ジェフ・ベックは、40年以上のキャリアを持つ、世界屈指のロック・ギタリスト。12歳でギターに興味を持ち、16歳で初めてのバンドを組んだ。後の『レッド・ツェッペリン』のギタリストとなるジミー・ペイジがジェフの姉と同じ学校に在籍しており、その縁で交流が始まったという。セッション・ギタリストとして経験を積み、エリック・クラプトンの後任としてバンド『ヤードバーズ』に加入した。ちなみにこの『ヤードバーズ』には後にジミー・ペイジが加入して(彼は最終的にこのバンドを礎にして『レッド・ツェッペリン』を始めることになる)、一時リードギターがジェフとジミーの2本編成となっている。

ジェフベック(Jeff Beck)の日程

452人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ジェフベックのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/9 18:00更新)

ジェフ・ベックについて

ジェフ・ベックのライブの魅力とは

ジェフ・ベックは、60年代後半から70年代前半にかけて『ジェフ・ベック・グループ』と呼ばれるバンドを組み活動。その後解散し、インストゥルメンタル曲や、他アーティストをボーカルに迎えた楽曲を発表していった。70年代は特に活躍が目覚ましくギタリストとして異例の人気を誇った時期で、公演チケットはソールドアウトを繰り返した。

卓越したテクニックから生まれる多彩なサウンドが魅力。現在ではピックを使わず、指で演奏する。高音部でも音が丸いため、非常にテクニカルでトリッキーな演奏にも関わらずエレキギター特有の「やかましい」感じがない。ギター・ヒーローの来日には、多くのファンやアマチュアギタリストが詰めかける。直近では2010年に日本へやってきているが、今も変わらずチケットは取りにくいようだ。

ジェフ・ベックの魅力を徹底解剖

Jeff Beck にとっては、ギターは弾くものではないのではないか。いや、そもそも楽器だと思ってはいないのではないか。Jeff Beckのライヴを観ると、間違いなくそんな錯覚に襲われる。思った通りの音を、思った通りの音色で出せる。聴衆にとっては、常に驚きの連続だ。一瞬たりとて目を離せない。そんなJeff Beckのライブチケットはもう手に入れたか?

その超人的なギターの腕前から来るのであろう絶大な自信と人望が、Jeff Beckの今の地位を築いたのは間違いない。ただ、過去の栄光だけでは簡単には通用しないのが、ミュージック・ビジネスのシビアなところである。Jeff Beckは、常に慢心せず、自らのテクニックとセンスを研ぎ澄まし続けた。ブルーズのルーツを探求し、フュージョンを極め、テクノロックまでも自分のものとした。1本のギターが生み出す可能性の追求。いつしかギターは、Jeff Beckの体の一部と化した。

自分を慕ってジャミングを志願しに来る若いミュージシャンに対しても、Jeff Beckは協力と賞賛を惜しまない。無論、その緊張感溢れるライヴと言う名のセッションにおいて、Jeff Beckの魅力は最大限に発揮される。聴衆だけではなく、バンドメンバーまでもが、日々進化し続けるJeff Beckのギターに驚愕し、セッションは極限にまで達する。ライヴチケットを入手しないと確実に後悔する、Jeff Beckの魔術に刮目せよ。

ジェフベック(Jeff Beck)が好きな方はこんなチケットもおすすめ