JAPON dance projectは国際的に活躍する5人の日本人アーティストが中心となったダンスプロジェクトである。2013年にモナコ公国の芸術研究機関「Le Logoscope」の一部として発足。モナコ政府観光会議局、駐日モナコ大使館が後援となっている。フランス国立マルセイユバレエの遠藤康行、モナコ公国モンテカルロ・バレエの小池ミモザ、スウェーデン王立バレエから児玉北斗、柳本雅寛、青木尚哉が参加。この5人が中心となり日本文化独特の視点から活動を行っている。JAPON dance projectは世界のトップバレエでの経験と才能を結集させたイベントとして様々なコラボレーションも実現し、毎回好評を博しているダンスイベントだ。

JAPON dance projectの日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

JAPON dance projectについて

JAPON dance projectとは

国際的に活躍する5人の日本人アーティストが中心となったダンスプロジェクト、JAPON dance project。
2013年にモナコ公国の芸術研究機関「Le Logoscope」の一部として発足。モナコ政府観光会議局、駐日モナコ大使館が後援となっている。フランス国立マルセイユバレエの遠藤康行、モナコ公国モンテカルロ・バレエの小池ミモザ、スウェーデン王立バレエから児玉北斗、柳本雅寛、青木尚哉が参加。この5人が中心となり日本文化独特の視点から活動を行っている。

2014年に新国立劇場で発表した「CLOUD/CROWD」は、美術家、針生 康が担当した舞台美術デザインなどが反響を呼び、イギリスステージデザイン2011-2015に選出。ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館で展示もされることとなった。また新国立劇場バレエ団のプリンシパルダンサーや元フォーサイス・カンパニーの島地保武、大宮大奨なども出演し、5人とコラボレーションを披露するなど、世界のトップバレエでの経験と才能を結集させたイベントとして毎回好評を博している。
2016/2017シーズンの「ジャポン・ダンス・プロジェクト 2016 ムーヴ/スティル」は日モナコ友好10周年記念事業となっており更なる期待が寄せられている。

JAPON dance projectが好きな方はこんなチケットもおすすめ