時代祭とは、京都市の平安神宮の祭りだ。賀茂御祖神社と賀茂別雷神社で行われる葵祭、八坂神社で行われる祇園祭と並び、京都三大祭りの1つとして数えられている。平安遷都から1,100年目を記念して、桓武天皇を祭神として平安神宮が造営され紀念祭が開催された。この時に平安神宮の建造物保存の為、市民により平安講社が組織、この祭りを盛大にする為に延暦から明治に至るまでの文物風俗を模した行列が開始され、これが時代祭となった。参加人数は約2,000人で列の長さは2kmに及び、行程の時間は3時間余り。時代を遡って行くこの時代祭を見れば京都だけでなく、日本の歴史を垣間見れるので、その時代の移り変わりに思いを馳せるのもこの祭りならではの楽しみ方だろう。

時代祭の日程

10人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

時代祭の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

時代祭のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 12:00更新)

時代祭について

時代祭とは

賀茂御祖神社と賀茂別雷神社で行われる葵祭、八坂神社で行われる祇園祭と並び、京都三大祭りの1つとして数えられている平安神宮の時代祭。
平安遷都から1,100年目を記念して、桓武天皇を祭神として平安神宮が造営され紀念祭が開催された。この時に平安神宮の建造物保存の為、市民により平安講社が組織、この祭りを盛大にする為に延暦から明治に至るまでの文物風俗を模した行列が開始され、これが時代祭となった。
参加人数は約2,000人で列の長さは2kmに及び、行程の時間は3時間余りだ。明治維新から江戸、安土桃山、室町、吉野、鎌倉、藤原、延暦と8つの時代をそれぞれの衣装と道具で表現し辿って行く。
先頭を切るのは名誉奉行と言われ京都府知事や市長が務め、後ろは祭りの主役である神幸列が務める。

新しい時代から古い時代へと遡って行くこの行列を見ると京都の歴史、日本の歴史を垣間見ることが出来る。
三大祭りとはいえ非常にエンターテインメント性の高い祭りでもあるので余り難しく考える必要はなく気軽に観覧出来る。
この時代祭には有料の観覧席も用意されており、パンフレットも付いているので全て見るのに2時間かかることを考えれば全席指定のチケットを手配するのがおススメだ。

時代祭が好きな方はこんなチケットもおすすめ