日本女子オープンゴルフ選手権競技とは1968年に第1回大会が開催、その後時代のうねりに飲まれながらも国内を代表する女子プロゴルフの大会として地位を築き上げる大会となる。第1回大会はTBS女子オープンゴルフのタイトルで開催、しかし当時女子プロゴルフの存在意義が物議を醸している時代であり存続は危うかった。それから徐々に認知度、そして女子ゴルファーの数が増加を見せると同時に大会も規模を増していく。現在では女子プロゴルフと言えば大人気のスポーツの1つ、本大会でも毎年大熱戦の中スター選手が活躍を見せており全国的な注目となっている。賞金総額は1億4000万と国内でも最大級の規模を誇り、優勝者は多額の賞金に加え業界での名誉をも獲得することになる。女子プロゴルファーがこぞって参加し、世界最高峰の戦いが繰り広げられる。

日本女子オープンゴルフ選手権競技の日程

146人が登録中

現在登録されている公演はありません

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

日本女子オープンゴルフ選手権競技の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

日本女子オープンゴルフ選手権競技のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/11 18:00更新)

日本女子オープンゴルフ選手権競技について

日本女子オープンゴルフ選手権競技の魅力とは

日本女子オープンゴルフ選手権競技とは賞金総額1億4000万という国内最高峰であり最大規模の女子プロゴルフ大会である。日本ゴルフ協会主催、毎年同じ時期に開催される大会で1968年を第1回大会とし50年の歴史を持っている。プロゴルフ大会ではあるがアマチュアの参加もあり、その都度激しい展開を見せる大会となっている。2016年開催時もまた大熱狂の試合展開を見せており、本大会初となるアマチュア選手の優勝、加えて史上最年少優勝をも記録した歴代大会の中でも最高峰の試合を見せた。本大会で最も多く出場しているのは岡田美智子選手、最年少出場を果たしている選手は当時13歳という若さでの出場を果たしている。そして最多優勝を飾るのは樋口久子選手であり彼女は完全優勝をも果たしている。2017年の大会ではプロ・アマ合わせて100人以上が参戦、もちろん外国人選手も出場しており激しくも華麗なるプレイが見れる。本大会への参加にはいくつもの条件をクリアする必要があり、出場を果たしている選手はいずれも強者揃い。全員がゴルファーとしての実力を兼ね備える選手であり、国内最高峰の試合が完成する。ゴルフファンとして試合の観戦はもちろん可能、テレビ放送も同時に行われるが生の臨場感を味わうのも1つの手である。

日本女子オープンゴルフ選手権競技が好きな方はこんなチケットもおすすめ