Jazztronik取扱中!Jazztronik(ジャズトロニック)は、野崎良太が中心となり特定のメンバーを持たず行なっているミュージックプロジェクトである。様々なジャンルの作品をリリースしアーティスト・ピアニスト・編曲家・作曲家として世界で活躍。高校時代に放送してたテレビ番組「天才・たけしの元気が出るテレビ」のダンス甲子園に衝撃を受ける。また、野崎の周りにもダンスに通じてる知り合いが多く自然にダンスミュージックを聴く環境になっていった。高校時代には映画音楽を作りたいと思い、クラシックや現代音楽の勉強を大学時代までの7年間行っていた。それと同時に毎日休まずクラブに通い学校では学べない音楽を吸収し、彼の自由な音楽が誕生した。

Jazztronik

116人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

Jazztronik(ジャズトロニック)について

Jazztronik(ジャズトロニック)の魅力とは

Jazztronik(ジャズトロニック)は、野崎良太が中心となり特定のメンバーを持たず自由に行なっているミュージックプロジェクトである。名前の由来はラップとダンスミュージックの融合である「テクノトロニック」とジャズを足して「Jazztronik」でいいかと軽い気持ちでつけられた。1999年から徐々に楽曲を発表し2003年メジャーデビューを果たす。1998年からは本人の夢でもあった映画音楽・テレビドラマの音楽を担当するようになり 山崎達璽監督の映画「夢二人形」を皮切りに、2000年映画「あの日、忘れた、想い出。」2008年テレビドラマ「未来講師めぐる」「リアル・クローズ」映画「宮城野」、2010年「逃亡弁護士」、2014年テレビドラマ「ファースト・クラス」などだ。また、サウンド・プロデューサー、リミキサーとして多くのアーティストとコラボレーションを重ねている。藤木直人・GACKT・Every Little Thing・和田アキ子・中島美嘉・Bonnie Pink・椎名林檎・TRF・ゴスペラーズ・山崎まさよし・葉加瀬太郎…例を挙げるときりがない程である。海外でも高く評価されていて、日本人では初のダンスミュージックレーベルDefectedから「In The House」をリリースし、アメリカやヨーロッパ各国・アジア諸国とライブやDJとして活動し、海外のフェスにも出演したりと大好評を得ている。

Jazztronik(ジャズトロニック)が好きな方はこんなチケットもおすすめ