【コンサートレポ】A.B.C-Zの夏コンは過去最高の盛り上がり!STAR LINE TRAVEL CONCERTに参戦!

8月10、11日に代々木第一体育館にてA.B.C-Zのコンサート「A.B.C-Z STAR LINE TRAVEL CONCERT」が開催されました。本日は初日の10日公演と11日1部2部のレポをお届けしていきたいと思います。

この数か月間ずっとソワソワしていた私、ナンセンスさゆたですが、それというのも8月10、11日に代々木第一体育館にて行われるA.B.C-Zのコンサート「A.B.C-Z STAR LINE TRAVEL CONCERT」が気になって気になって仕方がなかったのです。

以前よりこのジャニーズ通信の中ではA.B.C-Zを推してきた私ですが、彼らのコンサートに参戦するのは今回が初めてでした。みなさんも推しグループのコンサートに初めて参戦した時の気持ちを思い出してみて下さい。

何とも形容しがたい、期待と不安の入り混じった不思議な気持ちがあったのではないかと思います。私もそんな想いを胸に抱きながら、初日の10日公演と11日1部2部共に参戦してきましたので、みなさまにレポをお届けしていきたいと思います。

A.B.C-Z STAR LINE TRAVEL CONCERT東京公演参戦レポ 今回のツアーグッズは?

昨年行われたツアー「A.B.C-Z Early summer concert 2015」と同様に、橋本良亮くんがグッズの案を担当!今年のグッズは流行を取り入れたと言う橋本くんですが、パッと見ツアーグッズのようには見えないツアーTシャツとツアーバッグ

お決まりのジャニーズのコンサートグッズといえば、クリアファイルにフォトセットにうちわですよね!ここで注目したいのがえび担さんにはお馴染み、河合郁人くんのうちわでした。落書きデザインが印象的だったんです。

今年はチケットホルダー型!この中にはチケットを収納できちゃいます!なんでも、車掌さん(A.B.C-Z)にチケットを見せる乗客(ファン)というコンセプトなのだと河合郁人くんがMCで説明していました。
今回はメンバーカラー+白の6色です。今回大注目のグッズがこちら!

その名もえびボトル!どうですか、このかわいさ!えびボトル、11日の昼公演前には売り切れたということです。橋本くんのグッズ案、すごいですね。多くのえび担さんが心配していたバンダナンはこちら。

1枚にメンバーカラーの5色が使われているバンダナはとってもカワイイです。バンダナと言えば戸塚祥太くんですが、コンサート中にもこのバンダナをいつものように巻いていましたよ。よーく見ると中にエビの模様もはいっているのが遊び心があっていいですね。

そしてさらに、会場限定グッズもあるんです。波打ちバングル(東京Ver.)公演日もしっかり刻印されています。

大阪Verのバングルはどんなデザインなのでしょう?10月まで待ちきれないですね!

A.B.C-Z STAR LINE TRAVEL CONCERT 東京公演 初日 8月10日レポ

ちょうどお昼くらいに代々木第一体育館についたのですが、既にグッズ列は長蛇の列!1時間半はかかると言われましたが、1時間と少しで無事に購入することができました。

A.B.C-Zのコンサートは、毎回ペンライトで遊ぶ(曲に合わせて色を変えていく)コーナーがあるので、ペンライトは必須!数多くのコンサートに参戦してきましたが、今回のグッズはとてもステキだったので初めてツアーTシャツを購入してみました。

Tシャツに着替えて、いざ会場の中へ!10日は17時からコンサート開始、開場は16時からでしたが、機材トラブルがあったために30分ほど遅れて開場でした。

10日の座席はアリーナの前の方だったので、ワクワクしながら座席まで進んでいくと、本当に近い!センターステージも目前、中央花道もすぐ近くでコンサートも始まっていないのに大興奮していたのでした…。

ファンサうちわやペンライトを準備し、あとは開演を待つのみ!すると、オープニング映像が始まります。河合郁人くん扮する「トレインマン」からのお知らせとし、コンサートマナーについての注意をA.B.C-Zのメンバーが次々に現れて説明していきます。しかも、最近まで行っていた舞台の役で出演です!

A.B.C-Z STAR LINE TRAVEL CONCERT 8月10日 セットリスト

1.Take a “5” Train
2.今日もグッジョブ!!!
3.Fantastic Ride
4.EVERLASTING LOVE
5.Here We Go
6.PERIOD
7.Revolution
8.V(戸塚祥太ソロ)
9.To Night’s love(五関晃一ソロ)
10.Moonlight walker(10日公演のみ)
11.Secret Lover
12.雨上がりに手をつないだら
13.花言葉
14.DREAMIN’!!
15.Za ABC~5stars~
16.ずっとLOVE
17.S L Boy(河合郁人ソロ)
18.Naturally
19.1ST STEP!
20.Summer上々!!
21.渚のBack In Your Heart
22.へそのお(塚田僚一ソロ)
23.Crazy about you(橋本良亮ソロ)
24.Smiling Again(メドレー 10日のみ)
25.Twinkle Twinkle A.B.C-Z(メドレー 10日のみ)
26.Vanilla(メドレー 10日のみ)
27.Rock Your World
28.Great5
29.Finally Over
30.Fly a Flag
31.世界一
32.A.B.C-Z LOVE
33.Take a “5” Train

10日は、主にソロ曲のレポを書いていきたいと思います。そしてついに1曲目、「Take a “5” Train」でセンターステージより登場!待ちに待ったえび担さんたちの大きな歓声とA.B.C-Zの歌声が代々木第一体育館に響きました。

さすが初日だけあって、A.B.C-Zはどんなものを私たちに見せてくれるのだろうかと一曲一曲をドキドキワクワクしながらかみしめるように聴いていました。

ソロ1発目は戸塚祥太くんの「Ⅴ」

毎回ソロ曲ではギターを携えてロッカーのようないでたちで曲を披露してくれるのですが、今回の衣装はジーンズに白とブルーのツートンカラーのトップスに水色のバンダナでした。

戸塚祥太くんと言えば、五関晃一くんを崇拝していることで有名なので、青を取り入れた衣装を見た瞬間に思わず「五関担!?」と声に出してしまったほど!きっと同じように思ったえび担さんは大勢いたのでは?

曲の中盤からはギターを置いて踊ります。戸塚祥太くんがソロ曲で踊るのは2年振り!ギターを弾く戸塚祥太くんもカッコいいけれど、彼のダンスは重心が低く安定しているのでとてもキレイで、ずっと見ていたくなります。

ソロ2曲目は五関晃一くんの「To Night’s love」

昨年の「A.B.C-Z Early summer concert」では、上半身裸にジャケットを羽織り、後ろを向いてジャケットを肩までおろすという、とってもセクシーな演出でファンを驚かせた五関晃一くん。

今年はどんな演出で魅せてくれたのかというと、ライトを持ったジャニーズJrを従え、まるで光を操っているかのように幻想的なステージを作り上げていたのです。

そして五関晃一君と言えば、ダンスの腕はおそらくジャニーズの中でも1,2を争うほど。ソロ曲のダンスには毎回圧倒されていますが、今回もJrを引き連れて踊っている姿はまさに帝王の貫禄たっぷりでとてもカッコ良かったです。

五関くんのソロ衣装は、なんとV6の井ノ原快彦さんからいただいたものだということを11日のMCで言っていました。しかも、ほとんどサイズ直しせずに使えたのだとか!

ソロ3曲目は河合郁人くんの「S L Boy」

アルバムを聴いた方はお分かりかと思いますが、作詞を河合郁人くんが手がけた、ものすごい自虐ソングなのです。

ハリボテの馬に乗って登場し、なぜか頭には白いヘルメットと赤いくるくるライト。今回、バックダンサーのジャニーズJrユニットはLove-Tuneだったのですが、彼らがジョッキーの格好をして河合郁人くんが乗っている馬を押して行きます。

曲は少しふざけているのに、顔はキリっとさせてカッコよく決めるのは反則!そして最後には「俺もかっこよく飛んでみたい!」とフライング!!高所恐怖症なのに大丈夫?と見ていて心配になってしまいましたが、怖がりながらも楽しそうにしていたのでひと安心。

ソロ4曲目は、塚他僚一くんの「へそのお」

作詞を塚田僚一くんがしたというこの曲、いままでのソロとは少し雰囲気がちがって、子ども目線で歌っている、やわらかくて温かい気持ちになれる歌なのです。

塚田僚一くんは鍵盤ハーモニカを持って登場し、慣れない手つきで「へそのお」の伴奏をしていたのがとてもかわいらしく、ほっこりするようなハラハラするような不思議な感覚に陥りました。

ファンと一緒にこの曲を歌いたい!という塚田僚一くんの気持ちがひしひしと伝わってくるようでした。

全てアカペラだったのですが、曲中の心音は足を踏み鳴らして表現していました。困惑するえび担さんたちも多かったようですが、どうやら機材トラブルだったのではないかと言われています。

塚田くんが登場するまでに時間がかかったのですが、きっとトラブルが起こっていたからかもしれません。

ソロの最後を飾るのは橋本良亮くんの「Crazy about you」

塚田僚一くんのソロのあと、なんだか不思議な空気が流れていた会場内でしたが、橋本良亮くんの放った「塚ちゃん、この空気俺が変えてやるよ!」は絶対的センターのカッコよさですね。

前回のソロ曲同様、爽やかなラブソングを歌う橋本良亮くんはバックステージから登場し、Love-Tuneを引き連れて踊りながらサブステージまで進んできます。

キラキラに輝いている橋本良亮くんがとても眩しくて、彼が絶対的センターだと言われる理由がよくわかりました。

橋本良亮くんのもつ世界観が凝縮されたすばらしいソロでした。

河合くんのソロ後はMCだったのですが、五関晃一くんがフライング後の河合くんのためにツアーTシャツを持って現れ、さらには着せてあげている貴重な河五を見ることができたのです!

MCでの話題は、橋本くんがデザインした今回のツアーグッズのこと、10月から始まる舞台ABC座のこと、そしてついにファンクラブが発足したことについてでした。

すでに会員証はできあがっていて、河合郁人くんがしっかり見せてくれました。白地に黒の星が描かれたシンプルかつカッコいいデザイン!

そして、早めにファンクラブに入会するとサンキューカードなる物が届くことも発表されました。なんでも会員証より先に届くそうで、最初の会報が届く前に申込みをしないとサンキューカードはもらえません!

A.B.C-Zのファンクラブに入ろうかなと考えている方はぜひ今のうちに入会しておいた方がよさそうです。

A.B.C-Z STAR LINE TRAVEL CONCERT 東京公演 8月11日1部、2部公演レポ

さて、2日目です。当初は1部公演のみ入る予定でしたが、初日公演のあまりの完成度の高さに2部公演も入ることを決意。それくらいA.B.C-Zのコンサートの破壊力はものすごいのです!

11日のレポではソロ曲とMC意外で特にお伝えしたい部分について書いていきたいと思います。

A.B.C-Z STAR LINE TRAVEL CONCERT 8月11日 セットリスト

1.Take a “5” Train
2.今日もグッジョブ!!!
3.Fantastic Ride
4.EVERLASTING LOVE
5.Here We Go
6.PERIOD
7.Revolution
8.V(戸塚祥太ソロ)
9.To Night’s love(五関晃一ソロ)
10.Secret Lover
11.雨上がりに手をつないだら
12.花言葉
13.DREAMIN’!!
14.Za ABC~5stars~
15.ずっとLOVE
16.S L Boy(河合郁人ソロ)
17.Naturally
18.1ST STEP!
19.Summer上々!!
20.渚のBack In Your Heart
21.へそのお(塚田僚一ソロ)
22.Crazy about you(橋本良亮ソロ)
23.ラブレター(メドレー 11日のみ)
24.Legend Story(メドレー 11日のみ)
25.砂のグラス(メドレー 11日のみ)
26.Rock Your World
27.Great5
28.Finally Over
29.Fly a Flag
30.世界一
<アンコール>
31.A.B.C-Z LOVE
32.Take a “5” Train
<ダブルアンコール・11日2部公演のみ>
33.Shower Gate

11日はスタンド席だったので、今回の座席構成やメンバーの動きが良くわかりました。12曲めの「花言葉」では、前の曲が終わりステージが暗転。

そしてメンバーカラーのヒラヒラしたオーガンジーの衣装で現れるメンバーとイントロのピアノのメロディがとてもマッチしていて思わず感動してしまいました。一緒に入ったお友達は感動のあまり涙を浮かべていました。

モニターにはメンバーのアップではなく、メンバーカラーの花が次々と浮かんでいる映像が映っていましたが、彼らのダンスと歌をさらに盛り上げる素晴らしい演出でした。

そして「渚のBack In Your Heart」では、メンバーカラーの風船に乗り、浮かびながら歌を歌うというかわいらしい演出もありました。ゆらゆら揺れながら客席をじっと見つめて歌う姿は忘れられません。

橋本良亮くんのソロの後には、映像で河合郁人くん扮するトレインマンが登場!

踊っている五関晃一くんにファンの盛り上がりを確認させ、しまいには「お前ら盛り上がらねえと命ねえからなぁ!」とオラオラモードの五関くんを拝むことができて感無量でした!

客席からも悲鳴にも似た歓声が沸き起こっていましたよ。開場の盛り上がりを確認したところで、トレインマンが曲を選んでくれるのですが、11日はラブレターから始まるメドレーということで、ラブレター → Legend Story → 砂のグラスの順に披露。

ちなみに10日はSmiling Again → Twinkle Twinkle A.B.C-Z → Vanillaの順でした。もしかしたら公演ごとに違うのでは!?と思いましたが、2部公演も1部と同じ内容だったので、大阪公演も公演ごとではなく日ごとに変わるのではないでしょうか?一体どの曲がメドレーに来るか楽しみですね。

「Rock Your World」では、メインステージにトランポリンが出現!背中からトランポリンに交互に落ちて起き上がる高度な技を繰り出しながら歌っていました。そして、塚田僚一くんがトランポリンをしながら壁を駆け上がるウォールトランポリンに挑戦!

11日の1部公演では残念ながら失敗に終わってしまいました。塚ちゃんのそばにかけよってハグをする戸塚祥太くんの優しさに、心打たれたファンも多くいたかと思います。根強い人気コンビ、戸塚田の素晴らしい瞬間を見れた気がします。

2部公演では見事に成功!なんとこのウォールトランポリン、たった2日で習得してしまったというのです。改めて、塚田僚一くんの身体能力の高さについて再確認した一曲でした。

歌いながら、ダンスをしながら、トランポリンをしながらというのはとっても大変だと思うのですが、大変なのを全く感じさせないA.B.C-Zは本当にすごい!軽々とこなしてしまう彼らの素晴らしさにも感服です。

今回の最大の目玉と言っても過言ではない「Fly a Flag」この曲は、事務所の先輩屋良朝幸くんが振り付けを行った曲なのです。屋良朝幸くんといえば、舞台で活躍しているイメージですが、関ジャニ∞をはじめ様々なグループの振り付けを行っているのです。

そして屋良朝幸くんの振り付けは難易度の高いことでも有名ですが、今回の「Fly a Flag」もあのA.B.C-Zが久しぶりにガッツリ踊ると言っていたナンバーです。とにかく動きが多すぎて目で追うのが大変なくらいでした。

とにかく早くて圧倒されてしまい、ペンライトを振ることすら忘れて見入ってしまいました。

五関晃一くんのソロ部分に撃ち落されたえび担さん多数でした。かくいう私も彼のもつ底知れない色気にやられてしまった一人です。

アンコールは、もはやえびコンでは定番となった「A.B.C-Z LOVE」スタンドトロッコに乗って2階スタンドをまわってきてくれました。最後は「Take a “5” Train」をみんなで踊って終了!

2部公演ではダブルアンコールとして「Shower Gate」を披露してくれました。初めてのA.B.C-Zのコンサートは予想をはるかに上回るパフォーマンスと完成度で本当に驚きました。

あれから数日経ちますが、コンサートの光景を思い出しては、また観に行きたいなぁとつぶやいている毎日です。

A.B.C-Zのオススメ記事

A.B.C-Z STAR LINE TRAVEL CONCERT参戦レポ A.B.C-Zのコンサートはどこでも神席!?

10日はアリーナ、11日1部は1階スタンド、2部は2階スタンドで参戦しましたが、その場所場所で見え方が変わり、A.B.C-Zのコンサートはどの席にいても楽しめることを実感できた二日間でした。

コンサートの最後に河合郁人くんが「来年はもっとコンサートの会場も回数も増やしたい」と3公演毎回言っていたので、もしかしたら来年のツアーは全国もあり得るかもしれませんね!

これからのA.B.C-Zに期待しましょう。A.B.C-Zのチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。