明治神宮野球大会は、明治神宮と日本学生野球協会が主催する学生野球のトーナメント大会だ。明治神宮鎮座50年記念を祝した奉納試合として、1970年に初めて開催されて以降、今回で第47回目を迎える。大学の部では、各大学野球連盟の秋季リーグ戦優勝校と各地域でのリーグ戦優勝校の中から選抜された11校が出場する。毎年6月に開催される全日本大学野球選手権大会と合わせて、春秋の2大全国大会として覇を競う。高校の部では、秋季地区大会の優勝校と東京都秋季大会の優勝校の10校が出場し、優勝チームには神宮大会枠が与えられ、チームが所属する地区は翌年に開催される選抜高等学校野球大会の出場枠を1つ多く獲得できる。これまで多くの名選手たちが日本一を目指して素晴らしいプレーを繰り広げてきた明治神宮野球大会に足を運んでほしい。

明治神宮野球大会の日程

18人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

明治神宮野球大会の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

明治神宮野球大会のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 00:00更新)

明治神宮野球大会について

秋の日本一決定トーナメント、明治神宮野球大会の魅力とは

球児たちの憧れの舞台と言えば何といっても甲子園球場だが、大学硬式野球部が目指す晴れ舞台が神宮球場だ。1970年11月に明治神宮鎮座50年を記念する奉納試合として明治神宮野球大会が開催され、1952年から毎年6月に開催されている全日本大学野球選手権大会と合わせて大学野球の春秋の2大全国大会と位置づけられている。1973年の第4回大会より高校の部が新設され、大学・高校の精鋭チームが一同に集う大会として人気を呼んでいる。
参加校は、全日本大学野球選手権大会の26校、全国高等学校野球選手権大会の49校に比べ、大学の部11校、高校の部10校と狭き門となっている。トーナメントにより、6日間にわたり熾烈な戦いが繰り広げられる。特に、高校の部では優勝チームには神宮大会枠が与えられ、チーム所属地区は翌年の選抜高等学校野球大会の出場枠を1つ多く獲得できるメリットがある。
2016年11月には明治神宮外苑創建90年記念として、第47回明治神宮野球大会が開催される。アマチュア野球の聖地と謳われ、ヤクルトスワローズの本拠地でもある神宮球場で、大学と高校の日本一を目指して繰り広げられる熱戦をぜひ応援してほしい。

明治神宮野球大会が好きな方はこんなチケットもおすすめ