【嵐】4thアルバム『いざッ、Now』を聴いてみよう♡感想&レビューをご紹介

今回は、嵐の4thオリジナルアルバム『いざッ、Now』について感想やレビューを交えてご紹介していきます。3rdアルバム『How's it going?』から約1年後にリリースされたアルバムで、少しずつ嵐の方向性が固定されてきた印象を受ける『いざッ、Now』。そして嵐の成長が感じられる1枚でもあります。それでは、嵐の4thオリジナルアルバム『いざッ、Now』をファンの感想&レビューを交えてご紹介していきます。

嵐の4thオリジナルアルバム『いざッ、Now』をご紹介

(出典:pixabayより)

押しも押されぬトップアイドルとして、最前線をひた走っている嵐の5人。1999年11月3日のデビューから今年で19年目を迎えようとしています。デビューしてからもうそんなに経つのかとびっくりしてしまいますよね。

6月28日にリリースされた嵐の52枚目オリジナルシングル『つなぐ』は、リーダー・大野智くんが主演を務める映画『忍びの国』の主題歌です。三味線とギターが織りなすメロディーがカッコよく、同時に切なさを感じられる1曲に仕上がっています。

『嵐のワクワク学校2017〜毎日がもっと輝くみんなの保健体育〜』も7月9日好評のうちに幕を閉じ、次嵐に会えるのは11月17日からスタートする5大ドームツアー『ARASHI LIVE TOUR 2017-2018』です。どんなコンサートになるのか今からワクワクしてきますね♡

今回は、そんなソロでもグループでも大大大活躍の嵐の4thオリジナルアルバム『いざッ、Now』をご紹介していきます。アルバムの特典や収録曲などの解説、それからファンの感想やレビューまで、徹底的にご紹介しちゃいます。それでは見ていきましょう!

嵐の52枚目オリジナルシングル『つなぐ』についてはこちら♡

5大ドームツアー『ARASHI LIVE TOUR 2017-2018』についてはこちら♡

嵐の過去のアルバムについてはこちらもどうぞ♡

嵐の4thオリジナルアルバム『いざッ、Now』解説

(出典:pixabayより)

リリース:2004年7月21日

レーベル:J Storm

オリコンチャート最高順位:週間1位

内容:CD(初回限定盤・通常盤共通 全15曲)

アルバム解説:嵐の4thオリジナルアルバム『いざッ、Now』は3rdアルバム『How’s it going?』から約1年後にリリースされたアルバムで、タイトルの『いざッ、Now』は「誘う(いざなう)」とかけているんだそうです。別の候補名として「season」もあったんだとか。

洋楽風の曲があったり、ロックやポップスがあったりと、バラエティーに富んだラインナップが魅力の1枚です。少しずつ嵐の方向性が定まってきた印象も受ける、嵐の成長が感じられる1枚でもあります。

「今の嵐も好きだけど、このころの曲のほうが好き」「はずれ曲がない」「良曲がそろっている」など、ファンの感想やレビュー評価も高いんですよ。嵐5人の味が出始めた時期のアルバムでもあるので、そんなところにも注目してくださいね。

嵐の4thオリジナルアルバム『いざッ、Now』特典

(出典:pixabayより)

嵐の4thオリジナルアルバム『いざッ、Now』は初回生産限定盤と通常盤の2タイプ発売されました。それぞれジャケットが異なります。前作までのアルバムジャケットと比べると“素”の嵐という感じで、ファンの感想・レビューも「かわいい」といった声が多かったです。

特典としては、初回生産限定盤のみDVDとスペシャルブックレットが付いています。このDVDにはファンが選んだPV(プロモーションビデオ)上位5曲が収録されています。スペシャルブックレットには、ファミレスで談笑している嵐やメンバーの顔アップ写真が載っていますよ。

特典ではありませんが、通常盤には嵐結成5周年グッズキャンペーンの応募券が入っていました。CDかTシャツかカードのいずれかがもらえるというキャンペーンで、ファンにとっては嬉しいプレゼントでした。

初回生産限定盤の特典DVD収録内容

1 A・RA・SHI

2 a Day in Our Life

3 君のために僕がいる

4 台風ジェネレーション -Typhoon Generation-

5 とまどいながら

嵐の4thオリジナルアルバム『いざッ、Now』収録曲一覧

(出典:pixabayより)

全曲感想&レビューの前に、『いざッ、Now』収録曲一覧を見ていきましょう。

言葉より大切なもの ※11thシングルの2曲目

(作詞:TAKESHI 作曲:飯田建彦 編曲:石塚知生 Rap詞:櫻井翔)

  • 二宮和也くんが主演したTBS系ドラマ『Stand Up!!』の主題歌

JAM

(作詞:久保田洋司 作曲:Tobias Lindell・Joel Eriksson・Victor Wiszniewski 編曲:岩田雅之)

  • アメリカ出身のドラマーOmer Hakim(オマー・ハキム)氏がレコーディングに参加しました。

The Bubble

(作詞:SPIN 作曲:Peter Bjorklund・Joel Eriksson 編曲:AKIRA Rap詞:櫻井翔)

Thank you for my days

(作詞:TAKESHI 作曲・編曲:岩田雅之)

PIKA★★NCHI DOUBLE ※12thシングル

(作詞:SPIN 作曲:森元康介 編曲:石塚知生 Rap詞:櫻井翔)

  • 嵐が主演した映画『ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARDだからHAPPY』の主題歌

keep a peaK ※インスト曲

(作曲・編曲:吉岡たく)

EYES WITH DELIGHT

(作詞:久保田洋司 作曲:コモリタミノル 編曲:石塚知生 Rap詞:櫻井翔)

  • アメリカ出身のドラマーOmer Hakim(オマー・ハキム)氏がレコーディングに参加しました。

RIGHT BACK TO YOU

(作詞:SPIN 作曲・編曲:Peter Bjorklund・Joel Eriksson 編曲:ha-j Rap詞:櫻井翔)

  • 嵐が出演したPARCO「’04夏PARCOグランバザール」のCMソング
  • ベストアルバム『5×5 THE BEST SELECTION OF 2002←2004』(2004年11月10日リリース)にも収録されています。

RAINBOW

(作詞:久保田洋司 作曲:コモリタミノル 編曲:石塚知生)

  • アメリカ出身のドラマーOmer Hakim(オマー・ハキム)氏がレコーディングに参加しました。

ハダシの未来 ※11thシングルの1曲目

(作詞・作曲:宮﨑歩 編曲:CHOKKAKU)

  • 嵐が出演したコカ・コーラのCMソング

優しくって少しバカ

(作詞・作曲:井上貴志 編曲:ha-j)

  • 今作のアルバムツアーでは相葉雅紀くんのソロとして披露されました。
  • 『2004 嵐!いざッ、Now Tour!!』(2005年1月1日リリース)に収録されています。

Dear My Friend

(作詞:小川貴史 作曲・編曲:関淳二郎)

君だけを想ってる

(作詞:久保田洋司 作曲:馬飼野康二 編曲:大坪直樹)

チェックのマフラー

(作詞:TAKESHI 作曲:森元康介 編曲:岩田雅之)

途中下車

(作詞:SPIN 作曲:森元康介 編曲:ha-j)

  • ベストアルバム『5×5 THE BEST SELECTION OF 2002←2004』(2004年11月10日リリース)にも収録されています。

嵐の4thオリジナルアルバム『いざッ、Now』感想&レビュー

(出典:pixabayより)

それでは嵐の4thオリジナルアルバム『いざッ、Now』感想&レビューを見ていきましょう!まずはアルバム全体の感想&レビューから。

言葉より大切なもの

JAM

The Bubble

Thank you for my days

PIKA★★NCHI DOUBLE

EYES WITH DELIGHT

RIGHT BACK TO YOU

RAINBOW

ハダシの未来

優しくって少しバカ

Dear My Friend

君だけを想ってる

チェックのマフラー

途中下車

嵐の成長を感じられる1枚『いざッ、Now』

(出典:pixabayより)

嵐のデビュー5周年の年にリリースされた4thオリジナルアルバム『いざッ、Now』をご紹介してきましたが、いかがでしたか?『いざッ、Now』では、「嵐の成長をすごく感じた」というファンの感想・レビューもたくさん聞こえてきます。

嵐の初期のアルバムを聴くと、「こんな曲も歌えるんだ!」なんていう新鮮な発見もあって、それも楽しいんですよね。アイドルではありますが、その幅の広さは嵐ならではかもしれません。

2017年、すでに2枚のシングルCDをリリースした嵐。次の曲ではどんな姿を見せてくれるのでしょうか。それまで、嵐のオリジナルアルバムを聴いて毎日を笑顔で楽しく過ごしていきましょう♡

嵐が大好きなあなたにおすすめの記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。