アメリカのテクノ界を代表するDJ・プロデューサーであるJeff Mills(ジェフミルズ)は1963年にデトロイトで産声をあげる。1980年代にDJとしてキャリアをスタートさせデトロイトのFM局やクラブを中心として活動していた。1989年にUnderground Resistanceを結成するが92年に脱退してからは拠点をニューヨーク、シカゴと移している。最高2万人を集めチケットが手に入りにくいこともある日本最大級の屋内レイヴイベント「WIRE」には2001年から4回連続、現在まで合計で7回出演するなど国内でも人気が高い。特筆すべきはターンテーブル4台とCDJ、ドラムマシン数台を使いこなし、ほんの一瞬でピッチを合わせ矢継ぎ早のミックスを見せつける神業テクニック。踊るためにチケットを手にした観客もそのプレイに目を奪われる。また、その活動のテーマは一貫して宇宙。その人間と思えないテクニックとテーマから「宇宙人」「テクノ宇宙人」とも評されている。

Jeff Mills(ジェフミルズ)の日程

180人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

Jeff Millsのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(10/23 18:00更新)

Jeff Millsについて

Jeff Millsの魅力とは

多様な活動が多くの人々より高い評価を得ているテクノミュージシャン・Jeff Mills。ミシガン州デトロイト出身。「デトロイト・テクノ」のパイオニア的存在である。1992年にシカゴ、パリを拠点に自ら設立したレコードレーベルAxis(アクシス)を中心として数多くの作品を発表。DJとしても年間100回近いイベントを世界中でおこなっている。代表曲の一つである「The Bells」は、アナログレコードでリリースされたにも関わらず、世界で50万枚以上のセールスを記録している。

また、フリッツ・ラング監督による「メトロポリス」、「月世界の女」、バスター・キートン監督による「キートンの恋愛三代記」などのサイレントムービー作品を上映しながら、リアルタイムに音楽を届けるイベント「シネミックス」も数多く手がけている。さらにはアートインタレーション作品を作り、アート界でも注目を集めた。それらの活動が認められ2007年にフランス政府より芸術文化勲章シュヴァリエを授与されている。彼の作品の「ウェア・ライト・エンズ」は日本人で初のスペースシャトルに宇宙飛行士として搭乗した毛利 衛との対話から生まれた作品である。来日公演もおこなわれているので、ぜひとも一度は彼の音楽に触れていただきたい。

Jeff Mills(ジェフミルズ)が好きな方はこんなチケットもおすすめ