嵐のピカンチダブルのあらすじを再確認して最新作に備えよう

今回は、「ピカンチ」シリーズ第2作目・「ピカ☆☆ンチ(ピカンチ・ダブル) LIFE IS HARDだからHAPPY」のあらすじをご紹介します。「ピカンチ・ハーフ」ご覧の前にぜひチェックしてくださいね。

今年の夏、話題を集めている嵐の主演映画「ピカンチ・ハーフ(ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶんHAPPY)」が東京・水道橋の東京ドーム CITY HALL にて、8月1日より1ヶ月間の公開になります。その後、10月からは、札幌・名古屋・大阪・福岡での公開も決定し、嵐の人気はとどまるところを知りません。

今回は、「ピカンチ」シリーズ第2作目・「ピカ☆☆ンチ(ピカンチ・ダブル) LIFE IS HARDだからHAPPY」のあらすじをご紹介します。「ピカンチ・ハーフ」ご覧の前にぜひチェックしてくださいね。

「ピカ☆☆ンチ(ピカンチ・ダブル)」は、前作「ピカ☆ンチ 」から3年後の5人の物語

東京・品川のマンモス団地「八塩団地」で青春を共に過ごしたハル(大野くん)、チュウ(翔くん)、シュン(相葉くん)、タクマ(ニノ)、ボン(松潤)。高校卒業後、彼らはそれぞれの道を歩んでいました。

地元のスーパーマーケットに就職が決まったものの、相変わらず気が弱く、周りに流されてしまう生き方をしているハル。元レディースの弥生に一目ぼれし、結婚して一児をもうけて、家電量販店で働くチュウ。

青山学園大学受験に失敗したものの、編み物教室に通って編み物を究め、独自のニットブランド「SHUN MEN」を経営するシュン。カリフォルニアから帰国後、仲間とバンドを組んでギターを担当しているタクマ。板前修業を積み、修業先では、レンと呼ばれているボン。

ばらばらになってしまっていた5人は、ある事件をきっかけに、また八塩団地に集まり、ドラマの渦中に身を置くことになるのです。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。