ジンマシーンは、宮城県出身の5人組ヴィジュアル系ロックバンドである。クリーンパートとデスパートに分かれたツインボーカルで、さまざまなジャンルの曲を織り交ぜたミクスチャーロックに、ヴィジュアル系とは思えない歌詞を乗せた楽曲が特徴の一つである。featuring16の提案で2006年頃に結成し、活動開始。2007年音楽イベント「伊達者音楽闘技場」にて優勝し、その後はNHK「MUSIC JAPAN」「ニコニコ大会議in仙台」「V-ROCK FESTIVAL」などあらゆるイベントに出演。2012年ニコニコ公式チャンネルを設立し、エイベックス主催イベント「a-nation」にも出演を果たした。イベントや全国ワンマンツアーも積極的におこなう。

ジンマシーン(Jin-Machine)の日程

127人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ジンマシーンのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/22 06:00更新)

ジンマシーンについて

ジンマシーンの魅力とは

ジンマシーンは宮城県仙台市出身の5人組ヴィジュアル系バンドだ。

個性あふれるメンバーを紹介していこう。クリーンボーカル兼MC担当がfeaturing16だ。ボーカルであるが別の顔として宮城県を拠点とするお笑い芸人でもある。通称「閣下」。結成当時は聖飢魔Ⅱのようなバンドを目指していたが挫折したらしい。ほぼ全ての作詞を担当している。デスパートのボーカルはあっつtheデストロイで、通称「あったま」。メタルを愛好していて白塗りメイクの出で立ちをしている。しかしその一方ガチヲタである。ギターはマジョリカ・マジョルカ・マジカルひもりで、愛称「ひもり」。大部分の作曲・アレンジを担当する。またギター以外にもピアノやベース、ドラムの演奏もこなす。ベースはブッシュドノエル・水月・アリッサで、愛称は「みずにゃん」。メンバー内では唯一ヴィジュアル系をルーツとしている。やや天然でありfeaturing16を困惑させることもしばしば。ドラムはルーベラ・木村・カエレ。一時期サポートとして加入していたが、2011年に正式に加入となる。

コント、ヲタ芸、フリップ芸そして音楽と何でもありのミサ(ライブ)にぜひ参加してみてはいかがだろうか。

ジンマシーン(Jin-Machine)が好きな方はこんなチケットもおすすめ