日本室内楽アカデミーは1985年に東京、名古屋、京都、大阪在住の演奏家らによって設立された団体である。理事長に名古屋在住の佐々木伃利子が就いたこともあり、「名古屋国際音楽コンクール」など名古屋を中心としながら全国で幅広く演奏活動を行っている。コンサートの他にも理事長の佐々木伃利子が演奏するものを中心に数多くのCDもリリースしており、団体が目標とするところの「世界の音楽振興および国際交流の推進に寄与」するための活動を精力的に行っていると言える。新人演奏家の育成を目的に「名古屋演奏家育成塾」という音楽塾を開いており、まさに名古屋から世界に向けた動きをしているのが、日本室内楽アカデミーなのである。

日本室内楽アカデミーの日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

日本室内楽アカデミーについて

日本室内楽アカデミーとは

日本室内楽アカデミーは1985年に設立された団体である。設立メンバーは東京、名古屋、京都、大阪在住の演奏家らが中心になっており、名古屋在住の佐々木伃利子が理事長に就いた。
日本室内楽アカデミーが掲げるのは「後進の育成」「国際交流」「地域文化の向上」である。名古屋を中心とした中部圏から国際レベルの音楽家を輩出し、世界の音楽振興や国際交流の推進に寄与していくという想いの下で行動している。それらの理念が表れているのが「名古屋演奏家育成塾」や「名古屋国際音楽コンクール」といった活動である。前者は新人演奏家の育成を主な目的にすると同時に、高いレベルの演奏を聴くことによる「聴衆の育成」も狙いとしており、まさに「後進の育成」「地域文化の向上」の理念が体現した活動であると言えよう。
後者は国際レベルの音楽コンクールを名古屋で行うことにより、文化の発信地として中部圏をアピールする狙いがある。崇高な理念を掲げ、その理念に悖らない活動を行っている日本室内楽アカデミーを支持する団体・個人は多く、まさに地域密着型の団体なのである。

2016年には「設立30周年を祝う会」も開催されたが、これからも息の長い活動をしてほしい団体である。

日本室内楽アカデミーが好きな方はこんなチケットもおすすめ