日本映画の最高峰の祭典「日本アカデミー賞授賞式」。毎年数多くの映画が公開される中で、作品賞や監督賞、主演男優賞や主演女優賞をはじめ、撮影賞や照明賞などの技術部門も併設され、映画撮影に携わったスタッフすべてにスポットライトが当てられ、改めて映画は作品の一つ一つが多くの人の手によって作り上げられた、スタッフ全員の努力の結晶であることを感じさせてくれる。だからこそ、アカデミー賞を受賞するという事は、映画関係者にとって特別なものであり、何物にも代えがたい名誉なことなのである。日本アカデミー賞授賞式のチケットは、そんな映画人たちの作品に対する思いと、熱が感じることができる、貴重な時間を体験できるものだ。きらびやかで華やかな非日常に身を置けば、自分も映画関係者になったかのように錯覚してしまうでしょう。

日本アカデミー賞授賞式の日程

164人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

日本アカデミー賞授賞式の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

日本アカデミー賞授賞式のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 18:00更新)

日本アカデミー賞授賞式 について

米国アカデミーの正式許諾を得て日本アカデミー賞協会が発足。1978年、米国と同じように映画人が選ぶ映画賞・日本アカデミー賞Japan Academy Prizeが誕生した。設立にあたって今日出海氏が名誉会長に就任し、初代会長は松竹社長の大谷隆三が務め、東映社長の岡田茂ら関係者は映画各界の幅広い参加・賛同を得ることに奮起した。

1978年4月第1回日本アカデミー賞授賞式は、帝国劇場で開催された。選考方法は映画各分野から選ばれた60名の委員による第一次選考で10部門(作品・監督・脚本・主演男/女優・助演男/女優・音楽・技術・外国)の5作品(5人)をノミネートし、組織委員会から委嘱された1200人の「投票委員」の投票で受賞作品そして受賞者を決定するというものだった。授賞式の模様は日本テレビで放送され、以降毎年放送されている。

第2回目からは、年会費を支払った会員(1058名)による投票がおこなわれ、文字どおり映画人が選ぶ映画賞となり、それと同時に会員の年会費で運営がおこなわれるという協会の基本理念も打ち立てられた。第4回からは一次選考も会員全員の投票によっておこなわれる事となり、これを機にノミネートから優秀賞に格上げされた5作品5人すべてに対して、ブロンズ像・表彰状・賞金が渡されるようになった。この結果授賞式は最優秀賞を競う場として今日に続いている。

日本アカデミー賞授賞式が好きな方はこんなチケットもおすすめ