが飄々とした演技で表現します。

翔くん・鴨川 忠(チュウ)

翔くんの役は、ヤンキーあがりの1児のパパ・鴨川 忠(チュウ)高校中退後、原チャリ暴走族などを経て、大手家電メーカーに勤務。そのヤンキー根性精神でバリバリと営業成績を伸ばし、順風満帆に見えたのですが、夫婦関係にひびが入ってしまうのです。元レディースの妻とは、息子の教育のことなどでケンカが絶えず、ついに破局が?翔くんのエネルギッシュな性格にぴったりの役かも?

ニノ・恩田琢磨(タクマ)

ニノの役どころ・恩田琢磨(タクマ)はかなりクセのあるキャラです。

八塩団地で高校時代を過ごしたタクマは、 その多感な時期に父親が風俗通いの借金を苦に自殺。また、自宅の団地棟が爆破するなど、不幸な影を背負う青年なんですね。

スケボーの名手としてアメリカに渡った後は、ミュージシャンとして身を立て、世界を又に駆けて活躍しているタクマ。ニノのヒッピー姿も見逃せませんね。

みんなのコメント
  1. あらしっく より:

    ピカンチ絶対に見る!今年のドームツアー絶対に行く!

  2. にのLove(*^.^*) より:

    ピカンチ見ました!みんな最高でした。今年のツアーには何があっても絶対に行きます(^_-)

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。