Defiled(ディファイルド)観劇前に要チェック!A.B.C-Z★戸塚祥太の歴代出演舞台まとめ♡

舞台『Defiled(ディファイルド)』に出演する、A.B.C-Zの戸塚祥太。彼の出演舞台のチケットは、毎回即完売してしまう程の人気ぶり。そこで今回は、戸塚祥太が出演してきた『歴代の出演舞台まとめ』をご紹介します。Defiled(ディファイルド)を観劇する前にはぜひ!歴代出演舞台まとめをチェックしてみてください。

【アイドルだけど俳優でもある】A.B.C-Z 戸塚祥太の歴代出演舞台に迫る!!


(画像:フリー素材「写真AC」

A.B.C-Zは、ジャニーズの5人組アイドルグループ。グループ名は『アクロバット・ボーイズ・クラブ』の略。メンバー全員が運動能力が高いことでも知られている、大注目のグループです。
メンバーの1人である戸塚祥太(とつか しょうた)は、グループでの活動の他に、お芝居の仕事にも力を入れています。これまでに彼は映画や舞台など、様々な作品に出演してきました。特に『舞台』の仕事では座長を務めるなど、大活躍しています。

戸塚ファンである筆者も、彼の演技には毎回感動させられています。今年春には、有名俳優さんとの2人舞台『Defiled-ディファイルド-』への出演も決定。これからの活躍も大いに期待しているところです。そこで今回は、俳優・戸塚祥太の歴代出演舞台に迫っていきたいと思います。要チェック、お願いします!!

【歴代】戸塚祥太主演舞台をご紹介♡

では早速、A.B.C-Z戸塚祥太の歴代出演舞台をご紹介します☆今回は、戸塚祥太個人で出演した歴代の舞台をまとめています。

熱海殺人事件(公演期間:2013年7月19日~28日)

★あらすじ

主な登場人物は、タキシードを着た部長刑事・木村伝兵衛と、地方からやってきた新任の刑事、木村の愛人の婦人警官、恋人殺しの犯人の4人。物語の構図は、三流の犯人である大山金太郎を、木村伝兵衛が一流の犯人に育て上げる中で、新任の刑事、婦人警官、さらには木村自身も成長をしていくというもの。(出典:Wikipedia

★戸塚祥太の役どころ
戸塚祥太は大山金太郎という、恋人殺しの犯人役。『配役入れ替え公演』もあり、木村伝兵衛を演じた回もあったようですね。
実際に舞台を観た方からは、特に『金太郎』役が好評だったようです。

出発(公演期間:2014年7月9日~27日)

★あらすじ

作品の舞台となるのは、父、母、長男、次男、長男嫁の、ある家族。父親の失踪を機に、家族の滑稽さやユーモアが浮かび上がり・・・。家族の在り方をあらためて問う“つか版日本長男物語”となっている。(出典:シアターガイド

★戸塚祥太の役どころ
戸塚祥太が演じるのは、長男の一郎。一郎の、明子(長男嫁)に対する言葉のひとつひとつが心に沁みます。
『家族愛』について深く考えさせられた作品だった、と好評でした。

広島に原爆を落とす日(公演期間:2015年4月3日~23日)

★あらすじ

1944年、白系ロシアの混血であるがゆえに、海軍作戦参謀本部から南海の孤島に追いやられた男・ディープ少佐。彼は日本が勝戦国となったときの、敗戦国の子供たちに配る納豆作りをしている。だが、来たるべきデモクラシー、愛する女・夏枝へ募る思いで日々悶々としている。悪魔の光を放つという原爆は、ボタンひとつで数十万人の命を奪うという、そんなことが正気の人間にできるはずがない。だが、選ばれた男は日本海軍102師団ディープ少佐だった。離れ離れになっていた男と女。再会が広島に・・・。(出典:舞台フライヤーより抜粋)

★戸塚祥太の役どころ
戸塚祥太が演じたのは、日本海軍102師団ディープ少佐。ディープ少佐はどこか偏屈なところがあるものの、憎めない存在。
ラストシーンでは、思わず涙が溢れてしまったという方も多いのでは?

寝盗られ宗介(公演期間:2016年4月16日~5月29日)

★あらすじ

『寝盗られ宗介』は女房への愛の昂揚のため、幾度となく女房を他の男と駆け落ちさせるドサ回り一座の座長・宗介を軸に、個性豊かで一癖も二癖もある座員たちの姿を通して、男女の愛とはなにか、人情とは何かを描く、大人の色気満載の喜劇作品。(出典:舞台フライヤーより抜粋)

★戸塚祥太の役どころ
戸塚祥太が演じたのは、ドサ回り一座の座長・北村宗介。宗介は妻への愛を素直に表現できない、なんだが不器用な男です。
『大人の色気満載』とあって、色気のある戸塚祥太を見て興奮した!という声も多数。
これまでの歴代出演作品は全て、有名な劇作家でもあり小説家でもある『つかこうへい』さんの作品でした。
そして今年は、舞台『Defiled-ディファイルド-』に挑みます。期間は2017年4月5日~5月20日、全3都市での上演。これまでの出演作品とは違う、戸塚祥太の新しい一面を見られるのが待ち遠しいです。

ファンが選ぶ『ベスト・オブ・とっつー』とは??

歴代の出演舞台の中でも、特にお気に入りの作品があるはず。この作品は素晴らしかった!というエビ担の声を、いくつかご紹介します♡


それぞれの作品で良さがあるので、ベストを決めるのはみなさん難しいようです。
 

★☆ファンが選ぶ『ベスト・オブ・とっつー』☆★

第3位 ディープ少佐(広島に原爆を落とす日)/ 一郎(出発)
第2位 北村宗介(寝盗られ宗介)
第1位 大山金太郎(熱海殺人事件)!!!
 
しいて言えば『熱海殺人事件』の印象が強い方が多いのかな?と感じました。ちなみに筆者は『出発』が印象深いです。

彼はいつだって全力で芝居と向き合っている

A.B.C-Z☆戸塚祥太の歴代出演舞台まとめをお送りしました。いかがでしたでしょうか?
声を枯らして演技する戸塚祥太を見て、こんなにも真剣に、全力で芝居と向き合っているなんて・・・と感動していました。こうして歴代の主演舞台を振り返ってみると、懐かしさと同時に「また観たいな」と思ってしまいます。
そしてこの先も『俳優・戸塚祥太』には、色々な役に挑戦して欲しい。そう願っています。春に上演される舞台も、とにかく楽しみで仕方ありません!

◎A.B.C-Zファンはこちらの記事もチェック!!

  • A.B.C-Z Concert Tour 2017☆会場アクセス・座席・キャパ・周辺施設・動員数まとめ
  • 【速報!!】『ABC座2016 株式会社応援屋!!~OH&YEAR!!~』DVD&Blu-ray発売決定
  • 【速報】「A.B.C-Zファースト写真集」発売決定!2/8,2/9発売のTVガイドが神すぎる!
  • 【あの感動をもう一度】A.B.C-Z☆SLTコンサートDVDのオススメポイント!!
  • コメントお待ちしております

    内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。