赤西仁のファーストシングルeternalは、制作も初披露も独特すぎる!

KAT-TUN脱退後、赤西仁くん待望のファーストシングル「eternal」は、赤西くんファンにとっては歴史的な1曲ですよね!この曲のタイトル「eternal」=”永遠” という意味に合った感動的な歌詞をピックアップして曲の魅力にも迫ります!

KAT-TUN脱退後、赤西仁くん待望のファーストシングル「eternal」は、赤西くんファンにとっては歴史的な1曲ですよね!

このソロ・シングルから本格的に自ら作詞・作曲を始動した赤西くん。音楽の創作活動には、英語ペラペラな彼に独特のこだわりがあるんです。

さらに、この記念すべきそろ初めてファンの前で歌ったのは、なんと、あの親友メンバーのコンサート中というのも独特。この曲のタイトル「eternal」=”永遠” という意味に合った感動的な歌詞をピックアップして、曲の魅力にも迫ります!

『eternal』秘話①作詞は、先ず英語で考えて、後で日本語をあてはめて作る

ソロアーティストとして作詞・作曲を始めたきっかけについて、赤西くんはこう答えています。

KAT-TUNのメンバーだった頃から、音楽の創作活動をいつのまにか秘かにはじけていたことが分かりますね。

作詞については、

(音楽ニュースサイト「音楽ナタリー」より)

なんと、先に英語から歌詞を考えていたなんて!赤西くんが英語が得意なのも海外進出したのも、仲の良い友達が英語を話しているプライベートな環境が背景にあったんですね!かっこいい!!

『eternal』秘話②山Pのソロコンサートで初披露


(出典:youtube)

実は、この記念すべきソロデビュー曲、ファンの前で初めて披露したのは2009年11月23日、山下智久くんのソロコンサートのMC中だったんです!

山下くんは、赤西くんがプライベートで作っている曲がお気に入りだそうで、「一緒に歌を歌いたい!」と言いだしたのがきっかけ。最初は、赤西君は、山下くんのコンサートステージ上、歌も未発表曲で、友達の結婚式で歌うために作った曲だから「ここで歌うのは、、、(嫌だ)」と言ったとか。

しかし山下くんは「ここは俺のコンサートなんだから、俺の歌いたい歌を歌う!」と、遠慮する赤西くんを強引に押し切り、嬉し恥ずかしながら、ふたり仲良く歌ったらしいです。さすが、親友でもある山下くんですね!男の友情って素敵です★☆

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。