【嵐】アイコンタクトは信頼の証!!『磁石コンビ』名前の由来って?櫻井翔・二宮和也の仲良しエピソードまとめ

嵐のメンバーそれぞれのコンビに愛称をつけ、コンビ愛を楽しんでいる嵐ファンたち。様々なコンビがある中で今回ご紹介するのは、嵐きっての頭脳派コンビとして知られる、櫻井翔・二宮和也の『磁石コンビ』です。『磁石コンビ』の名前の由来や、櫻井翔と二宮和也のお互いに対する信頼感が伝わる仲良しエピソードなど、『磁石コンビ』の魅力をギュギュっとまとめてお伝えします!!

嵐の頭脳派!!『磁石コンビ』

(出典:写真素材ACより)

メンバー間の仲の良さが魅力の嵐ですが、メンバー同士の組み合わせによって5人でいる時とは違う関係性や空気感が見られることも。

そんな嵐のメンバーそれぞれのコンビに愛称をつけ、コンビ愛を楽しんでいる嵐ファンたち。

“山コンビ”、”にのあい”などといった様々なコンビの中から今回ご紹介するのは、嵐きっての頭脳派コンビとして知られる、櫻井翔・二宮和也の『磁石コンビ』です。

コンサートやバラエティ番組でのアイコンタクトが多く、息ピッタリのやりとりで場を盛り上げてくれる『磁石コンビ』。

そんな『磁石コンビ』の名前の由来や、櫻井翔と二宮和也のお互いに対する信頼感が伝わる仲良しエピソードなど、『磁石コンビ』の魅力をギュギュっとまとめてお伝えします!!

『磁石コンビ』の最新情報はコチラ

『磁石コンビ』の由来って?

(出典:無料写真素材ACより)

『磁石コンビ』の名前の由来となっているのは、櫻井翔・二宮和也のイニシャル。

櫻井のSと二宮のNが磁石のS極・N極と同じことから『磁石コンビ』と呼ばれるようになりました。

2人は他にも、W主演したドラマ「山田太郎ものがたり」から『やまたろコンビ』と呼ばれたり、2人の名字をあわせて『櫻宮』と呼ばれることもあります。

その絆はJr.時代から?嵐結成前のエピソード

(出典:無料写真素材ACより)

ジャニーズJr.時代、仲の良かった先輩が同じだったという櫻井翔・二宮和也の2人。

嵐を結成する前からお互いのことをよく知っていたようで、2人のJr.時代の関係性が分かるエピソードが残っています。

初めて怒られた先輩は櫻井翔

二宮がジャニーズ事務所に入って最初に怒られた先輩が櫻井だったという、なんとも運命的なエピソード。

二宮が同期のJr.と一緒に遊んでいたところに櫻井がやってきて、片づけられていないお弁当箱を発見。そのお弁当箱は二宮の同期が食後、そのままにしておいたモノだったのですが、櫻井は二宮に「同期が弁当箱を片づけないなら、お前が片せ!!」と怒ったのだそうです。

二宮は当時を振り返り、「なんて理不尽なんだと思った」と語っています。

今では温厚なイメージが強い櫻井ですが、Jr.時代は上下関係に厳しい体育会系の気質が強く出ていたみたいですね。

そんな厳しい櫻井少年に怒られたのは二宮だけではなかったようで、KAT-TUNの亀梨和也も、Jr.の頃カップラーメンの食べ残しをシンクに捨てたら「そこに捨てんな」「詰まってるのお前が原因か!!」とものすごい勢いで怒られたというエピソードを披露しています。

ルールや上下関係に厳しかったという櫻井少年。他にも、そんな櫻井少年に怒られたJr.がいそうですよね。

ジャニーズJr.黄金期と言われた当時のメンバーから、新たなエピソードが聞かれるのが楽しみです。

デビュー前に2人で社長に直談判

嵐としてデビューする前、櫻井・二宮の2人が事務所を辞めようと思っていたというのは有名な話。

2人とも、すでに事務所に話を通しており、その後の進路についても考えていたそうです。

しかし、スタッフからバレーボールのイメージキャラクターに選ばれたという話を聞き、「このままではデビューさせられてしまう」と思った2人は、社長に直談判に行くことに。

2人が社長を尋ねると、ちょうど社長は留守にしていて話が出来ず、そのまま流されるようにデビューに至りました。

もしも、社長が2人の話を聞いていたら今の嵐は存在しなかったかもしれないと思うと、時の運に感謝してもしきれない気持ちになりますね。

実は、社長を訪問する前日、二宮は櫻井家に泊まり2人で作戦会議をしていたんだとか。

長い間、同じグループの一員として運命を共にすることとなる2人の、絆と歴史を感じるエピソードです。

息ピッタリにふざけ合う『磁石コンビ』

(出典:無料写真素材ACより)

以前の「嵐にしやがれ」で、楽屋で日常的にショートコントをしているのに「ニノぐらいしか付き合ってくれない」と話していた櫻井翔。

コンサートでの『磁石コンビ』のおふざけはもはや定番となっており、たくさんのファンを楽しませています。

ドラマ現場で2人だけのお遊び

共演したドラマ「山田太郎ものがたり」の現場では、2人だけのくだらない遊びをやっていたことを共演者にバラされていましたね。

その遊びはというと、

  • 催眠術ごっこ(二宮が櫻井を催眠術にかけ、かかったフリをした櫻井に無茶ぶりをする)
  • 二宮が櫻井のなで肩に手をかけ「おはようございます・・・あっ」と手を滑らせる

といったもの。まるでコントのような遊びを2人で楽しんでいたようです。

二宮は櫻井の彼女?2人のあま~いエピソード

普段から嵐のメンバーへのボディタッチが多い印象の二宮和也ですが、その例に漏れず櫻井翔にも女子顔負けの可愛らしいボディタッチをしているようです。

そんな二宮を受け止める、男らしい櫻井。2人の姿はまるで付き合っているカップルのよう♡

2008年に櫻井がゲスト出演した「おしゃれイズム」では、二宮が櫻井の新しいパンツに気づいたというエピソードを披露し、司会の上田晋也から「付き合ってるの?」と疑われたこともあるほどです。

ここでは、そんな『磁石コンビ』のあま~いラブラブエピソードを紹介していきますよ。

眠れない二宮のために・・・?

地方へ出かけた際、ホテルが同室だった櫻井と二宮。

疲れていた櫻井は、「先に寝るわ」と告げて先に眠ってしまったのですが、しばらくして目を覚ますと二宮はまだ起きていて、ベッドの横に座り、眠っている櫻井を見ていたんだとか。

櫻井が「眠れないの?」と聞くと「眠れない」と言うので、二宮が眠くなるまで一緒にトランプをしてあげていたそうです。

自分も疲れているのに二宮が眠れるまでトランプをしてあげるなんて、まるで優しい彼氏のようでキュンキュンしますね♡

目撃した松本潤も困惑のラブラブっぷり?

コンサートツアー中に宿泊していたホテルの廊下を櫻井が歩いていると、その正面から二宮が「しょうちゃーん」と両手を広げて駆け寄ってきたので、櫻井も両手を広げて待ち構え、そのまま抱き合った2人。

抱きついた二宮が、櫻井の腰に足を巻き付けて離さなかったため、櫻井は二宮を抱っこしたまま廊下を歩いたんだそうです。

たまたま部屋を出てきた松本潤は、その様子を目撃してしまい「何してんの?」と一言。

メンバーのそんな場面を目撃した松本は、さぞ驚いたでしょうね。

雑誌の取材で・・・

櫻井が雑誌の取材を受けていると二宮がやってきて座っている櫻井の脚の上に座り、お尻をグリグリして無理やり脚を広げさせると、そのまま脚の間に腰を下ろしました。

櫻井は後ろからハグをするように二宮を包み込んだまま、何事もなかったかのように取材に答え続けた、というラブラブすぎるエピソードも残っています。

二宮は櫻井が取材に答えている間、無言でウンウン頷きながらニコニコして話を聞いていたんだとか。

そんな2人の様子を想像すると可愛すぎますが、取材をしていた記者の方は困ってしまったんではないでしょうか。

二宮にメロメロの櫻井

2人がW主演をつとめたドラマ「山田太郎ものがたり」で、櫻井扮する御村託也(みむら たくや)の家のメイドに変装するシーンのため、メイド姿になった二宮。

カツラもつけてまるで本物の女の子のように変装した二宮の可愛さにやられたのか、無言のままスカートをめくる櫻井に、「イヤッ、やめてよぉ」と女の子顔負けの可愛らしい声で抵抗するという、なんとも危険な?やり取りを見せていた2人。

二宮を見てしみじみと「可愛いよ、ニノ」と告げる櫻井に、二宮が「惚れんなよ!!」と笑いながら返すと「好きです」と告白までしてしまったんだそうですよ。

信頼し合う2人の共同作業

(出典:無料写真素材ACより)

バラエティー番組では、アイコンタクトを取り合いながら先頭をきって番組を盛り上げている『磁石コンビ』。

お互いへの信頼感が感じられる2人のやり取りが、嵐のバラエティ力を支えているのです。

そんな2人は、音楽面での共作が多いことでも知られています。

作詞・作曲も手がける二宮和也と、作詞・ラップ詞を手がける櫻井翔。ピアノが弾けるといった共通点もある2人の代表曲がこちら。

  • スケッチ」(2004年) →二宮が作曲し、作詞は二宮と櫻井が共同で。
  • 5×10」(2009年)→メンバーからフレーズを集めて2人で歌詞をまとめ、ラップ詞を櫻井。

未発表曲を含めるとアルバムを出せるほどの曲数があるという話もあり、いつか何らかの形で世に出してくれることを望むファンも多くいます。

『磁石コンビ』の新たなエピソードに期待♡

(出典:無料写真素材ACより)

今回は、櫻井翔・二宮和也の『磁石コンビ』の名前の由来や2人の仲良しぶりが伝わるエピソードなどを紹介してきました。

最後に、『磁石コンビ』の2人がお互いに向けた手紙をご紹介します。

☆櫻井から二宮へ(「アラフェス 2013」にて30歳を迎えた二宮への手紙)

君とはじめて出会ったのはNHKのリハーサル室で、坊主頭でキャッチャーをやっていました。

ジャニーズに坊主でキャッチャー。もうわけわかめでした。

いつでも気をつかえるニノで、これからも嵐を引っ張って下さい。いざ、ともに、未来へ。

☆二宮から櫻井へ(2008年の24時間テレビにて)

翔くん。翔くんはホントに空気の読める人です。

不器用になったり、バカになったり。でもそれは、本当に頭のいい人にしか出来ません。

そういう『みんなのためなら』という心の広さに、ついていこうと思えたんです。

翔くん、出会えてよかった。

2人がお互いに尊敬し合い、尊重し合っていることが伝わる手紙です。これからも、2人の間に強く結ばれた信頼感で嵐を支えていって欲しいですね。

『磁石コンビ』の新たな仲良しエピソードに期待しつつ、これからも嵐を応援していきましょう

嵐の関連記事はコチラ

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。