神宮外苑花火大会は、日刊スポーツ新聞社主催の花火大会である。毎年8月に開催される花火大会であり、12,000発もの花火で東京の空を埋め尽くす姿は、まさに圧巻である。特徴としては、会場が神宮球場・秩父宮ラグビー場・神宮軟式球場・東京体育館の4つに分かれており、どの会場からも迫力満点の花火を鑑賞することができることである。中でも神宮球場と神宮軟式球場では、花火の打ち上げ前に人気アーティストによるライブも開催され、盛り上がった気分で花火を楽しむことができる。2017年は38回目を迎え、例年通りに開催される予定であり、大黒摩季やゴールデンボンバー、miwa他、人気アーティストのライブが楽しめる。夏の思い出に花火大会に訪れてみてはいかがだろうか。

神宮外苑花火大会 2017の日程

1,380人が登録中

現在登録されている公演はありません

あと9日 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

神宮外苑花火大会の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

神宮外苑花火大会のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/16 18:00更新)

神宮外苑花火大会 2017について

神宮外苑花火大会 2017の魅力とは

神宮外苑花火大会は、毎年恒例の8月に開催される花火大会である。正式名称は、「神宮外苑花火大会 東日本大震災・熊本地震復興チャリティー」で、入場料収益の一部は東日本大震災および熊本地震の被災地に義援金として寄贈されている。第1回開催は1980年、東京の花火大会においては、隅田川花火大会と並ぶ東京を代表する花火大会として広く知られている。観覧会場が神宮球場・秩父宮ラグビー場・神宮軟式球場・東京体育館の4つに分かれている点が特徴的であり、それぞれの場所に準じた楽しみ方が提供されている。メイン会場となる神宮球場では、人気アーティストによるライブが開催され、頭上間近に花火を楽しめることから一番人気のスポットと言える。神宮軟式球場では、野球場にシートを敷いてお花見気分で花火を味わうことができる上に、ステージ上ではミニライブも開催される。また、秩父宮ラグビー場では、神宮球場のライブは映像となってしまうが、花火の迫力は劣らず、比較的有料席の価格も安いことから穴場とも言われている。そして東京体育館では、指定席でなおかつ駅からもアクセルが良いということもあり、ゆっくり観覧したい人には一押しのスポットと言える。

神宮外苑花火大会 2017が好きな方はこんなチケットもおすすめ