JY(知英)は1994年1月18日生まれ、韓国京畿道出身の歌手であり女優だ。KARAの元メンバーのジヨンであり、加入したのは14歳の時であった。そのためKARAの最年少メンバーとして「マンネ」(末っ子)と呼ばれ、可愛がられる存在であったという。2010年にKARAとして日本デビューし、同年の単独ショーケース「KARA First Showcase in JAPAN 2010」は販売開始5分でチケットが売り切れるほどの人気となった。ジヨンは2014年に同グループを脱退し、「知英」として日本に活動の主な拠点を移した。現在はドラマや映画で活躍する他「JY」名義で歌手活動を再開しており、今後もジヨンにはマルチな活躍が期待されている。

JY(知英)の日程

73人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

JYのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/11 00:00更新)

ジヨン(知英)について

ジヨン(知英)の魅力とは

ジヨン(知英)は韓国出身の女優であり歌手として活躍する人物だ。彼女は2008年に韓国のアイドルグループKARAに加入し、ミニアルバム「Rock U」でデビューを果たした。その後KARAとして日本デビューを飾り、韓国でも「韓国観光の星」功労章など数々の賞に輝いた。2014年に同グループを脱退したジヨンは、「知英」名義で日本を中心に女優活動を開始する。また彼女は語学が堪能であることでも知られている。彼女はイギリス留学を経て英語を修得し、さらには中国語も勉強中であるという。そして日本語での挨拶や舞台は完璧にこなすことができる。そのため日本でも女優として連続ドラマ「地獄先生ぬ~べ~」のヒロインや、映画「暗殺教室」イリーナ・イェラビッチ役に抜擢されている。

また2015年に公開された映画「そちらの空は、どんな空ですか?」、2016年「片想いスパイラル」では主演を務めた。さらに大ヒットブロードウェイ・ミュージカルの日本版「スウィート・チャリティ」でも主演を務めており、その演技力と歌唱力は折り紙付きである。またドラマ「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜」では主題歌とオープニングテーマを担当し、それをきっかけに「JY」名義で歌手活動を再開している。今後もジヨンは歌手としての活動の他に、映画やドラマ、舞台などにも出演する女優として活躍することだろう。

JY(知英)が好きな方はこんなチケットもおすすめ