劇団四季の「ジーザス・クライスト=スーパースター エルサレム・バージョン」はもう観ただろうか。まだ観てないのなら一刻も早くチケットを手にした方がいい。そのチケットがあなたの人生の新たな門を叩くことになるだろう。イエス・キリストの最期の一週間を描いたこの作品が産声をあげたのは1969年。2枚組のアルバムとして世の中に出た。作詞は「ライオンキング」「アイーダ」「美女と野獣」を代表作に持つティム・ライス。一方作曲は「オペラ座の怪人」「キャッツ」を代表作にもつアンドリュー・ロイド=ウェバー。当時はもちろん、これらの名作である代表作らはまだ生まれておらず、世間には名前がとどろいていない2人だった。この2人がまだ20代であった時代に作ったこのアルバムはミリオンセラーを記録したのである。

ジーザスクライスト スーパースターの日程

38人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ジーザス・クライスト=スーパースターの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ジーザス・クライスト=スーパースターのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/11 12:00更新)

劇団四季 ジーザス・クライスト=スーパースターについて

劇団四季 ジーザス・クライスト=スーパースターの魅力とは

舞台化となったのは1971年、ロイドとティムはミュージカル界に鮮烈としか言いようがないデビューを遂げた。そして劇団四季ではわずか2年後の1973年に初演となった。浅利慶太による独自の演出で日本の様式美とともにイエスと彼を取り巻く人々の葛藤や苦悩が描かれきっていた。それから長きを経た今もなお観るものの度肝を抜き、心をつかんで離さない。

ジーザスクライスト スーパースターが好きな方はこんなチケットもおすすめ