Jinusean(ジヌション)は、1997年3月に2人組ヒップホップ男性アーティストとして、アルバム「Jinusean」で韓国デビュー。ソロ歌手であるジヌと、ソテジワアイドゥルのバックダンサーをしていたションで結成されてデビュー前から話題を集めた。YGファミリーの基盤とされており、SE7ENやBIGBANGにとっては大先輩にあたる。デビューアルバムは、アメリカのヒップホップの雰囲気とビジュアルで多くの若者の支持を得た。また、女優兼歌手のオム・ジョンファとフィーチャリングした曲「話して」が、大ヒットし、一躍有名歌手となった。メンバーのションは、自身の衣類ブランドを経営したりと、音楽業界以外の活動にも力を入れていた。