堂本剛 独演会「小喜利の私」決定!過去公演を復習しよう

2012年から始まり、毎年恒例となっている、堂本剛くんの「小喜利の私」が2015年も開催。今回は、堂本剛 独演会「小喜利の私」2015前に今までの過去公演について復習してみましょう。

2012年から始まり、毎年恒例となっている、堂本剛くんの「小喜利の私」が2015年も開催。

さて、3年目となる今回の「小喜利」。DVD化などされていないため、その面白さは口伝でしか伝わらないのがもどかしいような、古風なような。

今回は、堂本剛 独演会「小喜利の私」2015前に今までの過去公演について復習してみましょう。

2012/1/1、新年と共にはじまった「小喜利の私」

2012/1/1深夜、第一回目でありながら、第24回堂本剛独演会「小喜利の私」と銘打たれたこの小喜利

すでに煙に巻かれていますがそれだけでなく、この募集が12/19という詰まった日程で「剛くんが何かやる」という情報だけで、喜んで集まったKinKi Kidsファン。カウコン帰りからそのまま入ったファンも多数、そして開始はAM2:30。剛くんが二年前に

と話していたということで、この舞台が準備され、そのことを知らないままの剛くんも若干ガチでオロオロしながら大喜利ならぬ小喜利ははじまりました。

次々と天の声が提示するお題に答えていく剛くん、ド深夜ですから勿論剛くんは若干眠いのですが、面白い答えを次々といい、会場をあきさせません。

ただもう、いい意味でグッタグダで当初、煩悩の数である108と同じ数のお題に答えるということでしたが、答えたのは40のみ。最後にはこの小喜利を続けるという契約書や、お仕事の告知などでファンが拍手喝采したりと非常に濃厚な時間でした。

ちなみにこの最初の小喜利、どうしても夜に弱いファンが4時ごろからどんどん眠っていき、2年後このことを振り返った剛くんが

”剛「ファンの人はぼくのことを高価な高価な睡眠薬やと思ってますからね」”
(引用:Twitter)

といっていたのも今となっては面白いエピソードです。

過去の「小喜利の私」のベストヒット集

それぞれ笑いのツボが違いますが、ネット上で評判がよかったものを少しだけ紹介。

お題:こんなドラえもんは子供が見ないどんなの?
とにかく真っ黒(絵つき)
(引用:Twitter)

お題:家に帰ってきて、今日一日パンツもズボンも履いていないことに気づいた人の表情
帰ってきてソファーに座る→下見て履いてなかったことに気づく(動揺)→この現実をなかったことにしようとする(真顔)
(引用:Twitter)

お題:ライディーンのメロディーに歌詞をつけて下さい
つよし〜きんきのカッコイイ方〜♪
(引用:Twitter)

なお、笑うより前に可愛い、と思ってしまうファン心理も剛くんは把握していて、

”罪ですよねぇ~お客さんは笑いに来てるのにキュンキュンしてる”
(引用:Twitter)

とお話されたこともありました。

みんなのコメント
  1. うさぎちゃん より:

    とても面白く拝見しました☺また、見たいです、。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。