2010年に産声を上げた「JAPAN JAM」は、他では決して見る事ができない、たった1回だけのジャム・セッションによるフェスティバルだ。これまで毎年開催され、ベテランから若手関係なく、意外な組み合わせによる、予想もつかないセッションの連発で、観客の期待をいい意味で大きく裏切るイベントとして、音楽ファンの喝采を浴び、それは「音楽の奇跡」とも言われるようになった。これまでも怒髪天と山本譲二やサンボマスターと佐野元春、OKAMOTO’Sと奥田民生、Dragon Ashと宮本浩次など、ジャンルや世代を一切無視した、奇跡の組み合わせによる驚愕のセッションは、確かにこの日を逃したら、一生お目にかかることはできないであろう。

JAPAN JAM 2017の日程

827人が登録中

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

JAPAN JAMの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

JAPAN JAMのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/6 12:00更新)

JAPAN JAMとは

JAPAN JAMの魅力について

JAPAN JAM(ジャパンジャム)とは、ロッキン・オン・ジャパンなどのフェスを手がけるロッキング・オンによって作り上げられるフェスのことである。

毎年豪華な邦楽ロックアーティストを呼んでいるジャパンジャムは、2014年以降洋楽アーティストも呼び、チケットを手に入れることができた人だけが目の当たりにする奇跡の時間を提供してくれる。

そして初開催から8年が経った2017年のゴールデンウィーク、再びその奇跡の時間がやって来る。 2017年のジャパンジャムは、今までの会場であった海浜幕張公園でのサッカー練習施設建設に伴い、千葉市蘇我スポーツ公園という広大な公園に場所を移して行われる。フェスとしての機能性を確保するための会場移設であるため、フェス自体は変わらない。それどころか都市型野外フェスを目指し、移動距離が短くなる会場ではより快適なものにパワーアップしたフェスが楽しめるであろう。

今回はこれまでの邦楽ロックでの「JAPAN JAM」以上の、想像を絶するフェスティバルになることは間違いない。2017年、音楽の奇跡に出会える「JAPAN JAM」のチケットは、正真正銘のプレミアもののチケットになる。

JAPAN JAM 2017が好きな方はこんなチケットもおすすめ